突破とは? わかりやすく解説

とっ‐ぱ【突破】

読み方:とっぱ

[名](スル)

突き破ること。困難や障害などを克服すること。「包囲網を—する」「難関を—する」

ある目標数量を超えること。「目標額を—する」「人口一億人を—する」


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 06:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「突破」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「突破」を含むページの一覧/「突破」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「突破」が役に立つかも知れません。

関連項目




突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 17:33 UTC 版)

機動戦」の記事における「突破」の解説

突破では、敵陣突破口開け突破口拡大させ、敵を個別に分断した後、各個撃破する。

※この「突破」の解説は、「機動戦」の解説の一部です。
「突破」を含む「機動戦」の記事については、「機動戦」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 19:24 UTC 版)

白夜極光」の記事における「突破」の解説

同じキャラクター迎えることで心珀を得ることができ、それを消費して突破することができる。能動技先制可能にすることができたりステータス上昇するなどの効果がある

※この「突破」の解説は、「白夜極光」の解説の一部です。
「突破」を含む「白夜極光」の記事については、「白夜極光」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 03:37 UTC 版)

ブギーポップシリーズ」の記事における「突破」の解説

乃星透子の目指すもの詳細明らかにされていないが、彼女は集めた"死"によってそれを果たそうとしていたことが判明している。また、エンブリオが「素質のある者」からその才能を引き出し、それを果た現象行為を示す

※この「突破」の解説は、「ブギーポップシリーズ」の解説の一部です。
「突破」を含む「ブギーポップシリーズ」の記事については、「ブギーポップシリーズ」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 16:40 UTC 版)

スペシャルフォース2」の記事における「突破」の解説

2つチーム分かれて強行突破タイムとどちらが先に到達するかを競い合うモード敵チームより短いタイム突破するか、先の地点到達している方が勝利である。時間内なら何度でも復活できる。

※この「突破」の解説は、「スペシャルフォース2」の解説の一部です。
「突破」を含む「スペシャルフォース2」の記事については、「スペシャルフォース2」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 05:57 UTC 版)

ユハ・ヴァイニオ」の記事における「突破」の解説

ヴァイニオの音楽タピオ・ラウタヴァーラ、ゲオルグ・マルムステン(英語版)、ヘンリュ・トヘール(英語版)の影響を受けた彼はプロミュージシャンになるべく、音楽をするための訓練を受けた彼は友人バンドのために歌詞書き始めこれらの歌詞彼にいくらかの名声与えた。ヴァイニオは曲も書いたが主には作詞家であり、彼は発表された歌だけでも2,400曲以上手掛けており、そのうち大半は他人により録音され彼自身作曲作詞にしか関わらなかった。ヴァイニオが作詞した多くの歌はトイヴォ・カルキ(英語版)が作曲したであった彼は外国の歌でも人気なものはフィンランド語翻訳したが、翻訳作品ロイヤリティをもらえず固定金額給料しかもらえなかったためやがて翻訳をやめることとなった。 ヴァイニオの音楽生涯始めて間もなくのころ、コメディアンのスペデ・パサネン(英語版)はヴァイニオとその友人にルルヤンッシリーヒ(Ruljanssiriihi、「くだらない長話むち打ちハウス」)というラジオ番組演奏するよう求めた。ヴァイニオらのバンド同意したその後パサネンラジオ番組からテレビ番組に移ると、ヴァイニオたちもそれに従った。ヴァイニオたちはパサネンのスペデン・サルーナ(Speden saluuna、「スペデのサロン」)や50ピネタ・ミヌーッティア(50 pientä minuuttia、「小さな50分間」)で演奏した友人のエルッキ・リーカネン(Erkki Liikanen)の助力借りて、ヴァイニオはレコード会社フィンディスク(フィンランド語版)との取引成功1964年デビューシングルのパラス・ラウタランカユフテュエ(Paras rautalankayhtye、「最高のラウタランカ(英語版)・バンド」)を出した。ヴァイニオは同時にヴァット」(Watt)というあだ名得て、それをデビューシングルカバー印刷した。ヴァイニオはカトリ・ヘレナ(英語版)などほかの歌手音楽家のために歌詞書いた1965年、ヴァイニオの両親弟や妹ヘルシンキ転居同時にヴァイニオ一家エスポー転居、そこに25年上住んだ。1966年親友のオッリ・ミエッティネンが34歳死去した。 ヴァイニオの歌ミスタ・ロユダン・ユスタヴァン(Mistä löydän ystävän、「友達はどこで探すの」)、マーナンタイタンゴ(Maanantaitango、「月曜日タンゴ」)はヴァイニオが兵役に就前の1963年にカトリ・ヘレナによって録音されていた。ヴァイニオは軍から離れる前に作曲家音楽ジャーナリストのサウヴォ・プフティラ(フィンランド語版)(フィンランド大衆からは筆名のサウッキ(Saukki)で知られていた)と知り合いになり、プフティラはヴァイニオにフィンランド国営放送作詞家探していたことを教えた教師の職を辞めたかったヴァイニオはすぐにミュージシャンのレイノ・マルックラ(フィンランド語版)とともにサ・クールト・パイヴァーン・ヨカイセーン(Sä kuulut päivään jokaiseen、「あなたが毎日」)を創作(マルックラ作曲、ヴァイニオ作詞)、エイノ・グロン(英語版)が歌った結果この歌はヒットした。 ヴァイニオはムシーッキ=ファゼル(フィンランド語版)で働いた給料をもらいつつ、自分の歌も書いた彼は国際ヒットした歌をフィンランド語翻訳した例としてダニー英語版)のピーロパイッカ(Piilopaikka、「隠れ家」、原曲はゴット・ユア・トラブル(英語版))ザ・ファーストフィンランド語版)がブレイクした作品ニュト・メニ・ヘルモト(Nyt meni hermot、「今私は怒り狂っている」)などがある。ヴァイニオはスタジオで録音に度々遅れ、バンド会社怒らせた。ヴァイニオは30歳のとき、もっともよく知られる翻訳作品1つであるフレディ英語版)のコルマス・リンヤに沿って戻ってくるフィンランド語版)を書いた。ほかにもビートルズの「ペニー・レイン」を翻訳した、ペペ・ヴィルベルグ(英語版)のローペリーン(フィンランド語版)(「ローペリ(英語版)へ」)も成功収めた。ヴァイニオが翻訳した歌詞では舞台ヘルシンキとしたが、彼が歌詞書いたときは実はコトカのことを考えていたといわれている。 ほかの歌手のために歌を書くほか、ヴァイニオはソロ歌手として有名になった。彼は自身の歌を数曲作曲したが、自身歌手作曲家だと考えたことはなく、作詞家としか考えなかった。彼はまずペルッティ・メツァリンネ(フィンランド語版)のオーケストラとともにフム=ブーギエ」(Hum-Boogie)を録音した。彼が最初に録音した歌には1964年Jos vain saisin nastahampaan takaisin(「もし歯かんを取り戻せたら」)と1965年のSuolaa, suolaa, enemmän suolaa(「塩、塩、もっと塩を」)とJuhannustanssit(「真夏舞踏会」)であり、いずれもヴァイニオのデビューアルバムユハ・"ヴァット"・ヴァイニオ(フィンランド語版)に収録された。 1960年代中期、ヴァイニオはSellanen ol' Viipuri(「それがヴィープリ」)、Turistit tuppukylään(「小さな町に着く旅行者」)とエリク・リンドストロム(フィンランド語版)との共作Herrat Helsinginで成功収めた。しかし、フィンディスクがスカンディア=ムシーッキ(フィンランド語版)に売却されると、ヴァイニオとリンドストロム共作終結した。ヴァイニオは直後にサウッキの紹介を受けて作曲家のヤーッコ・サロ(フィンランド語版)と知り合った作曲家トイヴォ・カルキ(英語版)が1965年1月それまで一緒に歌を作った作詞家レイノ・ヘリスマー(英語版)を失うと、ヴァイニオは作詞家としてカルキとともに歌を創作するようになった1960年代末から1970年代初期にかけての有名な歌にはスオミ=ルオツィ(Suomi–Ruotsi、「フィンランド=スウェーデン」)と1971年リリースされたマトカラカスタヤ(Matkarakastaja、「旅する恋人」)だったが、後者批判遭った。ヴァイニオのアルバムのうち初期のものシングルコンピレーションだったが、1972年にははじめてスタジオアルバム録音した。このヴィーサリ・ヴァラハター(フィンランド語版)というアルバムにはカウニッサーリという歌が含まれているが、ヴァイニオは音楽生涯の中で数回カウニッサーリを録音した。カウニッサーリは次のアルバムトゥリン、ナイン・ヤ・ソイティン(フィンランド語版)(1975年、「来た見た演奏した」)にも含まれた。マトカラカスタヤもヴィーサリ・ヴァラハターも初期に発表された作曲だったが、ヴァイニオが精力的に作曲するうになるのは1970年代末のことだった。 1966年、ヴァイニオはヴェクシ・サルミ(英語版)とアーウィン・グッドマン(英語版)と知り合いになった。ヴァイニオ、サルミグッドマン3人はKansalle mitä kansa haluaa(「人々欲しいものを」)というサマーツアーを行ったが、ヴァイニオはアルコール中毒演奏できる状態になかった。1968年、ヴァイニオとレイヨ・タニはユハ・"ヴァット"・ヴァイニオとレイヨ・タニ(フィンランド語版)というシングルコンピレーションアルバム発売した。このアルバムにはヴァイニオのカウヘア・カンックネン(Kauhea kankkunen、「酷い二日酔い」)と「年老いた密輸入ライティネン」(Vanha salakuljettaja Laitinen)が含まれているが、いずれもトイヴォ・カルキ(英語版)との共作である。そのうち後者はヴァイニオの親友ケイヨ・ライティネン(フィンランド語版)に因んで名づけられた。1970年にはグンナル・マットソン(英語版とともにコズリ(英語版)を書くようになった

※この「突破」の解説は、「ユハ・ヴァイニオ」の解説の一部です。
「突破」を含む「ユハ・ヴァイニオ」の記事については、「ユハ・ヴァイニオ」の概要を参照ください。


突破(end of the road)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:55 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事における「突破(end of the road)」の解説

偶然訪れたアンブレラ開発センター研究員らと遭遇し崩壊迫る街からの脱出手段あることを知る。研究所から地下下水道ラクーン市街抜けて脱出目指す前半タイラント起動主な目的となり、タイラント起動後は研究所出口を、タイラント暴走した後は追撃をかわしながら市街へと向かうことになる。下水道タイラント倒したか否かにより、ルート変化する市街では地雷仕掛けられていたりU.B.C.S.隊員狙撃されたりと、難易度非常に高い研究所所員リンダ助けたかによってエンディングが変化するほか、ヘリ脱出するルートトラック脱出するルート存在するボスニュクスまたはタイラントR

※この「突破(end of the road)」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の解説の一部です。
「突破(end of the road)」を含む「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:55 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事における「突破」の解説

リンダ アンブレラ女性研究員試薬サンプル持ち帰るために研究所訪れタイラント起動した後は出口から脱出しようとするが、突如現れたタイラントによって地下突き落とされてしまう。 その後プレイヤー発見され試薬についての情報を語るも今度濁流流されてしまう。 その後、なんとか市街に出るもアップルイン道路狙撃され重傷負い、アップルインホテルに隠れており、彼女自身生還させたか否かエンディング大きく関わり生還した場合ラクーンシティ脱出後にヨーコと共にアンブレラ社のことを裁判所証言したカーター アンブレラ研究員リンダ同じく試薬サンプル取り来ており、研究所入り口ゾンビ襲われるデビット助けられるその後研究所内を徘徊するハンター掃討するためプレイヤーMOディスク解析依頼、そのディスク護衛用のタイラント起動させた。「タイラントには爆薬仕込んであり、いざとなったらスイッチ一つ即座に始末できる。奴は便利な道具だ、存分に利用させてもらうよ」と豪語していたが、リンダ待っている出口来た際に後ろから暴走したタイラント襲われ起爆スイッチを使う間もなく悲惨な最期迎えたロドリゲス 声 - ラリー・レオン アンブレラ特殊部隊U.S.S.第二分隊隊長で、サングラスをかけている。 リンダとは協力関係にあったらしく、核攻撃寸前までリンダ待ち続けていた。ニュクス入ったカーゴ奪取したことでアンブレラ内での権限をすべて剥奪され別働隊であるU.B.C.S.抹殺命令下っていたが、カーゴ奪取した理由明らかにされていない時間内にプレイヤーヘリにたどり着くことでカーゴ奪取には成功するが、時間内にたどり着けない場合ルート変化し1人ヘリ発進させた後にトミーによってカーゴ落とされてしまう。 アーノルド アンブレラ私設部隊U.B.C.S.隊員PSG-1狙撃銃愛用し市街地地雷仕掛けたり遊び感覚ゾンビ狙撃したりと残忍な性格持ち、またリンダ狙撃したのも彼自身で、更にはプレイヤーに対して容赦なく狙撃してくる。 ニュクスカーゴ奪還ロドリゲス暗殺任務にあたっていたが、による滅菌作戦「コード・ダブルエックス」の存在知りトミー見限って街から逃走したその後の動向不明であるトミー・ニールセン アンブレラ職員で、ラクーンシティ内に存在するカーゴドックの管理担当していた。 ロドリゲスによってニュクス封入したカーゴ奪取されそうになり、U.B.C.S.隊員引き連れてロドリゲス行方追っていた。 自身の立場優先する性格で、任務成功のためにアーノルドに対して口うるさく指示したり、街にミサイル撃ち込まれる重大なことをアーノルド一切知らせていないなど、自身の立場のためならばU.B.C.S.隊員達も捨て駒しようとする姿から、冷酷かつ非道な人物として描かれる一方でアンブレラ側では上司から職位維持条件ロドリゲス抹殺強要されるなど小物近く最終的には部下アーノルド見限られる。その後ルートによっては非戦闘員ながら自らロケットランチャー使いロドリゲスヘリ撃ち落とそうとする命中はしなかったものの、ロドリゲス回避行動をとった際のはずみで鎖が外れてコンテナ落下し結果的にニュクス奪還成功するその後行方不明である

※この「突破」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の解説の一部です。
「突破」を含む「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の概要を参照ください。


突破

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:07 UTC 版)

カメネツ=ポドリスキー包囲戦」の記事における「突破」の解説

1944年3月27日第1装甲軍前衛ズブルチ川向けて西進開始しその後に将兵200,000名、そして最後尾に敵の追撃打ち払う後衛部隊がついた。前衛部隊攻撃成功して迅速にジブルチ川上架かる3つの占領したが、南から包囲網奥深く侵入したソビエト第4戦車軍によって、カメネツ・ポリドスキーを失ったこの道路と鉄道網中心損失により、脱出するドイツ軍は街の迂回余儀なくされ、撤退速度大幅に遅くなった。ドイツ軍はすぐにこの街に対して反撃行いソビエト赤軍分断、町を奪還し撤退再開した昼夜を問わず部隊動き続け、すぐに橋頭堡セレト川上に形成された。 第1装甲軍西へ脱出している間、ソビエト赤軍ジューコフコーネフ両将は第一装甲主力以前攻撃が行われた南へ向かう信じ続けていた。ジューコフ縮小される包囲網北側面、東側面への攻撃命令したこれらの攻撃はほとんど何も達成することなくドイツ軍プロスクロフまで撤退したとき、赤軍部隊多くはまだすでに独軍放棄された陣地乗り込んだけだった西への突破攻撃の報はすでに届いていたが、赤軍首脳決し行われることのないドイツ軍の攻撃予想しており、包囲網南部部隊増派続けた3月30日マンシュタイン陸軍総司令部より南方軍集団司令官から解任されたことを伝達された。以前から続いていた激しい議論ヒトラー許していなかったためであった。フーベは独力で仕事成し遂げなければならなくなった翌日第4戦車軍の強力な機甲部隊はセレト、ジブルチ間で北方攻撃開始した南側独軍部隊転進赤軍攻撃阻止その後補給線分断してソビエト軍T-34部隊停止させた。ドイツ軍による包囲突破を真剣に受け止めていたにもかかわらず脱出経路見誤ったことからジューコフドイツ軍脱出路を塞ぐことに失敗テルノーピリへの道はまだ開いていた。

※この「突破」の解説は、「カメネツ=ポドリスキー包囲戦」の解説の一部です。
「突破」を含む「カメネツ=ポドリスキー包囲戦」の記事については、「カメネツ=ポドリスキー包囲戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「突破」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

突破

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:50 UTC 版)

名詞

(とっぱ)

  1. 困難障害突き破ること。
  2. 検問所関門などを強引通過すること。
  3. 正面から攻撃して打ち破ること。
  4. ある数量超えること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
突破-する

「突破」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

突破のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



突破のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの突破 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機動戦 (改訂履歴)、白夜極光 (改訂履歴)、ブギーポップシリーズ (改訂履歴)、スペシャルフォース2 (改訂履歴)、ユハ・ヴァイニオ (改訂履歴)、バイオハザード アウトブレイク ファイル2 (改訂履歴)、カメネツ=ポドリスキー包囲戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの突破 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS