南硫黄島原生自然環境保全地域とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 地形・地勢 > 島嶼 > 小笠原諸島 > 南硫黄島原生自然環境保全地域の意味・解説 

南硫黄島原生自然環境保全地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 15:10 UTC 版)

南硫黄島原生自然環境保全地域(みなみいおうとうげんせいしぜんかんきょうほぜんちいき)は、自然環境保全法に基づき1975年昭和50年)5月17日に指定された日本原生自然環境保全地域[1]南硫黄島東京都小笠原村)全域が指定されており、これまで人間の影響が希薄であったことにより原生の自然が良く保たれている[1]。原生自然環境保全地域の中では唯一全域が立入制限地区とされている[2]


注釈

  1. ^ 南硫黄島の形成史は調査が進んでいないこともあって、年代等まだはっきりしたことがわかっていない。ここでは中野 (2008) において「大局的な火山体構造の区分としては誤っていない」と評価された福山博之「南硫黄島及びその周辺の地質と地形」(環境庁自然保護局編『南硫黄島の自然』、1983)の記述に従う。
  2. ^ 1983年発行の「南硫黄島の自然」では、エダウチムニンヘゴ、ナガバコウラボシ、ウミノサチスゲ、ナンカイシュスランの4種が南硫黄島固有種としているが、2008年の「南硫黄島自然環境調査報告書」では南硫黄島の固有種についての説明はなく、ナガバコウラボシ、ホソバチケシダ、オオトキイヌビワ、ムニンカラスウリ、ムニンホオズキ、ナンカイシダの6種が日本全国の個体数の5割を越えるとの説明がなされている。ここでは直近の南硫黄島自然環境報告書の記述に従う。
  3. ^ オガサワラオオコウモリの現在の生息地域については、母島と硫黄島では確認されていないとの資料もあるが、中央環境審議会野生生物部会 (2009) に基づき、母島、硫黄島でも生息しているとの記述とした。
  4. ^ 千葉 (2008) は、南硫黄島と比較的似通った環境下にある北硫黄島の陸産貝類相が貧弱なのは、明治時代以降に行われた開墾の影響によって北硫黄島の陸産貝類が打撃を受けた可能性を指摘している。
  5. ^ 橋本 (2009) によれば、面積 10 ha 以上の小笠原諸島内のこれまで調査が行われた島の中でクマネズミの侵入がなかったことが確認されているのは南硫黄島のみで、北之島、西之島は不明としている。ここでは環境庁 (2010) の記述に従い、南硫黄島、北之島、西之島にはネズミ類の生息が見られないという記述とする。

出典

  1. ^ a b c 南硫黄島原生自然環境保全地域 (pdf)”. 自然環境保全地域 各指定地域の特徴. 環境省. 2013年9月25日閲覧。
  2. ^ 原生自然環境保全地域 (pdf)”. 自然環境保全地域各種データ. 環境省. 2013年9月25日閲覧。
  3. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.9、加藤ほか (2008) pp.1-2
  4. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.23、藤岡、有馬、平田 (2008) p.10、pp.15-23
  5. ^ 清水 (2010) pp.20-21
  6. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.10-11、加藤ほか (2008) p.2、中野 (2008) pp.31-34
  7. ^ 福山 博之 (1983). “火山列島, 南硫黄火山の地質”. 地学雑誌 92: 55-67. doi:10.5026/jgeography.92.55. https://doi.org/10.5026/jgeography.92.55 2018年9月15日閲覧。. 
  8. ^ 中野 (2008) pp.31-34
  9. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.38-40、佐々木・堀越 (2008) p.155
  10. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.31-42
  11. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.213-215、朱宮ほか (2008) pp.63-69、清水 (2010) pp.88-89、pp.143-144。
  12. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.14
  13. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.14-15、加藤ほか (2008) pp.2-3
  14. ^ 小田 (1992) p.94、環境庁自然保護局 (1983) p.17
  15. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.63
  16. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.64-65
  17. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.17-21
  18. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.17-21、p.65
  19. ^ 環境庁自然保護局 (1983) 刊行によせて、pp.1-2
  20. ^ 東京都環境局 (2007a) 、加藤ほか (2008) pp.3-22
  21. ^ 東京都「世界自然遺産の小笠原諸島南硫黄島(みなみいおうとう)で10年ぶりの自然環境調査の結果について」2017年2017年9月16日閲覧
  22. ^ NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル 秘島探検 東京ロストワールド 第1集「南硫黄島」
  23. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.23、藤田ほか (2008b) pp.49-53、川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) p.120、千葉 (2008) p.153、>東京都「世界自然遺産の小笠原諸島南硫黄島(みなみいおうとう)で10年ぶりの自然環境調査の結果について」2017年2017年9月16日閲覧
  24. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.63-65、藤田ほか (2008b) pp.49-53
  25. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.86-105、藤田ほか (2008b) pp.49-53
  26. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.151-180
  27. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.91-105、pp.151-180
  28. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.91-96、藤田ほか (2008a) pp.50-67
  29. ^ 朱宮ほか (2008) pp.63-69、藤田ほか (2008a) pp.50-67
  30. ^ 藤田ほか (2008a) pp.50-67、藤田ほか (2008b) pp.49-53
  31. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.228、鈴木、川上、藤田 (2008) pp.89-85、川上、鈴木 (2008) pp.105-107
  32. ^ 中央環境審議会野生生物部会 (2009) 、清水 (2010) pp.104-105
  33. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.225-237
  34. ^ 鈴木、川上、藤田 (2008) pp.89-85
  35. ^ 鈴木、川上、藤田 (2008) pp.89-85
  36. ^ 鈴木、川上、藤田 (2008) pp.89-85
  37. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.226-228、川上、鈴木 (2008) pp.105-107、橋本 (2009)
  38. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.226-228、川上、鈴木 (2008) pp.105-107
  39. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.249-274、川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120、環境省 (2010) p.59、日本野鳥の会 「IBAサイト詳細 火山列島」、東京都「世界自然遺産の小笠原諸島南硫黄島(みなみいおうとう)で10年ぶりの自然環境調査の結果について」2017年2017年9月16日閲覧
  40. ^ 川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120
  41. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.249-274、川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120
  42. ^ 川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120、環境省 (2010) p.59
  43. ^ 加藤 (2011)
  44. ^ 川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120
  45. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.248、川上、鈴木、千葉、堀越 (2008) pp.111-120
  46. ^ 東京都「世界自然遺産の小笠原諸島南硫黄島(みなみいおうとう)で10年ぶりの自然環境調査の結果について」2017年2017年9月16日閲覧
  47. ^ アカアシカツオドリの集団繁殖を初確認 南硫黄島 - 日本経済新聞
  48. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.287-301、堀越 (2008) pp.129-134
  49. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.287-301、堀越 (2008) pp.129-134、清水 (2010) p.113、環境省 (2010) p.61
  50. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.303-327、苅部・松本 (2008) pp.135-142
  51. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.303-327、苅部・松本 (2008) pp.135-142、環境省 (2010) p.74
  52. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.303-327
  53. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.303-327、環境省 (2010) p.76
  54. ^ 東京都南硫黄島で発見されたアリが新種として確定 Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.
  55. ^ 東京都環境局 (2007b) 、苅部・松本 (2008) pp.135-142
  56. ^ 千葉 (2008) pp.145-153、清水 (2010) pp.121-125
  57. ^ 東京都環境局 (2007c) 、千葉 (2008) pp.145-153
  58. ^ 千葉 (2008) pp.145-153
  59. ^ 東京都「世界自然遺産の小笠原諸島南硫黄島(みなみいおうとう)で10年ぶりの自然環境調査の結果について」2017年2017年9月16日閲覧
  60. ^ 山本、藤田、加藤 (2005) p.48、藤田ほか (2008) p.54
  61. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.395
  62. ^ 環境省 (2010)
  63. ^ 環境庁自然保護局 (1983) p.305、p.395
  64. ^ 環境庁自然保護局 (1983) pp.393-400
  65. ^ 朱宮ほか (2008) p.69
  66. ^ 環境省 (2010) p.125





固有名詞の分類

小笠原諸島 南硫黄島原生自然環境保全地域  南鳥島  母島  聟島  嫁島

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南硫黄島原生自然環境保全地域」の関連用語

南硫黄島原生自然環境保全地域のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



南硫黄島原生自然環境保全地域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南硫黄島原生自然環境保全地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS