碁石茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 碁石茶の意味・解説 

碁石茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 13:37 UTC 版)

碁石茶(ごいしちゃ)は、高知県長岡郡大豊町で生産されている、ほぼ黒色で四角形状の後発酵茶である。


  1. ^ 大豊町碁石茶協同組合. “大豊の碁石茶”. 本場の本物. 本場の本物ブランド推進機構. 2020年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c 【仰天ゴハン】碁石茶(高知県大豊町)盤上の天日干し 変わらぬ味『読売新聞』朝刊2018年9月2日別刷り(よみほっと)。
  3. ^ 日本茶業中央会 2014, p. 95.
  4. ^ 大石貞男 2004, p. 49.
  5. ^ 大石貞男 2004, p. 47.
  6. ^ 秋沢繁 1992, p. 24.
  7. ^ a b 大豊町史編纂委員会 1978, p. 233.
  8. ^ 社団法人農山漁村文化協会、「日本茶全書-生産から賞味まで-」,1999年4月10日
  9. ^ 四国山地の発酵茶の製造技術”. 国指定文化財等データベース. 2020年8月14日閲覧。


「碁石茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

碁石茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



碁石茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの碁石茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS