若尊とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の火山 > 若尊の意味・解説 

若尊(鹿児島県)

水深200m 北緯313902秒 東経130度4509秒 (世界測地系

若尊地図



概 要

 若尊は、鹿児島湾の奥にある姶良(あいら)カルデラ北東部一角を占める海底位置するカルデ ラである。約2.5 万年前の大規模な入戸(いと)火砕流噴火主要な噴火地点推定されている。カルデ ラの地形は、北部から東部にかけての輪郭姶良カルデラ一致するが、南部から西部にかけての輪郭水没している。カルデラ直径は約10km であり、カルデラの底は水深200m比較平坦海底面 (南北2.5km、東西3.5km)をなしている。カルデラの北縁には天降川沖積平野がせまっているが、カ ルデラの埋積進んでいない。カルデラ東側斜面には高さ約100m溶岩ドーム状の火山(水深75m) があり、南縁上にも浅い高まり(平瀬水深43m)が存在している。約2.5 万年以降活動としては、 新島火砕流高野ベースサージ等がこのカルデラ起源推定されているが、噴出源を特定する証拠は得 られていない。また過去1 万年以内噴火した明確な証拠認められていない



記録に残る火山活動

 記録に残る火山活動はないが、カルデラ底では現在でも激し噴気活動継続しており、海面に泡が 湧出する現象(たぎり)が観察される。





<「概要」、「記録に残る火山活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編,2005)及び最近観測成果による。>

 

火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。

 

 




若尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 16:11 UTC 版)

若尊(わかみこ)とは、日本鹿児島湾北東部の海中にある南北約2.5km、東西約3.5kmの海底カルデラおよび海底火山群2003年には活火山に指定された。




  1. ^ a b 藤野恵子ほか、鹿児島湾若尊火口と周辺での熱流量分布 日本地熱学会誌 Vol.37 (2015) No.1 p.13-26
  2. ^ 小林哲夫、佐々木寿、桜島火山 日本地質学会第121年学術大会(2014年・鹿児島)巡検案内書、地質学雑誌 Vol.120 (2014) No.Supplement p.S63-S78
  3. ^ 山中寿朗ほか、鹿児島湾若尊火口における熱水湧出 2005年度日本地球化学会第52回年会講演要旨集 セッションID:1P26
  4. ^ 三好陽子ほか、鹿児島湾若尊火口熱水域における堆積物中の熱水変質反応 2008年度日本地球化学会第55回年会講演要旨集 セッションID:1P09 14-P01
  5. ^ 岡山大学 プレスリリース 鹿児島湾奥部海底に有望なレアメタル鉱床を確認
  6. ^ 有光層におけるハオリムシの発見 しんかいシンポジウム報告書 Proceedings of JAMSTEC Symposium on Deep Sea Research (9) , pp.321 - 326 , 1993年11月 , 海洋科学技術センター (JAMSTEC)


「若尊」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「若尊」の関連用語

若尊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



若尊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2019 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS