口永良部島とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 火山島 > 口永良部島の意味・解説 

口永良部島(鹿児島県)

657m 北緯302636秒 東経130度1302秒  (古岳) (世界測地系

口永良部島写真口永良部島地図

概 要

 長径(西北西東南東)12km、最大幅5km のひょうたん形の島。古い火山体である西部番屋ケ峰と現在まで活動続けている島の中央部から東部構成する新岳・古岳・野池山 などの火山からなる最近1 万年間の噴火は古岳・新岳発生している。 古岳南西南東山麓には複数安山岩溶岩流確認できるが、その噴出年代ははっき りしていない。この溶岩流を覆う火砕サージ堆積物は、古岳山火口を囲む火砕丘連続 しており、小林ほか(2002)では、この堆積物中の木炭から約200 年前の放射年代測定値を 得ている。このことから、古岳火口では数百年前まで火砕流を伴う噴火発生していたと 考えられる新岳は古岳の北西に開いた崩壊火口内に成長し、新岳山頂部を構成する火砕丘火山角 礫層からなり火山弾冷却節理を持つ岩塊多く含む。また、複数火山灰層を確認でき ることから、古岳あるいは新岳過去1000 年以内複数回の爆発的マグマ噴火があった と考えられる島民159 名(平成16 年)。



最近1万年間の火山活動

 最近1万年間の活動は、古岳・新岳発生している。古岳火山南西南東山麓には複数安山岩溶岩流発達するがその噴出年代ははっきりしていない新岳火山から流出する新岳溶岩はその古地磁気解析から11世紀あるいは9世紀噴出し たと考えられている(下司小林,2004)。



記録に残る火山活動

1841(天保12)年5 月23 日 噴火新岳
1841(天保12)年8 月1 日 噴火村落焼亡死者多数
1914(大正3)年1 月 鳴動火口陥没硫黄流出
1931(昭和6)年 噴火
3 月から鳴動4 月2 日爆発(新岳西側山腹)。土砂崩壊負傷 者2 名、馬、山林田畑被害5 月15 日にも爆発降灰硫黄流出土地隆起
 
1932(昭和7)年7 月23 日 噴煙増加鳴動
1933(昭和8)年12 月~ 1934(昭和9)年1 月 噴火
1933 年12 月24 日から翌1 月11 日に かけて数回噴火七釜集落全焼死者8 名、負傷者26 名、家屋全焼15 棟、牛馬や山 耕地大被害
 
1945(昭和20)年11 月3 日 噴火新岳火口外壁割れ目爆発噴石降灰
1966(昭和41)年11 月22 日 噴火新岳火口爆発黒煙噴石負傷者3 名、牛死亡1頭。
1968(昭和43)年12 月1969(昭和44)年3 月 噴火噴石降灰
1972(昭和47)年9 月2 日 噴火新岳火口から黒色噴煙
1973(昭和48)年11 月5~ 19噴火新岳火口噴石噴煙降灰
1974(昭和49)年6 月3 日 噴火新岳火口噴煙
1976(昭和51)年4 月2 日 噴火
新岳山頂火口爆発山麓爆発音聞える降灰が北 西約2km の向江浜、前田で約1cm 積もる。
 
1980(昭和55)年9 月28 日 噴火
水蒸気爆発多数爆裂火口新岳東側斜面南北 800m のほぼ直線上の割れ目沿って生じた(昭和20 年割れ目と同じ場所)。
 
1982(昭和57)年10 月 噴気新岳火口北東噴気孔4 ヶ所生成。
 
1996(平成8)年1~ 3 月 地震増加
1999(平成11)年7 月2000(平成12)年2 月 火山性地震の多い状態継続
2003(平成15)年1~ 2 月 地震増加火山性微動2 月から観測されるようになる。
2004(平成16)年2 月 地震増加微動引き続き時々発生


<「概要」、「最近1万年間の火山活動」、「記録に残る火山活動」については日本活火山総覧(第2版)(気象庁編、2005)およびその後観測成果による。>


火山観測

 気象庁では,新岳周辺地震計4点,GPS3点,新岳西麓空振計1点と監視カメラ設置し,口永良部島の火山活動監視観測を行っています。

口永良部島 観測一覧表
平成18年2006年12月10日現在
測器種類

地点

位置 設置 観測開始 備考

緯度

経度

標高

地震計

KER1点 30 26.9 130 12.9

570

0

1999.9.11

周期成分

地震計

KER2点 30 27.1 130 13.0

580

0

2003.5.10

周期成分

地震計

KER3点 30 26.4 130 12.8

630

0

2004.2.23

周期成分

地震計

KER4点 30 26.7 130 11.9

150

0

2004.2.21

周期成分

空振 KER0点 30 27.8 130 11.4

3

5

1999.9.11

2001.9.19移設

GPS 新岳 30 26.7 130 12.6

350

2006.12.10

GPS 七釜 30 26.3 130 13.2

435

2006.12.10

GPS 田代 30 28.3 130 12.9

101

2006.12.10

監視カメラ KER0点 30 27.8 130 11.4

11

15

2004.3.10

震度計 KUCHIE 30 27.9 130 11.6

20

世界測地系による

 

火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。



口永良部島

読み方:クチエラブジマ(kuchierabujima)

薩南諸島一部大隅諸島属す太平洋有人

所在 鹿児島県熊毛郡上屋久町

別名 口之永良部島(クチノエラブジマ)

位置・形状 鹿児島市西南120km、屋久島北西12km。東西長く南北に狭い、輝石安山岩質の火山島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

口永良部島

読み方:クチエラブジマ(kuchierabujima)

所在 鹿児島県熊毛郡上屋久町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

口永良部島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 20:01 UTC 版)

口永良部島(くちのえらぶじま)は、屋久島の西方約12kmに位置する




注釈

  1. ^ 滑走路面積8,000m2、地上施設は2灯サーチライト1基のみ。

出典

  1. ^ 郵便番号検索(2015年5月30日閲覧)
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.978
  3. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ a b 口永良部島 有史以降の火山活動 気象庁
  5. ^ 噴火した口永良部島 地学雑誌 Vol.43(1931) No.5 P304 doi:10.5026/jgeography.43.304
  6. ^ 口永良部島火山における地盤変動
  7. ^ 口永良部島の火山活動解説資料(平成26年8月) 気象庁(福岡管区気象台)
  8. ^ 5月29日に発生した口永良部島の爆発的噴火について 気象庁 (PDF)
  9. ^ a b 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.257
  10. ^  2007年(平成19年)4月16日総務省告示第245号. 町の廃置分合 (平成19年総務省告示第245号). - ウィキソース. 
  11. ^ 1951年(昭和26年)9月7日農林省告示第327号「漁港指定」
  12. ^ 「南海に全滅の孤島 一週間ぶりに救援船」『朝日新聞』昭和26年10月22日
  13. ^ 1955年(昭和30年)7月19日郵政省告示第814号「城上郵便局等に電話通話事務の取扱開始」(『官報』第8572号489ページ、1955年(昭和30年)7月29日による正誤反映後)
  14. ^ 『官報』第15456号14ページ「植物防疫法施行規則の改正に関する公聴会開催に関する公示」、1978年(昭和53年)7月22日
  15. ^ 1978年(昭和53年)8月28日農林水産省令第5号「植物防疫法施行規則の一部を改正する省令」
  16. ^ 2007年(平成19年)3月30日環境省告示第22号「霧島屋久国立公園の公園区域を変更する件」
  17. ^ 2012年(平成24年)3月16日環境省告示第22号「霧島屋久国立公園の公園区域の変更及び霧島錦江湾国立公園に名称変更する件」
  18. ^ 2012年(平成24年)3月16日環境省告示第30号「屋久島国立公園を指定する件」
  19. ^ 口永良部島の歴史”. 口永良部島ポータルサイト. 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  20. ^ 出典は、各学校の公式サイトより。(2010年12月5日閲覧)
  21. ^ 生活誌 屋久島に生きて 上屋久町教育委員会 1984
  22. ^ 上屋久町郷土誌 1984
  23. ^ フェリー太陽 時刻表など - 屋久島町(2015年5月29日閲覧)
  24. ^ 経営健全化計画書 - 屋久島町(2010年12月5日閲覧)[リンク切れ]
  25. ^ 日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで-(世界の艦船 別冊) p.285 - 海人社(2009年3月発行) JANコード 4910056040393
  26. ^ 出典によって数値が異なるがそのまま記述した。
  27. ^ 口永良部郵便局 (鹿児島県)”. 日本郵政. 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月30日閲覧。, 口永良部島は こんな島です”. 口永良部島ポータルサイト. 2016年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月30日閲覧。など


「口永良部島」の続きの解説一覧



口永良部島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「口永良部島」の関連用語

口永良部島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



口永良部島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口永良部島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS