伊豆大島とは?

伊豆大島

分野
地方気象情報などに用いる地名全般用との共用部分は除く)に関する用語
意味:
イズオオシマ

伊豆大島(東京都)

758m 北緯344329秒 東経1392341秒 (三原新山) (世界測地系

伊豆大島地図

概 要

 北北西南南東13東北東西南西9火山島。主に玄武岩(SiO2 5153%)からなる成層火山頂上部にカルデラ中央火口丘三原山がある。カルデラ直径は3~4.5東方に開く。三原山火口(直径800m)内の地形は、火山活動盛衰に応じ、絶えず変動
 大島火山は、数万年前から活動始め緩傾斜の主成層火山体と北北西南南東方向割れ目火口から噴出し多数側火山がある。5、7世紀爆発的噴火で、山頂部に相接して2つのカルデラが生じた。その後溶岩カルデラ底を埋積しながら北東方向流下し、海岸達している。カルデラ形成後、1777年まで10回の大噴火(1回の噴出数億トン)、1777年以後数千トン程度中規模噴火19121950年および1986年始まり(3338年間隔)、それらの間に20回以上の噴火がある。大噴火初期スコリア放出溶岩流出その後(10年程度?)火山灰放出が続く。中噴火スコリア溶岩噴出、小噴火噴石火山灰放出など。海岸近くではマグマ水蒸気爆発も起きている。
 1552~1974年噴火三原山火口か、その周辺カルデラ底で発生したが、1986年噴火三原山火口内(A火口)と割れ目火口(カルデラ底:B火口カルデラ外側山腹斜面:C火口)で起こった。ストロンボリ式またはハワイ式の噴火特徴噴火前兆あるいは活動と関係する地殻変動地震微動地磁気比抵抗等の変化観測されている。島民9000名(平成16年)。



最近1万年間の火山活動

 伊豆大島には、1万年以降火山活動よって主に降下テフラからなる古期大島層群広く分布しており、95部層達する。その後、約1500年前に中央部カルデラ形成された。その際に、島全体広く覆う火砕流あるいは岩屑なだれ堆積物であるS2層が堆積した。この層をふくむ上位降下火山灰層は新期大島層群と呼ばれ、24降下スコリア単位確認されている。この間活動で、カルデラ床が埋め立てられるとともに中央火口丘である三原山形成された。また、噴火活動もあり、歴史時代にも9回発生したことがわかっている。伊豆大島の活動は、基本的に降下スコリア溶岩流活動中心であるが、島全体を覆うような水蒸気爆発ないし岩屑なだれ堆積は、約8000年前の041時期にもあり、S2と同じようにカルデラ形成関連していると考えられている(田沢,1989;川辺,1991;小山早川,1996;小山,1998)。



記録に残る火山活動


日本活火山総覧(第3版)(気象庁2005)による。>



伊豆大島写真1
1992年5月6日撮影

伊豆大島写真2
2001年3月19日状況



火山観測

気象庁では、地震計空振計,傾斜計GPS体積歪計 ,光波距離計遠望カメラ設置し、伊豆大島の火山活動監視観測を行っています。



火山活動解説資料

気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します。毎月1回、上旬公表します。


伊豆大島

読み方:イズオオシマ(izuooshima)

所在 東京都大島支庁大島町

参照 大島(オオシマ)

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

伊豆大島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/09 17:34 UTC 版)

伊豆大島(いずおおしま)は、伊豆諸島北部に位置する伊豆諸島最大の本州で最も近い伊豆半島からは南東方約25kmに位置する。大島と名のつく島は日本各地にあるが、国土地理院では伊豆大島と表記する。面積は91.06km2。行政区域は、東京都大島町である。




  1. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  2. ^ 58. 伊豆大島 気象庁, 2016-03-09閲覧。 (PDF)
  3. ^ 17)伊豆大島火山 産業技術総合研究所, 2016-03-09閲覧。 (PDF)
  4. ^ なお、『中山世鑑』を編纂した羽地朝秀は、摂政就任後の1673年3月の仕置書(令達及び意見を記し置きした書)で、琉球の人々の祖先は、かつて日本から渡来してきたのであり、また有形無形の名詞はよく通じるが、話し言葉が日本と相違しているのは、遠国のため交通が長い間途絶えていたからであると語り、源為朝が王家の祖先だというだけでなく琉球の人々の祖先が日本からの渡来人であると述べている。(真境名安興『真境名安興全集』第一巻19頁参照。元の文は「「此国人生初は、日本より為渡儀疑無御座候。然れば末世の今に、天地山川五形五倫鳥獣草木の名に至る迄皆通達せり。雖然言葉の余相違は遠国の上久敷融通為絶故也」)なお、最近の遺伝子の研究で沖縄県民と九州以北の本土住民とは、同じ祖先を持つことが明らかになっている。高宮広士札幌大学教授が、沖縄の島々に人間が適応できたのは縄文中期後半から後期以降である為、10世紀から12世紀頃に農耕をする人々が九州から沖縄に移住したと指摘(朝日新聞 2010年4月16日)するように、近年の考古学などの研究も含めて南西諸島の住民の先祖は、九州南部から比較的新しい時期(10世紀前後)に南下して定住したものが主体であると推測されている。
  5. ^ “独立想定し「暫定憲法」 GHQ統治下で日本から分離の伊豆大島”. 朝日新聞: p. 1. (1997年1月7日) “伊豆大島の「暫定憲法」全文”. 朝日新聞: p. 30. (1997年1月7日) “自立への模索53日間、幻の伊豆大島共和国 「暫定憲法」全文発見”. 朝日新聞: p. 31. (1997年1月7日) 
  6. ^ 榎澤幸弘 2013
  7. ^ 1955年(昭和30年)4月1日厚生省告示第84号「国立公園法により東京都大島大島町等を準用区域に指定し伊豆七島国定公園と称する件」
  8. ^ 55年前の教訓生かせず 大島町長「認識不足だった」産経新聞2013.10.17
  9. ^ 1964年(昭和39年)7月7日厚生省告示第318号「国立公園に関する件」
  10. ^ 1964年(昭和39年)7月7日厚生省告示第319号「国定公園に関する件」
  11. ^ 2013年10月台風26号に伴う伊豆大島の大雨土砂災害 防災科学技術研究所 水・土砂防災研究ユニット
  12. ^ 防災科研の火山観測施設で観測された伊豆大島の土砂災害に伴う震動 (PDF) 防災科学技術研究所
  13. ^ 平成25年台風第26号 東京都大島町関連の気象情報 気象庁


「伊豆大島」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

伊豆大島に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「伊豆大島」の関連用語

伊豆大島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

赤城山

口永良部島

アカンダナ山

恐山

福江火山群

白山

羊蹄山

伊豆大島





伊豆大島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2018 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
気象庁気象庁
©2018 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊豆大島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS