生類憐みの令とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生類憐みの令の意味・解説 

しょうるいあわれみ‐の‐れい〔シヤウルイあはれみ‐〕【生類憐みの令】


生類憐みの令

読み方:ショウルイアワレミノレイ(shouruiawareminorei)

徳川綱吉政権一連の政策


生類憐れみの令

(生類憐みの令 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 06:08 UTC 版)

生類憐れみの令(しょうるいあわれみのれい)は、江戸時代前期、江戸幕府の第5代将軍・徳川綱吉によって制定された、「生類を憐れむ」ことを趣旨とした動物・嬰児・傷病人保護を目的とした諸法令の通称[1][2][注釈 1]。1本の成文法ではなく、綱吉時代に行われた生類を憐れむことを趣旨とした諸法令の総体である[3]


注釈

  1. ^ 生類憐れみの令、生類憐令とも表記されるが、一連の生類政策で「生類あわれみ」の語が使われる際にも統一された表記はない。最初に言及されている貞享3年7月19日の法令では「生類あわれみ」、貞享4年2月21日の法令では「生類あわれミ」、貞享4年10月10日の名主への通達では「生類憐之儀」と表記されている
  2. ^ 「捨て子があればすぐさま届け出ようとせず、その場所の者がいたわり、みずから養うか、またはのぞむ者がいればその養子とせよ。必ずしも届け出なければならないわけではない。」という意。

出典

  1. ^ a b c d 生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)とは - コトバンク”. コトバンク. 2018年4月26日閲覧。
  2. ^ a b 根崎光男 2005, p. 16.
  3. ^ a b 根崎光男 2005, p. 1.
  4. ^ a b 三時眞貴子 2020, p. 47.
  5. ^ a b c d 根崎光男 2005, p. 11.
  6. ^ 根崎光男 2005, p. 12.
  7. ^ 根崎光男 1998, p. 130.
  8. ^ 根崎光男 2005, p. 15-16.
  9. ^ 板倉聖宣 1992, p. 161.
  10. ^ 根崎光男 2005, p. 6-7.
  11. ^ 根崎光男 2005, p. 13.
  12. ^ a b c d e f g 根崎光男 2005, p. 2.
  13. ^ 板倉聖宣 1992, p. 84.
  14. ^ a b 鷹狩りと御旅所”. 徳島県立文書館. 2022年5月11日閲覧。
  15. ^ 根崎光男 2005, p. 3-4.
  16. ^ 神坂次郎 『元禄御畳奉行の日記』(改版)中央公論新社〈中公文庫〉、2008年9月。ISBN 978-4-12-205049-5 
  17. ^ 山本紀綱 『長崎唐人屋敷』謙光社、1983年2月。ISBN 4-905864-45-3 
  18. ^ a b 根崎光男 1998, p. 141.
  19. ^ 井沢元彦 『「誤解」の日本史』PHP文庫、2012年3月。ISBN 978-4-569-67787-3 
  20. ^ 竹中伸夫 2012, p. 28.
  21. ^ 竹中伸夫 2012, p. 16.
  22. ^ a b c 時代の中で史料を読む-生類憐み政策と都市江戸東京都公文書館
  23. ^ 橋本伸也、沢山美果子 2014.
  24. ^ a b c d 仁科邦男 2019, p. 279.
  25. ^ 根崎光男 2005, p. 12-13.
  26. ^ a b c d e f g h i 仁科邦男 2019, p. 280.
  27. ^ 根崎光男 2005, p. 10.
  28. ^ a b c d e f g h i j 仁科邦男 2019, p. 281.
  29. ^ a b c d e f g h i 仁科邦男 2019, p. 282.
  30. ^ a b c d e f g h i j 仁科邦男 2019, p. 283.
  31. ^ a b c d e f g h 仁科邦男 2019, p. 284.
  32. ^ a b c d e f g h i 仁科邦男 2019, p. 285.
  33. ^ a b c d e 仁科邦男 2019, p. 286.
  34. ^ a b c d e 仁科邦男 2019, p. 287.
  35. ^ a b c d e 仁科邦男 2019, p. 288.
  36. ^ a b c 仁科邦男 2019, p. 289.
  37. ^ a b c 仁科邦男 2019, p. 290.
  38. ^ 仁科邦男 2019, p. 291.
  39. ^ a b c d 仁科邦男 2019, p. 292.
  40. ^ a b c d e f 仁科邦男 2019, p. 293.
  41. ^ a b c d e f g h 仁科邦男 2019, p. 294.
  42. ^ a b c 仁科邦男 2019, p. 295.
  43. ^ a b c d e f 仁科邦男 2019, p. 296.
  44. ^ a b c d e f 仁科邦男 2019, p. 297.
  45. ^ a b c d e f 仁科邦男 2019, p. 298.
  46. ^ a b c d e f g h 仁科邦男 2019, p. 299.
  47. ^ 根崎光男 2005, p. 2-3.
  48. ^ a b 根崎光男 2005, p. 3.


「生類憐れみの令」の続きの解説一覧

生類憐みの令

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:05 UTC 版)

固有名詞

生類憐みしょうるいあわれみのれい

  1. 日本史江戸時代、第5代将軍徳川綱吉制定した動物などの保護に関する法令総称

「生類憐みの令」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生類憐みの令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生類憐みの令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生類憐れみの令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの生類憐みの令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS