大岡 忠相とは? わかりやすく解説

おおおか‐ただすけ〔おほをか‐〕【大岡忠相】


大岡 忠相 (おおおか ただすけ)

1677〜1751 (延宝5年宝暦元年)
町奉行享保の改革支え名判官といわれた町奉行で、1万石の大名出世
幕臣書院番から目付山田奉行普請奉行などをへて、将軍吉宗により1717年江戸南町奉行登用された。町火消制度開始小石川養生所目安箱創設をはじめ商人の仲間・組合公認するなど、享保の改革実務支えた。後、武蔵野新田開発にもあたり、寺社奉行をへて48年三河国西大平藩一万石大名となり、越前守任ぜられた。

 年(和暦)
1681年 (天和元年) 護国寺建立 4才
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事 5才
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 10
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 21
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 25
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 26
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 28
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 30
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 41
1719年 (享保4年) 相対済し令 42
1720年 (享保5年) 江戸大火 43
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 43
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 45
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 55
1742年 (寛保2年) 公事方御定書制定 65
1744年 (延享元年) 神田天文台設置 67


小川 笙船 1672年1760年 (寛文12年宝暦10年) +5
太宰 春台 1680年1747年 (延宝8年延享4年) -3
絵島 1681年1741年 (天和元年寛保元年) -4

大岡忠相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/21 01:37 UTC 版)

大岡 忠相(おおおか ただすけ)は、江戸時代中期の幕臣大名。大岡忠世家の当主で、西大平藩初代藩主。生家は旗本大岡忠吉家で、父は美濃守・大岡忠高、母は北条氏重の娘。忠相の子孫は代々西大平藩を継ぎ、明治時代を迎えた。大岡忠房家の第4代当主で、9代将軍・徳川家重側用人として幕政においても活躍したことで知られる大岡忠光(後に岩槻藩主)とは遠い縁戚に当たり、忠相とも同族の誼を通じている。


  1. ^ 系図纂要』では12月16日。
  2. ^ a b 寛政重修諸家譜
  3. ^ 『系図纂要』
  4. ^ 宇野脩平『大岡越前守忠相』
  5. ^ a b 山口静子. “小石川養生所初期の医療活動について”. 2020年7月21日閲覧。
  6. ^ 徳川実紀
  7. ^ 「両替年代記」「元文金銀引替一件」「銀切賃ニ付両替店員処罰」『東京市史稿』産業篇第十四
  8. ^ 大石(2006)、p.234
  9. ^ 大石(2006)、p.234
  10. ^ 大石(2006)、pp.234 - 235
  11. ^ 大石(2006)、pp.235 - 237
  12. ^ 大石(2006)、p.235
  13. ^ 大石(2006)、p.237
  14. ^ 大石(2006)、p.238
  15. ^ 大石(2006)、p.238
  16. ^ 大石(2006)、p.239
  17. ^ 大石(2006)、p.238
  18. ^ 大石(2006)、p.239
  19. ^ 『大岡忠相』(大石学著・吉川弘文館)274-277頁、『実録 江戸の悪党』(山下昌也著・学研新書)44頁、『江戸の名奉行』(丹野顯著・新人物往来社)78-79頁。
  20. ^ 殺人犯の直助とは別人の権兵衛だと言い張っていた男を、裁判の最後に「これ直助」と呼び、つい返事をしたところを捕えたというエピソード。
  21. ^ 吉澤孔三郎編国立国会図書館デジタルコレクション 「第五話 息子爭ひ」 『世界童話大系.第10巻(印度篇)』 世界童話大系刊行会、1925年10月https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/978860/171 国立国会図書館デジタルコレクション 『第五話 息子爭ひ 一人の女が男の子をつれて、溜池のそばに行きました。そしてまづ男の子に水浴をさせたあとで、自分が水につかつてゐますと。一人の女鬼が通りかかりました。女鬼は、池のはたで遊んでゐる男の子を見ると、それを食べて見たくてたまらなくなりました。で、優しい言葉で暫らく男の子をあやしてゐましたが、やがてその子をとつて、とつとつと驅けだしました。母親は大さう驚いて、そのあとを追つかけました。そして追つつくが早いか、「わたしの子供を盜んで、どこへつれて行くんです。」と詰りました。すると女鬼はすまし返つて、「子供を盜んだとは誰のことです。これはわたしの子供ですよ。」と云ひました。かうして二人が云ひ爭つてゐますうちに、段々と人だかりがして、たうとうマホサダーの目につきました。マホサダーは二人の女から話を聞くと、地面に一本の線をひいて、「さあ、この上に子供を立たせるがいい。そして一人は兩手を、一人は兩足を摑んで、引つぱりくらをしなさい。それに勝つたものが、本當の母親です。」と云ひました。そこで二人の女は、地面に條を引いて、その上に子供をおくなり、一人は兩手を、一人は兩脚を摑んで、一生けんめいに引つぱりました。男の子は痛くてたまりませんので、大きな聲で泣き出しました。その聲を聞くと、母親は可哀さうになつて、覺えず摑んでゐる手を放しました。
    マホサダーはこれを見ると、人々に對つて、「子供に優しいのは、母親の心だらうか。それとも他人の心だらうか。」と尋ねました。「それは云ふまでもなく、母親の心ですよ。」と、人々が答へました。「それでは、子供をはなしたのが母親だらうか。放さなかつたのが母親だらうか。」とマホサダーが尋ねました。「勿論子供を放したのが母親ですよ。」と、人々が答へました。するとマホサダーは、「その通りぢや。」と云つて、女鬼を指しながら、「この女は、瞬きをしない、眞赤な目をしてゐるし、それは日が照つても、影が地面にうつらない。だから鬼だといふことがすぐわかる。」と云ひました。女鬼は恐れ入つて、子供を盜んだことを白狀してしまひました。王さまはそれをお聞きになつて、マホサダーに會ひたいとお考へになりました。しかし大臣はやはりいろんなことを云つて、それをお止めしました。』
  22. ^ 氏家幹人『江戸時代の罪と罰』草思社、2015年、185-186頁。
  23. ^ 氏家幹人『江戸時代の罪と罰』草思社、2015年、187頁。
  24. ^ “大岡忠輔氏が死去 元クノール食品社長”. 日本経済新聞. (2018年12月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39044320X11C18A2CZ8000/ 2021年9月17日閲覧。 
  25. ^ 「超高速!参勤交代 リターンズ」追加キャスト7名、古田新太が大岡越前に”. 映画ナタリー (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。


「大岡忠相」の続きの解説一覧

「大岡 忠相」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大岡 忠相と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大岡 忠相のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大岡 忠相のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大岡忠相 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS