小川 笙船とは? わかりやすく解説

小川 笙船 (おがわ しょうせん)

1672〜1760 (寛文12年宝暦10年)
医者】 「生活費治療費一切無料」。貧しい者のために小石川養生所開設にはたらく。
医者先祖近江国の人。江戸小石川町医を営む。1721年目安箱貧病人の施療施設設置の意見書投書し採用され小石川養生所開設され、子の丹治とともに世話役命じられた。養生所入所者は当初看病人のいない病苦貧窮者限定されていたが、後看病人がいても貧窮病人であれば行倒人でも収容した入所者は、治療費食費、その他雑費一切無料だった。

 年(和暦)
1681年 (天和元年) 護国寺建立 9才
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事 10
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 15才
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 26
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 30
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 31
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 33才
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 35
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 46
1719年 (享保4年) 相対済し令 47
1720年 (享保5年) 江戸大火 48
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 48
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 50
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 60
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定 70
1744年 (延享元年) 神田天文台設置 72


 人物
八百屋 お七 1666年1683年 (寛文6年天和3年) +6
荻生 徂徠 1666年1728年 (寛文6年享保13年) +6
Sidotti Giovanni Battista 1668年1714年 (寛文8年正徳4年) +4
大岡 忠相 1677年1751年 (延宝5年宝暦元年) -5

小川笙船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 00:23 UTC 版)

小川 笙船(おがわ しょうせん、寛文12年(1672年) - 宝暦10年6月14日1760年7月26日))は、江戸時代町医者漢方医山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」の主人公"赤ひげ先生"のモデルとして知られる。弘治小川祐忠の子孫。


  1. ^ a b c d e 山口静子. “小石川養生所初期の医療活動について”. 2020年7月21日閲覧。
  2. ^ 「赤ひげ先生」しのんで”. タウンニュース 金沢区・磯子区版. 株式会社タウンニュース社 (2012年6月21日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ 太寧寺 - 横浜金沢観光協会


「小川笙船」の続きの解説一覧

「小川 笙船」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小川 笙船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小川 笙船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小川笙船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS