釜炒り茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 釜炒り茶の意味・解説 

釜炒り茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/02 08:17 UTC 版)

釜炒り茶(釜煎り茶。かまいりちゃ)はの製造方法の一種で、生茶葉から煎茶を造る最初の加熱工程(殺青)を「蒸す」のではなく「炒る」ことで行うものである。茶葉の仕上がりが針状ではなく、勾玉状になる。この形状から玉緑茶(たまりょくちゃ)、ぐり茶ともいうが、後述の蒸し製玉緑茶と区別するために、釜炒り製玉緑茶、釜ぐり茶ともいう。




  1. ^ 廣部, 綾乃. “日本における釜炒り茶文化”. 2015年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。


「釜炒り茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

釜炒り茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



釜炒り茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釜炒り茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS