1757年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1757年の意味・解説 

宝暦7年 (ひのとうし 丁丑)

宝暦7年
年(年号)
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定
1744年 (延享元年) 神田天文台設置
宝暦7年
1764年 (明和元年) 江戸大火
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事


宝暦7年
小川 笙船 1672年1760年(寛文12年宝暦10年) 85
野呂 元丈 1693年1761年(元禄6年宝暦11年) 64
青木 昆陽 1698年1769年(元禄11年明和6年) 59
与謝 蕪村 1716年1783年(享保元年天明3年) 41
田沼 意次 1720年1788年(享保5年天明8年) 37
山県 大弐 1725年1767年(享保10年明和4年) 32
平賀 源内 1728年1779年(享保13年安永8年) 29
杉田 玄白 1733年1817年(享保18年文化14年) 24
中川 淳庵 1739年1786年(元文4年天明6年) 18
伊能 忠敬 1745年1818年(延享2年文政元年) 12
長谷川 平蔵 1745年1795年(延享2年寛政7年) 12
塙 保己一 1746年1821年(延享3年文政4年) 11
司馬 江漢 1747年1818年(延享4年文政元年) 10
並木 五瓶 1747年1808年(延享4年文化5年) 10
大田 南畝 1749年1823年(寛延2年文政6年) 8才
蔦谷 重三郎 1750年1797年(寛延3年寛政9年) 7才
笠森 お仙 1751年1827年(宝暦元年文政10年) 6才
桂川 甫周 1751年1809年(宝暦元年文化6年) 6才
喜多川 歌麿 1753年1806年(宝暦3年文化3年) 4才
鶴屋 南北 1755年1829年(宝暦5年文政12年) 2才
大槻 玄沢 1757年〜1827年(宝暦7年〜文政10年) 0才
鈴木 春信 ????年〜1770年(??年〜明和7年) ?才

1757年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 11:35 UTC 版)

1757年(1757 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年






「1757年」の続きの解説一覧

1757年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 13:24 UTC 版)

七年戦争」の記事における「1757年」の解説

ポメラニア戦争」も参照 1757年4月18日フリードリヒ2世は再び主導権握りボヘミア侵攻して、オーストリア軍決定的な敗北強いようとした。5月6日プラハの戦いでは両軍とも1万以上の損害を出したが、プロイセン勝利終わりオーストリア軍プラハ城塞押し込まれた。プロイセン軍続いてプラハ包囲した。その対処オーストリア軍指揮官ダウン軍勢3編成してプラハ救援駆け付けたフリードリヒ2世プラハ包囲していたプロイセン軍のうち5千人を引き抜いてボヘミアコリンにいるブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公率い1万9千人と合流させた。ダウン到着遅れてしまってプラハの戦い参加できなかったが、敗走してきたオーストリア軍1万6千人と合流して緩慢ながらプラハ救援進軍したプロイセン軍プラハ包囲ダウン対処同時にするのには弱体すぎたため、フリードリヒ2世戦闘準備していたオーストリア軍戦わなければならなかった。その結果として起こったコリンの戦いフリードリヒ2世のはじめての大敗で、彼はプラハ包囲を解くこととボヘミアからの撤退余儀なくされた。 その少し後、ステパン・フョードロヴィチ・アプラクシン(英語版元帥率いロシア軍75千メーメル包囲したメーメルプロイセン城塞なかでも強固であったが、ロシア軍5日間の砲撃でそれを占領したロシア軍メーメル基地として東プロイセン侵攻8月30日グロース=イェーゲルスドルフの戦い激戦ののち少数プロイセン軍撃破したアメリカの歴史家ダニエル・マーストンは、グロース=イェーゲルスドルフの戦いプロイセン軍に「ロシア軍戦闘力に対する新し尊敬」を持たせ、それが「後のツォルンドルフの戦いクネルスドルフの戦い強められた」と述べた。しかし、ロシア軍メーメルグロース=イェーゲルスドルフの戦闘砲弾使い果たしてしまい、ケーニヒスベルク占領できずに撤退しその後アプラクシンは解任された。兵站問題は戦争を通してロシア軍悩みであり続けたロシア中央ヨーロッパで戦うには東ヨーロッパ未整備ぬかるんだ道通って補給する必要があったが、ロシア軍にはそれができる需品係がなかった。そのため、ロシア軍大規模な会戦の後、勝敗損失にかかわらず撤退することが多い。戦闘軍勢品をほぼ使い果たしたロシア軍将軍たちは補給時間がかかることがわかっていたため、補給待たず再度会戦挑みくなかっのだった。この弱点1735年から1739年までのオーストリア・ロシア・トルコ戦争において、緒戦勝利したにもかかわらず補給の問題最終的には領土僅かに得ることしかできなかったことで明らかになっていた。ロシア軍需品係はその後改善しなかったのでプロイセンとの戦闘で同じ問題が起こったいずれにしてもロシア軍プロイセンにとって脅威であり、フリードリヒ2世ボヘミア侵攻中止迫られただけでなく、プロイセン領まで撤退することを余儀なくされた。彼の敗北参戦国をさらに増やしたスウェーデンプロイセン宣戦し軍勢1万7千ポンメルン侵攻した当時プロイセンがすでにザクセンシュレージエン東プロイセン多くの戦場で戦っていたので、スウェーデン1万7千人だけでもポンメルン占領できると踏んだであった今やプロイセン前途暗憺たるものに見えたオーストリア動員してプロイセン侵攻準備しており、西からスービーズ率いフランス軍神聖ローマ帝国軍(独: Reichsarmee、ライヒスアルメー)の連合軍迫ってきていた。神聖ローマ帝国軍は皇帝フランツ1世要請受けたドイツの小国による連合軍であった。しかし、1757年11月から12月までの間、ドイツにおける情勢逆転した。まず、スービーズ公が11月5日ロスバッハの戦いフリードリヒ2世大敗し続いてオーストリア軍が数で大きく上回るにもかかわらず12月5日ロイテンの戦いフリードリヒ2世前に潰走してしまった。戦争を通して、フランス・プロイセン間で戦われ大規模な会戦ロスバッハの戦い1回けだったロスバッハの戦いではプロイセン軍548人を失ったに対しスービーズ率いるフランス・ドイツ連合軍は約1万人を失ったフリードリヒ2世ロイテンの戦い自らの最も大きな勝利であると称したが、当時オーストリア軍一線級と見なされたため多くの人がこの見解共感した。ロスバッハとロイテンの勝利フリードリヒ2世は再び自分ヨーロッパ一の将軍に、プロイセン軍ヨーロッパでもっとも練達した兵士仕立て上げた。しかし、彼はロイテンでオーストリア軍撃滅することには失敗しオーストリア軍ボヘミアまで逃走して再編することができた。また、フリードリヒ2世はこの2つ大勝マリア・テレジア和平交渉を迫ることができると考えたが、彼女はシュレージエン奪回するまで交渉しないと腹決めたまた、彼女はロイテンの戦いの後、軍の指揮改善するために無能な義弟カール公子更迭して今や元帥昇進したダウン指揮官任命した。 しかも、カンバーランド公率いハノーファー本軍ハステンベックの戦い敗北してフランスによるハノーファー侵攻許しクローステル・ツェーヴェン協定全軍降伏したことがこの問題をさらに厳しいものにした。この協定ハノーファー戦争から脱落させ、西からプロイセン侵攻することを可能にしたため大きな脅威となった他国から何ら軍事援助受けられなかったフリードリヒ2世すぐさまイギリス大規模な援助要請した年内にロシア進軍してくる可能性がないと踏んだフリードリヒ2世東プロイセンレーヴァルト将軍率い軍勢ポンメルン移動させた。レーヴァルトはそこでスウェーデン軍押し返してスウェーデン領ポンメルン大半占領ストラルスンド封鎖したイギリス王ジョージ2世ロスバッハの戦いの後、内閣意見容れクローステル・ツェーヴェン協定取り消し、再び参戦した新しく任命されハノーファー軍の指揮官ヴォルフェンビュッテル侯子フェルディナントは冬に軍を再集結させるとフランス軍襲ってライン川向こうまで追い払いその後終戦までプロイセン西側の安全を保った北アメリカではイギリスウィリアム・ヘンリー砦の戦いなどのさらなる敗北苦しんだ。しかし、イギリス本国安定取り戻しつつあった。1756年以降ニューカッスル公爵大ピット首班とする内閣相次いで倒れ2人連立政権組んで戦争へ取り組み一新したニューカッスル公大陸、特にドイツでの守備重要視した一方大ピット海軍力駆使して世界中フランス植民地奪取熱心であり、この2つ戦略どちらも強調することは向こう5年イギリス政策であり続けた。[要出典] 1757年10月10日から17日まで、オーストリア軍将軍ハンガリー出身のハディク・アンドラーシュ(英語版)がフザール戦術として有名な戦闘1つ遂行したフリードリヒ2世南のほうで進軍している中、ハディクが突如フザール大半を占める軍勢5千率いてプロイセン軍迂回してプロイセン首都ベルリン一部一晩の間占領したベルリン市解放されるときに20ターラー支払ったフリードリヒ2世はこの屈辱的な占領を知ると軍勢派遣してベルリン解放しようとしたが、ハディクは自軍とともにベルリン離れ、無事オーストリア本軍合流したその後、ハディクは大将昇進した

※この「1757年」の解説は、「七年戦争」の解説の一部です。
「1757年」を含む「七年戦争」の記事については、「七年戦争」の概要を参照ください。


1757年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 18:13 UTC 版)

サロン・ド・パリ」の記事における「1757年」の解説

フランソワ・ブーシェウルカヌスの鍛冶場』1757年。油彩キャンバス320 × 320 cmルーヴル美術館

※この「1757年」の解説は、「サロン・ド・パリ」の解説の一部です。
「1757年」を含む「サロン・ド・パリ」の記事については、「サロン・ド・パリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1757年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1757年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1757年」の関連用語

1757年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1757年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2023 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1757年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの七年戦争 (改訂履歴)、サロン・ド・パリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS