安達太良山とは? わかりやすく解説

あだたら‐やま【安達太良山】

読み方:あだたらやま

福島県中北部火山標高1700メートル。麓に岳(だけ)など温泉が多い。

安達太良山の画像

安達太良山(福島県)

 1709m 北緯373757秒 東経1401659秒 (鉄山)(三角点)  ※座標世界測地系による

安達太良山地図安達太良山の写真
                                  (写真クリック拡大:54KB)

概要

 安達太良山は、福島市南西位置する玄武岩安山岩SiO2 5464%)の成層火山群で、東西9km、南北14kmにわたる山頂部は、北から鬼面山(きめんざん)、箕輪山、鉄山、安達太良山(本峰)、和尚山などが南北に連なる。主峰安達太良峰の山頂部には西に開く沼ノ平火口直径1.2km深さ150m)がある。明確な記録のある噴火活動は、沼ノ平火口での明治以後の活動限られる。この火口内外には、硫気温泉地帯が諸所存在する
 別名、吾田多良山、岳山沼尻山、硫黄山西岳
 安達太良山は大規模な火砕流噴出始まり、約4555万年前の鬼面山などの活動経て、約35万年前の前ヶ岳を中心とした活動へと続いている藤縄1980藤縄ほか:2001)。約25万年前に箕輪山から和尚にかけて火山列主要部形成された。この時期におけるマグマ噴出率は最大であって、0.1km3/kaと見積もられる(阪口:1995山元・阪口:2000)。約12万年前以降から約3万年前まで、1~2万年間隔小規模なマグマ噴出繰り返された。1万年前からマグマ水蒸気ないし水蒸気爆発繰り返しとなり、最新のマグマ噴出活動は約2400年であった山元1998山元・阪口:2000)。

最近1万年間の活動

 最近1万年間では総マグマ噴出107m3前後の中噴火5001500年間隔発生し最後のマグマ噴出は約2400年前に発生している(山元1998)。

記録に残る火山活動

  過去の火山活動履歴

※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述の活火山総覧及び最近の観測成果による。

火山観測

 気象庁では、地震計2台(うち常設1台)、空振計1台GPS観測装置3点遠望カメラ1台設置し、そのデータ仙台火山センター常時伝送し火山活動監視観測行ってます。
 また年に1、2回の現地観測実施して赤外映像装置による地熱地帯状況噴気地帯状況等の把握行ってます。さらに沼ノ平における地熱状況の把握のため、地磁気観測所気象研究所とともに全磁力観測行ってます。

火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します毎月1回上旬公表します
 最新号(2009年6月の火山活動解説資料(pdf:576kb))  (なお、2009年7月活動解説資料は、2009年8月7日発表予定です。)


安達太良山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:13 UTC 版)

安達太良山(あだたらやま)は、福島県中部にある活火山である。日本百名山新日本百名山花の百名山およびうつくしま百名山に選定されている。山頂には二等三角点「大関平」1699.6m が設置されている。別名は、岳山(だけやま)、安達太郎山。


  1. ^ a b c 日本の主な山岳標高(福島県)”. 国土地理院. 2011年11月15日閲覧。
  2. ^ “標高値を改定する山岳一覧 資料2”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091073.pdf 2014年3月26日閲覧。 
  3. ^ GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は1,710m。
  4. ^ a b c d 山元孝広、阪口圭一、テフラ層序からみた安達太良火山, 最近約25万年間の噴火活動 地質学雑誌 Vol.106 (2000) No.12 P865-882
  5. ^ a b c 安達太良山 気象庁
  6. ^ 藤縄明彦、安達太良火山の地質と岩石 岩石鉱物鉱床学会誌 Vol.75 (1980) No.12 P385-395
  7. ^ 今井英治ほか、安達太良山・酸川の複数のラハール堆積物に含まれる埋没林群の組成と年代 福島大学理工学群共生システム理工学類 共生のシステム : 磐梯朝日遷移プロジェクト 2014/3 14巻
  8. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  9. ^ 征, 大内. “テーマで歩く山の旅 #01 安達太良山×東山魁夷” (日本語). 山旅旅. 2020年10月12日閲覧。


「安達太良山」の続きの解説一覧



安達太良山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

安達太良山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安達太良山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安達太良山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS