カツオとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > カツオの意味・解説 

かつお〔かつを〕【×鰹/魚/松魚】

サバ科海水魚全長約1メートル。体は紡錘形背部は暗青紫色、腹部銀白色で、死後青黒色の縦縞現れる世界温・熱帯海に分布し、季節的に回遊日本にはふつう3~4月南岸に近づき、5~6月黒潮に乗って北上、7~8月三陸沖達し秋に南下。さお釣り漁法漁獲し、たたきとして賞味するほか、煮物かつお節缶詰などに利用。《 夏》「出刃の背を叩く拳(こぶし)や―切る/たかし」

鰹/堅魚/松魚の画像

堅魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚


カツオ

学名Katsuwonus pelamis 英名:Arctic bonito
地方名ガラムツ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D 料理

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
カツオの体形は紡鐘形で、丸み強く太い。胸甲側線部分のみにうろこがある。体色は背方は暗青色、腹側に数条の青黒色の縞があるが、これは死後現れるもので生時には明瞭な縞はなく、むしろ背側後方に4本の紫色斑紋がある。カツオの種族は2つあり、大洋の島周辺生息する瀬付き群と、大群をなす回遊群である。回遊群は季節的に南北東西方向に大回遊を行う。回遊群も2通りあり、黒潮にのって北上する黒潮系のカツオと小笠原海流にのり北上する小笠原系のカツオである。日本海にはほとんど入らない。幼魚エサは主の甲殻類などで、成長するにしたがいイワシ類などになる。

分布:全世界熱帯温帯海域 大きさ:1.2m
漁法:竿釣り巻き網 食べ方:刺身、たたき、缶詰

カツオ

カツオ
カツオ
カツオ
カツオ
名称
カツオ
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
全世界温帯熱帯海域
体の大きさ
全長1.2m
えさ
つぎのをご覧ください
特徴
長距離を泳ぐのに適した体形をもち、表層遊泳して、大きな群れ回遊しています。魚類オキアミ類、タコイカ仲間など、さまざまな生き物を食べています。食用として重要なで、日本近海漁場としては、南西諸島海域伊豆諸島小笠原諸島三陸地方などがあります本州太平洋側では、春に北上し、このとき漁獲されるものが初カツオや上りカツオと呼ばれ、秋に南下回遊するものを戻りカツオ、下りカツオと呼びます。日本海にはほとんど回遊しません。体にあるたてじま模様は、興奮こうふん)した時や、死んでからあらわれます。
 
“カツオ”に関連するニュース・催し物はこちら(5件)

加豆乎

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


勝魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


古固魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


嘉酥魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


堅魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


松魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


堅魚

読み方:カツオ(katsuo)

別称

季節

分類 動物


松魚

読み方:カツオ(katsuo)

別称

季節

分類 動物


読み方:カツオ(katsuo)

古くから日本親しまれているサバ科属す海魚

季節

分類 動物


読み方:カツオ(katsuo)

作者 与謝野晶子

初出 昭和6年

ジャンル 随筆


カツオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 14:51 UTC 版)

カツオ(鰹、松魚、堅魚、: skipjack tuna[注釈 1]学名 Katsuwonus pelamis )は、スズキ目サバ科に属するの一種。暖海・外洋性の大型肉食魚で、11カツオ属 Katsuwonus)を構成する。


注釈

  1. ^ しばしばハガツオ: bonito)と混同されるがカツオとは同科別属の関係にある。
  2. ^ 横縞は魚体を横切る方向、縦縞は頭から尾に向けて魚体を縦断する方向。つまり、添付図は死んだ姿である。
  3. ^ カツオが捕食する鰯の群れに海鳥が群がるため。カツオドリの名の由来もその習性による。
  4. ^ 現代の金額に換算すると約20万円相当。

出典

  1. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』(永岡書店、1988年)p.51
  2. ^ 泳げ!かつおのぼり 枕崎市役所”. 47NEWS (2010年4月21日). 2014年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月1日閲覧。
  3. ^ “本部に今年もカツオのぼり 泳ぐ70匹に歓声”. 琉球新報. (2007年4月27日). オリジナルの2008年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080419051929/http://ryukyushimpo.jp:80/news/storyid-23315-storytopic-5.html 2014年5月1日閲覧。 
  4. ^ 青木正児『琴棊書画』(東洋文庫、1958年)、「三都穴さがしの狂詩」の章
  5. ^ 【ご当地 食の旅】しおかつお(静岡県西伊豆町)藁と寒風 迎春の喜び運ぶ『日本経済新聞』朝刊2020年1月11日(土曜朝刊別刷り「日経+1」9面)
  6. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)”. 文部科学省. 2019年3月31日閲覧。[出典無効]
  7. ^ 日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会報告書 (PDF)”. 厚生労働省. 2019年3月31日閲覧。
  8. ^ 五訂増補日本食品標準成分表”. 文部科学省. 2019年3月31日閲覧。[出典無効]
  9. ^ 五訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編”. 文部科学省. 2019年3月31日閲覧。[出典無効]


「カツオ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カツオ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

カツオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カツオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2020 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカツオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS