妙高山とは?

みょうこうさん めうかう-妙高山 ◇


みょうこう せん めうかう-妙高山 ◇

須弥山しゆみせん

妙高山(新潟県)

2454m 北緯365329秒 東経1380649秒 (妙高山) (世界測地系

妙高山地図

概 要

 妙高山は安山岩(SiO25260%)の成層火山で、長い休止期をはさむ4回の活動期により形成された。現在の地形は第4期の成層火山と、その頂部直径3爆発カルデラ、その中にある中央火口丘の妙高山溶岩ドームからなる。南側の火口原には硫気地帯(地獄谷)がある。



最近1万年間の火山活動

 妙高山では、約2万年前から現在の山頂見られるカルデラ形成が始まった。約8000前には、山体崩壊によって田口岩屑なだれ(上部)が発生した。この後は、形成されたカルデラ内での活動変わり、約5300年前と約4200年前には、大規模活動によって赤倉火砕流大田切川火砕流噴出し山麓にまで達した。このうち約4200年前の活動最新マグマ噴火である。堆積物確認できる最新噴火は、約3000年前の水蒸気爆発であるが、カルデラ内には小規模爆裂火口があり、これらの活動3000年以降可能性もある(早津,1985,1998)。

日本活火山総覧(第3版)(気象庁編,2005)による。>


妙高山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 22:25 UTC 版)

妙高山(みょうこうさん)は、新潟県妙高市にある標高2,454mの成層火山で、北信五岳の一つであり、その中では最高峰。日本百名山に選定されており、妙高戸隠連山国立公園に属している。






「妙高山」の続きの解説一覧



妙高山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妙高山」の関連用語

妙高山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



妙高山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妙高山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS