虫糞茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 虫糞茶の意味・解説 

虫糞茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 14:45 UTC 版)

虫糞茶(ちゅうふんちゃ)は、虫屎茶(ちゅうしちゃ。中国語 チョンシーチャー、chóngshǐchá)などともいい、コナシなどのなどを食べる幼虫を乾燥させた、中国茶の一種。使用する植物と蛾の種類によって異なるタイプがある。


  1. ^ a b c d 沈培和,「虫屎茶」,陳宗懋主編『中国茶経』p268,1992年,上海・上海文化出版社
  2. ^ 茶雖粗惡,置之舊籠一二年或數年,茶悉化為蟲,名曰蟲茶
  3. ^ 雷鳴、盧曉黎、「中国虫茶資源及研究現状」、『食品科学』2001年第11期、pp100-102、2001年、北京市食品研究所
  4. ^ 『アジア動物誌』めこん、1998年、105-115頁。ISBN 978-4-8396-0120-1  (同著者による第31回雲南懇話会資料にほぼ同じ内容が記載されている。)


「虫糞茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

虫糞茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



虫糞茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虫糞茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS