こえるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > こえるの意味・解説 

こ・える【肥える】

読み方:こえる

[動ア下一[文]こ・ゆ[ヤ下二

人や動物のからだによく肉がついて、太る。からだつきふっくらとする。「丸々と—・えた子犬」「—・えて脂ののった秋鯖」⇔やせる。

地味が豊かになる。「—・えた土地」⇔やせる。

経験を重ねて物事のよい悪いなどを感じ分ける力が豊かになる。「口が—・えている」「目が—・える」

資産など増えて大きくなる。「特需景気で—・えた企業

「肥える」に似た言葉

こ・える【越える/超える】

読み方:こえる

[動ア下一[文]こ・ゆ[ヤ下二

越える)物の上・間境界などを通り過ぎて向こうへ行く。「打球フェンスを—・える」「山を—・え、また谷を—・える」「海を—・えてきた便り」「国境を—・える」

越える)区切りとなるある日時が過ぎる。時を経過する。「—・えて翌年春を迎える」「齢(よわい)八〇を—・える」

ある基準数量上回る超過する。「四万人を—・える観衆」「危険水位を—・える」

地位段階などで、順序とばして先になる飛びこす。「先輩を—・えて重役になる

他のものよりすぐれる。ぬきんでる。「力量が衆を—・えている」

ある考え主義とらわれず先に進む。また、ある基準・範囲の外まで出る。超越する。「互いに立場を—・えて手を結ぶ」「想像を—・える」「常識を—・える」

規則やきまりに外れる。「矩(のり)を—・えず」


こえる

大阪弁 訳語 解説
こえる ふとる
put on waight;
gain waight
肥える栄養取り込んで大きくなる太くなる動物以外に、人に対しても使う。あんたも肥えてきたなあ、やせなあかんなあ。


こえる【肥える】

品詞動詞
標準語》太る。ほとんど「こえる」も標準語ですね。
用例》「ちいと肥えたけえ、ダイエットしょう」(ちょっと太ったから、ダイエットしよう)。
用例》「宮沢りえちゃんは、肥え気味のほうがええなあ」(宮沢りえちゃんは、太り気味ほうがいいなあ)。
用例》「あのよう肥えたタレント女優は、なんでやせんだあ」(あのよく太ったタレント女優は、なぜ痩せないんだい)。太っているのだけが取り柄だったりして・・。
参照動詞活用表(こえる)

こえ・る【肥える】

方言味・解
こえ・る【肥える】自動下一)太る。

こえる

出典:『Wiktionary』 (2021/07/22 06:33 UTC 版)

語源

古典日本語「こゆ」

動詞・越、超、踰

こえる越える超える踰える

  1. 【越】障碍境界通り過ぎて向こうへ行く。
  2. 【越】ある日時過ぎる
  3. 【超、越】相手下位落とし自分上位に立つ。
  4. 【超、越】ある基準上回る
  5. 【超、越】段階省略して先へ進む
  6. 【踰】道義規則から外れる

活用

発音(?)

東京アクセント
こ↗える
京阪アクセント
↗こえる

動詞・肥

こえる肥える

  1. 人や動物太っがつく。
  2. 地味豊かになる。
  3. 良し悪し識別する能力備わる
  4. 資産増える

活用

発音(?)

東京アクセント
こ↗え↘る
京阪アクセント
こえ↗る














※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「こえる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

こえるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS