最終段階とは? わかりやすく解説

最終段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:30 UTC 版)

マッロイ戦役」の記事における「最終段階」の解説

マッロイ戦役継続する前にアレクサンドロスペイトンデメトリオスを川、砂漠がある方向へと送り返し降伏しなかったものは誰でも殺害するよう命じた。これはアレクサンドロス到着した都市到着したときに、多く都市が既に放棄されていたからである。これらの都市難民はヒュドラオティス川沿い捕虜となった。 マッロイ人はヒュドラオティス川の西岸高地アレクサンドロス戦い仕掛けた。しかしアレクサンドロスマケドニア軍はこの高地警戒し川を渡る事を決断した。これは新し戦術ではなく、父のフィリップ2世多く局面行った鉄床戦術同様に騎兵続いて攻撃する手法である。マッロイ人はマケドニア歩兵戦闘加わりさえしなかったのに、逃亡しアレクサンドロス騎兵用いて、8kmほど追いかけた。 マッロイ人はマケドニア騎兵の数が少ないと悟ったので、立ち止まって彼らと戦う事を選んだアッリアノスはこの時50,000名のマッロイ人がいたと推測している。アレクサンドロスヘタイロイ扱い熟練していたため、彼自ら攻撃を受けやすい地点に身を置いていた。そしてマケドニア軍前線形成し、マッロイ人を包囲して側面後方攻撃した。やがてマケドニア軽歩兵がやってきて、マッロイ人は戦意喪失してムルターン逃れたアレクサンドロスは彼らを都市まで追撃した後、彼の部隊その日休息取らせた

※この「最終段階」の解説は、「マッロイ戦役」の解説の一部です。
「最終段階」を含む「マッロイ戦役」の記事については、「マッロイ戦役」の概要を参照ください。


最終段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 05:22 UTC 版)

メイラード反応」の記事における「最終段階」の解説

フルフラールピロール-2-アルデヒド、3-フラノンオソン、3-デオキシオソン、メチルジケトン中間体(1-デオキシオソン)、アマドリ転位生成物などの反応中間体生成物と、各種アミノ酸ペプチドタンパク質などが重合してメラノイジン生成する反応終期段階であるが、その過程はまだ明らかにされていない

※この「最終段階」の解説は、「メイラード反応」の解説の一部です。
「最終段階」を含む「メイラード反応」の記事については、「メイラード反応」の概要を参照ください。


最終段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:10 UTC 版)

ウィリアム・ウィルバーフォース」の記事における「最終段階」の解説

ウィルバーフォースは、ホイッグ党や同党の廃止主義者との協力深めピット死後1806年2月からのグレンヴィル・フォックス政権へ全面的な支援与えたグレンヴィル貴族院法案支持を得るために説得の道を探るとともにウィルバーフォースとチャールズ・フォックスは、庶民院でのキャンペーン主導した海事弁護士であるジェームズ・ステファンの助言によって戦術変更図られた。その助言に基づき1806年初頭ウィルバーフォースは、イギリス国民対しフランスの植民地への奴隷貿易助けたり参加したりすることを禁じ法案支持した。これは巧み方策で、多数の船は実際そのころ、アメリカ船籍イギリス人船員によりリバプールより出航していた。この新し外国奴隷貿易法はすぐに議会通過し新法イギリスの奴隷貿易3分の2をも禁じたことから、戦術成功した1806年9月フォックスの死は廃止主義者への次の打撃となったウィルバーフォースグレンヴィル実施した総選挙ヨークシャー選出議員としてこのときも再選され、その年の後半を、20年以上にわたって自身クラークソン集めてきた奴隷貿易批判する膨大な量の証拠要約した奴隷貿易廃止に関するレター」と題する擁護のための文章執筆費やした。この文章1807年1月31日出版されキャンペーンの最終段階における基盤をなした。 グレンヴィル貴族院廃止法案提出し熱のこもった演説行ったその中でグレンヴィルは、同僚議員を「長い間奴隷貿易廃止しなかったこと」について批判し奴隷貿易は「正義博愛健全な政策原理反する」と主張した採決が行われ、法案貴族院予測しなかった4120という大きな差をつけて通過した長らく期待されていた突破がついになされたものと感じてグレイ伯ホーウィック子爵)は、2月23日庶民院の第2読会法案提出したそれまで20年間にわたって尽力してきたウィルバーフォースへの賛辞なされる中、法案28316可決され奴隷貿易法は1807年3月国王裁可を受け成立した

※この「最終段階」の解説は、「ウィリアム・ウィルバーフォース」の解説の一部です。
「最終段階」を含む「ウィリアム・ウィルバーフォース」の記事については、「ウィリアム・ウィルバーフォース」の概要を参照ください。


最終段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 01:27 UTC 版)

台湾からの引き揚げ」の記事における「最終段階」の解説

1948年昭和23年5月海王丸 (初代)による第四次帰還事業が、同年12月同じく海王丸による第5次帰還事業が行われた。1949年昭和24年8月14日239人が佐世保港到着した第六帰還事業をもって政府レベルでの台湾からの引き揚げ事業最後のものとなった。しかし、この時点でも、台湾大学には、松本巍高坂友武、磯永吉の3名が留用されていた。磯の帰国1957年昭和32年)のことである。

※この「最終段階」の解説は、「台湾からの引き揚げ」の解説の一部です。
「最終段階」を含む「台湾からの引き揚げ」の記事については、「台湾からの引き揚げ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「最終段階」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「最終段階」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最終段階」の関連用語

最終段階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最終段階のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマッロイ戦役 (改訂履歴)、メイラード反応 (改訂履歴)、ウィリアム・ウィルバーフォース (改訂履歴)、台湾からの引き揚げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS