ブクブク茶とは? わかりやすく解説

ブクブク茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 14:33 UTC 版)

ブクブク茶(ブクブクちゃ)は、沖縄県で飲まれる振り茶。煎り米を煮だした湯と茶湯を混ぜて泡立て、そのを茶湯と赤飯の上に盛って飲む[1]。特徴的な泡が、名称の由来である。


  1. ^ 大槻 (2009: 293)
  2. ^ a b c d e f 大槻 (2009: 296)
  3. ^ 池田 (2007: 120)
  4. ^ a b c 大槻 (2009: 299)
  5. ^ a b 大槻 (2009: 297)
  6. ^ a b c 大槻 (2009: 295)
  7. ^ 公益財団法人みらいファンド沖縄 沖縄伝統ブクブクー茶保存会
  8. ^ サンライズ出版「仏桑花の会「茶会」」2008年 4月 13日、「ひめゆり学徒隊が避難した沖縄・糸満市の壕で慰霊祭 壕を見つけた遺骨収集関係者が祈り捧げる」『琉球新報』2019年7月7日 15:12


「ブクブク茶」の続きの解説一覧

ブクブク茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 19:36 UTC 版)

振り茶」の記事における「ブクブク茶」の解説

詳細は「ブクブク茶」を参照 沖縄県那覇市行われている振り茶炒り米さんぴん茶一緒に煮出し差し渡し30センチ近い巨大な茶碗盛大に泡を立て立った泡だけを他の器に移し砕いた落花生振って食べる。

※この「ブクブク茶」の解説は、「振り茶」の解説の一部です。
「ブクブク茶」を含む「振り茶」の記事については、「振り茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブクブク茶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブクブク茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブクブク茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブクブク茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの振り茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS