開府とは?

かい‐ふ【開府】

幕府を開くこと。特に江戸幕府が置かれ、そこに町が開かれたことにいう。「江戸開府」

中国で、役所設置して役人配属すること。丞相大司馬御史大夫三公許され、のちには将軍にも許されようになった制度

中国で、総督巡撫(じゅんぶ)などの敬称


かい‐ふ【開府】

〔名〕

役所設け属官を置くこと。漢代丞相大司馬御史大夫三公許され制度後世では、将軍もこれに準じた。また、それを許された人をもいう。三公および将軍

太平記14C後)二二「されば開元(かいげん)の宰相宋開府(カイフ)が、幼君為に武を黷(けが)し、其の辺功(へんこう)を立てざりしも」〔晉書‐文六王伝〕

中国巡撫(じゅんぶ)、総督などをいう敬称

日本幕府を開くこと。特に、江戸幕府が置かれ、江戸の町の開かれたことにいう

江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「徳川氏開府(カイフ)の後田埋め旗本屋敷や寺が建ち



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「開府」の関連用語

開府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開府のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS