反すとは?

かえ・す〔かへす〕【返す/反す】

[動サ五(四)

表であったものを裏にしたり、上であったものを下にしたりして、ものの向き位置反対にする。裏がえすひっくりかえす。「せんべいを—・しながら焼く」「手の平を—・す」「差し手を—・す」

たがやす。土などを掘りかえす。「田を—・す」

返す)物をもとあった所に戻す。「読んだ本をに—・す」

返す)受けたり借りたりしたものを、もとの所有者に戻す。返却する。返済する。また、返上する。「借金を—・す」「官位を—・す」

返す)変わってしまった物事をもとの状態どおりにする。「話を白紙に—・す」

返す相手から受けた行為に対して、それと同じことをこちらからする。相手働きかけに、同等働きかけでこちらが応える

返報返礼をする。「恩を仇(あだ)で—・す」「お金で—・す」

返答返歌をする。「言葉を—・す」「視線を—・す」「歌を—・す」

食べた物を吐く。戻す。〈和英語林集成

雅楽などで、律呂(りつりょ)の調子を変えてうたう。

《「反切(はんせつ)」の「反」を「かえす」とよむところから》反切によって漢字の音を示す。

10 もとへ戻る。返る。ひきかえす。「寄せては—・す白波の」「取って—・す」

11 違った色に染める。染めかえす。

小桜を黄に—・いたる鎧きて」〈平家・一〉

12 動詞連用形に付けて用いる。

㋐その動作初めからもう一度、または何度もしてみる。くりかえす。「本を読み—・す」「糸を巻き—・す」

相手からされたのと同じことを、こちらから相手に対してする。「言い—・す」「なぐり—・す」

[可能] かえせる

[用法] かえす・もどす——「本を返す(戻す)」「もとの位置返す(戻す)」などでは相通じて用いられる。◇「返す」は「借りた金を返す」「恩を返す」のように対人関係用いるほか、「たなごころを反す」「踵(きびす)を返すのような位置転倒を意味する用法がある。これらに「戻す」を用いことはない。◇「戻す」は同じ道筋をたどって原位置に置く意が強く、「本を戻す」は、もとの場所に置く意である。「振り出しに戻す」「話を本題に戻す」のようにも用い、これらでは「返す」との交換は無理である。◇「本を返す」は所有者返却する意であり、「返す」をもとの位置に戻す意で使うときは、多く「本を書架返す」のように「…に」の形で場所を限定して示す。

[下接句] 裏を返す裏釘(うらくぎ)を返す・恩を仇(あだ)で返す・腕(かいな)を返す回瀾(かいらん)を既倒(きとう)に反(かえ)す踵(きびす)を返す唇を反す踵(くびす)を返す軍配を返す言葉を返す杯を返す反りを返す・掌(たなごころ)を反す・手を反す手の平を返す取って返す白紙に返す


かえ・す かへす 【反・返・帰・覆】

〔他サ五(四)

[一] (反・返事物事柄位置逆にする。また、物事の状態を変える

① ひるがえして裏を表側に出す。裏がえす

万葉(8C後)一七・三七八しきたへの 袖可敝之(カヘシ)つつ 寝(ぬ)る夜落ち夢には見れど」

源氏100114頃)花宴「のどかに袖かへすところを、ひとをれ、けしきばかり舞ひ給へるに」

ひっくりかえし上下逆さまにする。また、横に倒す。くつがえす

大和(947‐957頃)八三「おもふ人降りくるものならばわがもる床はかへさざらまし」

平家13C前)一一屏風をかへす様に馬はどうど倒るれば」

③ (掘って下にあった土を上に出すようにするところから) すきなどを使って田畑の土を柔らかくする。耕す。

新撰字鏡(898‐901頃)「耕 加戸須」

古今(905‐914)恋五・八一七「あらを田をあらすきかへしかへしても人の心を見てこそやまめ〈よみ人しらず〉」

④ ある色に染まっているものを、他の色に染める。染めかえす。

平家13C前)九「小桜を黄にかへいたる鎧きて」

(5) 神楽歌催馬楽などで、呂(りょ)、律などの調子を変えてうたう。

袖中抄(1185‐87頃)六「かへすとは催馬楽拍子に吹なしひきなして、あさくらをうたふなるべし

(6) 反切(はんせつ)によって漢字の音を示す。

和英語林集成初版)(1867)「モジヲ kayesz(カエス)」

[二] 人、物をもとの場所に移したり、物事を再びもとの状態にしたりする。

① もとの場所に行かせる。帰らせる。

万葉(8C後)一一・二五四五「誰(た)そ彼と問はば答へすべを無み君が使を還(かへし)つるかも」

平家13C前)九「いそぎ物の具して、人をばかへし給ひけり」

② もとの持ち主に移す。返却する。返済する。

蘇悉地羯羅経略疏寛平八年点(896)七「価(あたひ)を讎(カヘサ)ずして取ることを明す

*竹取(9C末‐10C初)「使にそへて金をばかへし奉らん」

③ もとの状態になるようにする。

平家13C前)七「時俗堯年の昔にかへさん」

返事返答をする。相手のことばや挨拶などに応答する。

足利本論語抄(16C)陽貨第十七「人が譏れば此詩を歌て譏りかゑしつする也」

(5) 返歌をする。

大和(947‐957頃)九「『あらばこそはじめもはてもおもほえめ今日にもあはで消えにしものを』となむかへし給ける」

(6) 自分に対してした他人行ない報いる返礼返杯、または仕返しをする。

随筆還魂紙料(1826)下「掛(かけ)られたる処より又此方来て踊をかへすといふ」

(7) 今までついていた官職をやめる。辞する

源氏100114頃)澪標「やまひによりて位をかへし奉りてしを」

(8) 一度、のどを通った食物を、口から出す。はく。もどす。

栄花(1028‐92頃)楚王の夢「よろづにかかへて御湯参らせ給へば、かへしてきこしめさず」

(9) 近世邦楽で、反復することをいう。

(10)自動詞のように用いて) もどる。ひきかえして敵に向かう。

平家13C前)七「『きたなしや、かへせかへせ』といふやから多かりけれ共」

[補注]「もどす」が場所や状態の変化したものもとどおりにすることを表わすに対して、「かえす」はむしろ逆の方向変化させることを表わす


はん‐・す【反】

〔自サ変〕 ⇒はんする(反)


そら・す【反】

〔他サ五(四)〕 (「そらす(逸)」と同語源) 後方曲げる。そるようにする。

(10C終)二七八「明順の朝臣心地、空を仰ぎ、胸をそらいたり」


かや・す【反・返・帰・覆】

〔他サ四〕 (動詞「かえす(反)」の変化した語)

① もとの場所、状態にもどす。前にもっていた人にもどす。

*九冊本宝物集1179頃)八「汝かへりてかやさんとて、多く人の物をかりたり」

② 裏を表に出す。ひるがえす

娵入記(144373頃)「縫ひやう、ふせ縫也。すそをかやして縫べからず


反す

読み方:はんす

サ行変格活用動詞「反す」の終止形
「反す」の口語形としては、サ行変格活用動詞「反する」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「反す」に関係したコラム

  • 株式分析のベータ値とは

    株式分析のベータ値(β値)とは、株価指数と個別銘柄との連動する割合を数値に表したテクニカル指標のことです。株価指数は、TOPIXや日経平均株価(日経225)などを用いることが多いようです。ベータ値の求...

  • FXのリスク一覧

    FX(外国為替証拠金取引)ではさまざまなリスクが伴います。リスクを最小限に抑えるにはリスク管理が必要です。ここでは、FXのリスクとリスク管理の方法を一覧で紹介します。▼ロスカットによるリスク所有してい...

  • バイナリーオプションのハイローとは

    バイナリーオプションのハイローとは、ある時点での通貨ペアの価格がその後に上がるか下がるかを予想するオプション商品の総称です。ハイローは、ハイアンドロー、HIGH&LOW、HIGHLOWとも呼ばれていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反す」の関連用語

反すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS