ほうじ茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ほうじ茶の意味・解説 

ほうじ‐ちゃ〔ハウじ‐〕【×焙じ茶】

読み方:ほうじちゃ

二番茶以後硬い強火焙じた

焙じ茶の画像
焙じ茶の

番茶・ほうじ茶

大阪弁 訳語 解説
番茶・ほうじ茶 -- 関西では、もともと緑茶ではなく茶色お茶普段から飲んでいた。「番」は、普段の平素からの、の意味お番菜番傘と同じ「番」。「茶色」が緑茶の色でないのはこのため


ほうじ茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 14:34 UTC 版)

ほうじ茶焙じ茶、ほうじちゃ)とは、日本の緑茶の一種であり、茶葉を焙(ほう)じた飲み物を指す。一般に煎茶番茶茎茶焙煎したものである。ほうじ茶は独特の香ばしさがあり、苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしている。刺激が少なく胃にやさしいため、食事中のお茶に向く[2]。ほうじ茶飲用の風習は、地方によってかなり相違がある。


  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b 公益社団法人日本茶葉中央会、NPO法人日本茶インストラクター協会監修『日本茶の図鑑』マイナビ、初版第2刷、2015年、ISBN 9784839948139、pp.18,138-139
  3. ^ https://hojicha.co/pages/history-of-hojicha-roasted-green-tea
  4. ^ 棒茶”. 石川県 (2018年5月28日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  5. ^ 棒茶の認証基準 (PDF)”. 石川県 (2015年7月31日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。
  6. ^ https://web.archive.org/web/20081230004524/http://www.kagaboucha.co.jp/01story/01_02_2.html
  7. ^ a b c 京はやしやの歴史京はやしや
  8. ^ 金沢・林屋新兵衛本店広告『紳士縉商北陸商工業名鑑』(日本勧業合資会社, 1916)
  9. ^ 林屋新兵衞『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  10. ^ ほうじ茶人気 沸騰!?ラテやアイス、香水も『朝日新聞』朝刊2017年12月15日(経済面)


「ほうじ茶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ほうじ茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ほうじ茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのほうじ茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS