おおすみとは?

おおすみ おほすみ 【大隅】 ◇

旧国名の一。鹿児島県東部洋上大隅諸島奄美(あまみ)諸島地域に当たる。隅州(ぐうしゆう)

艦艇(輸送艦「おおすみ」型)

4001「おおすみ」 4002「しもきた」 ■4003「くにさき
 
基準排水量
  8,900t
主要寸法
  178x25.8x17.0x6.0m
長さ、幅、深さ喫水
機械
  ディーゼル2基 2軸
馬 力
  26,000PS(しもきた26,400PS)
速 力
  22kt
主要兵装
  高性能20ミリ機関砲×2
特殊装置
  輸送エアクッション艇×2
定 員
  135名(「しもきた以降138名)

【おおすみ】(おおすみ)

  1. LST-4001 Osumi(2代)
    海上自衛隊初の大型輸送艦ジェーン海軍年鑑では「ドック型揚陸艦」と記述されている)。
    姉妹艦に「しもきた(LST-4002)」「くにさき(LST-4003)」がある。

    それまで海自保有していた「おおすみ(初代)」型・「あつみ」型・「みうら」型のように、直接海岸乗り上げるタイプビーチング式)の輸送艦違い船内搭載したエアクッション型揚陸艇(LCAC)やヘリコプター利用して人員資材陸揚げする艦として設計された。
    そのため航行速度大幅改善することができ、一方ではより多く海岸部への資材人員揚陸が可能になり、運用の幅を大い広げることができた。
    ビーチング揚陸艦接岸できる海岸地球上の海岸線15程度、と言われている)

    基準排水量は8,900tであるが、これは先進諸国の持つ揚陸艦としては標準的なもので、ようやく実用堪え揚陸艦装備したといえる。 
    船内に作られた330名分宿泊設備医療設備は、災害派遣などにも非常に有用である。

    一方でヘリコプター発着が可能な全通甲板持っている(このことで就役当時メディアは「空母にも転用可能では?」と誤報していた)が、航空機格納庫整備機材を持っておらず、ヘリ運用能力はない。
    揚陸作戦に必要な指揮管制通信能力人員貧弱で、何より肝心LCAC敵前上陸前提に作られていないため、ジェーン年鑑記述どおり「ドック型揚陸艦」とみるのが適切であろう
    全通甲板物資搭載ヘリコプター発着を容易にするが、船体設計の自由を多少奪ってしまうため、先進諸国保有する同規模の揚陸艦比べ場合搭載能力がやや小さくなってしまったが、同艦が画期的な艦であることに変わりはない。

    現在は上記同型艦3隻で第1輸送隊護衛艦隊直轄)を編成している。

    【スペックデータ】

    同型艦】
  2. LST-4001 Osumi(初代)
    1960年代アメリカ海軍から貸与されたLST戦車揚陸艦)。
    米軍時代艦名は「ダゲット・カウンティ(LST-689)」。
    同時期に貸与された「しもきた(初代米軍旧名"ヒルズデール・カウンティ")」及び「しれとこ(米軍旧名"ナンスモンド・カウンティ")」と共に第1輸送隊編成1965年に起きた伊豆大島大火救援活動1972年沖縄諸島返還に伴う日銀から沖縄への日本円現金輸送などの重要任務活躍した。
    1974年国産輸送艦の「あつみ」型就役伴って自衛艦籍を抹消アメリカ返還後、スクラップとして処分された。

  3. JCG Osumi(PLH-03)
    海上保安庁・「つがる」型巡視船の2番船1979年就役
    現在は第十管区鹿児島海上保安部所属している。

    【スペックデータ】
    排水量
    (総排水量/常備排水量
    3,221t/4,037t
    全長105.4m
    全幅14.6m
    深さ8.0m
    機関ディーゼルエンジン15,600hp)×2基・2軸推進
    最大速力23kt
    乗員71
    兵装40mm機関砲×1基、20mm機関砲×1基
    搭載ベル212×1機

  4. 試験用人衛星「おおすみ」。
    1970年2月東京大学宇宙航空研究所が「L-4Sロケット5号機により打ち上げ日本初人工衛星
    名前は、発射地のあった鹿児島県大隅半島由来している。

    この成功により、日本ソ連ロシア)・アメリカ・フランスに続く世界4番目の人工衛星打ち上げ国となったが、これらの国が弾道ミサイル開発からのスピンオフとして人工衛星発展したのに対し、日本大学研究機関主導により、純然たる民生技術として開発着手されたことに特徴がある。

    打ち上げから1415時間後、搭載された電池消耗により電波発信が止まって運用終了
    その後スペースデブリとして33年衛星軌道上にあったが、JAXA統合前の2003年8月北アフリカ上空(エジプト・リビアの国境付近)で大気圏突入して消滅した。

    性能諸元

    軌道要素

    関連ペンシルロケット ミューロケット まいど1号

おおすみ

分類:人工衛星


名称:おおすみ
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1970年2月11日
運用停止年月日:1970年2月12日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:L-4S
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際表記番号:1970011A

おおすみは、人工衛星打ち上げ技術習得衛星についての工学試験目的として打ち上げられた日本初人工衛星です。「おおすみ」の名前は打ち上げ鹿児島宇宙空間観測所のある大隅半島にちなんでつけられました。
このおおすみの打ち上げ成功で、日本ソ連アメリカフランス次いで独力で衛星打ち上げた国になりました。
おおすみは重力ターン方式打ち上げられました。重力ターン方式とは、打ち上げロケット最終段階地球の重力落ち始め直前、すなわち地球表面との速度が0になります。このとき地表に向かって平にロケット点火すると、ロケット地面と平行に飛行するようになります。これによって人工衛星円軌道乗せる方法です。
この方法をとった背景には誘導制御装置装備したロケットミサイル転用への不安が世論にあったためです。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
アイスクリームをさかさまにしたような形をしています。重量は24kgです。

2.どんな目的使用されるの?
おおすみは、人工衛星打上げ技術習得衛星についての工学試験目的として打ち上げられました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
日本初人工衛星として軌道に乗ったのち、種々のデータ送りました。化学電池のみのため数日寿命考えられていましたが、燃焼熱がたまり、予想以上に電池温度上昇したため推定15時間ほどで寿命がつきました。
その後も「おおすみ」は地球回り続けてきましたが、2003年8月2日アフリカ上空大気圏突入燃えつきました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
さくら、さくら2号a、さくら2号bあります

5.どのように地球を回るの?
高度5,140kmから350kmの上空を、傾斜31度の楕円軌道回ります。


読み方
おおすみ

おおすみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 09:59 UTC 版)

おおすみは、1970年2月11日東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所)が鹿児島宇宙空間観測所からL-4Sロケット5号機により打ち上げた日本最初の人工衛星である。名称は打ち上げ基地があった大隅半島に由来する。




注釈

  1. ^ 日本のロケットも開発当初は朝鮮戦争の兵器用に作られた推進剤や、戦時中に開発されていたミサイル兵器「桜花」や「重噴進弾」の推進剤の圧伸機を転用しており、これらの推進剤の規格(サイズ)に合わせてペンシルベビーカッパロケットが開発されたという経緯がある[1]。ただし推進剤もしくはその製造機材を流用したのみで、ロケット本体は新規に開発された技術である。
  2. ^ 後年になってインドも民生技術による人工衛星の打ち上げを達成しているが、こちらは後にミサイルへ転用されている[2]。ただし開発後の軍事転用の有無を問うのであれば、日本のロケット技術も日本国外では軍事転用されている
  3. ^ 実際のところ、誘導装置導入の方が技術的には容易であり、日本社会党の横槍により「無誘導による衛星軌道投入」という最難度の挑戦を余儀なくされ、皮肉にも日本独自の軍事上も有益な技術を得ることとなった。しかし、そもそもの原因はカッパロケットが日本国外に持ち出され軍事転用されたことであり、皮肉でもなんでもない自業自得である。
  4. ^ この時、第3段と第4段は慣性飛行を行っているので、そのままだと第3段の残留推力で第3段が第4段に衝突する。
  5. ^ この時、ロケットは燃焼していないので「誘導」ではなく「姿勢制御」である。

出典

  1. ^ 野本陽代「日本のロケット」NHK BOOKS (1993)、p72
  2. ^ 坂本明「最強 世界のミサイル・ロケット兵器図鑑」(2015)、p188[1]
  3. ^ 1960年4月14日第34回参議院内閣委員会第19号 社会党の矢嶋三義がロケット研究の軍事転用の可能性について懸念を表明
  4. ^ 1961年4月18日第38回衆議院科学技術振興対策特別委員会第11号 糸川英夫がラムダへ誘導装置を搭載することを示唆
  5. ^ 1965年2月17日第48回衆議院科学技術振興対策特別委員会第5号 社会党の田中武夫からラムダのIRBM転用可能性について質問


「おおすみ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おおすみ」の関連用語

おおすみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おおすみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海上自衛隊海上自衛隊
Copyright (C) JMSDF. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおおすみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS