フェンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > フェンスの意味・解説 

フェンス【fence】

読み方:ふぇんす

柵(さく)。塀。

野球で、グラウンドを囲む仕切り塀。「オーバー―」

「フェンス」に似た言葉

フェンス

用途異な2つ空間分けるために境界線設けたり二階などから転落するのを防ぐために設ける柵。

フェンス

作者すすき野愛子

収載図書さよなら
出版社近代文芸社
刊行年月1999.11
シリーズ名現代日本短編作家シリーズ


フェンス

名前 Fønss

(フェンス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 09:07 UTC 版)

(さく、: fence フェンス)とは、


  1. ^ a b c 広辞苑第六版「柵」
  2. ^ a b c d 牧柵の設置”. 独立行政法人 家畜改良センター. 2020年5月1日閲覧。
  3. ^ 電気牧柵(心理柵)の設置のいろは”. 大分県. 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 防護柵の種類と効果的な設置法”. 農林水産省. 2020年3月2日閲覧。
  5. ^ a b 防護柵の設置基準”. 国土交通省. 2020年3月2日閲覧。
  6. ^ 防護柵の設置基準・同解説【平成10年11月(社)日本道路協会】
  7. ^ 防風設備の手引き”. 国土交通省. 2020年3月2日閲覧。
  8. ^ 新潟県道路施設維持管理計画 ガイドライン”. 新潟県. 2020年3月2日閲覧。


「柵」の続きの解説一覧

フェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:59 UTC 版)

阪神甲子園球場」の記事における「フェンス」の解説

前述の通り外野フェンス独特の形状となっており、特にファウルポール際はクッションボールの処理が難しい。フェンスの構造ラバーと金網の組み合わせという一般的なものだが、ラバー2004年から太陽工業製のメジャー風の厚いものとなっており、ラバー最上部打球跳ねることも多い。なおアルプススタンド部分ラバー2009年より帝人ファイバー製 である。現在のラバーにする以前にラバー最上部打球跳ねることがあり、ラッキーゾーン撤去元年にはいわゆる幻のホームラン事件起こりルール新たな取り決め加えられた。外野フェンスの高さは公表されていないが、沢政義は2.6m(ラバー部1.9m, 金網部0.7m)としているほか、3.0mとされることがある

※この「フェンス」の解説は、「阪神甲子園球場」の解説の一部です。
「フェンス」を含む「阪神甲子園球場」の記事については、「阪神甲子園球場」の概要を参照ください。


フェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:06 UTC 版)

野球場」の記事における「フェンス」の解説

外野及びファウルゾーン設けグラウンドグラウンド外とを区切る柵。コンクリートパネルや金網などが用いられる野手がフェンス際の打球取り出て衝突した際に怪我をしないよう安全対策としてコンクリート部分には発泡ラバー発泡ウレタンポリエステル不織布などの素材造られ緩衝材被せているところが多い。 抜ければ長打になるかという打球を、外野手がフェンスに衝突し転倒しながらも捕球することがある。また本塁打性の打球を、外野手背走してフェンス際でグラブ差し出して捕球したり(フェンスに達すれば打者走者二塁にまで進んでしまう事は確実)、時にはフェンスによじ登って捕球したりと、身を挺して本塁打を防ぐこともある。こうした好プレー外野手見せ場一つでもある。 かつて日本国内にはフェンスに緩衝材設けていなかった野球場数多くプロ本拠地でも対策立ち遅れていた。1977年4月29日川崎球場開催され大洋ホエールズ阪神タイガース9回戦で、左翼への飛球追った阪神佐野仙好がフェンスのコンクリート部に頭を強打し重傷負ったことがきっかけで、プロ本拠地にはラバーフェンスの設置義務付けられた。1988年以降は、フェンスに緩衝材設置されていない野球場では地方所在するものも含めプロ野球試合一切開催できない取り決められており、現在はアマチュア野球公式戦多くも、緩衝材設けられている野球場行われている。 西武ドーム長野オリンピックスタジアムなどファウルゾーン内にブルペン設けている野球場では、グラウンド間を金網フェンスなどで区切っているところがある。このうち西武ドームでは2001年6月20日開催され西武ライオンズ大阪近鉄バファローズ16回戦で、一塁ファウルゾーンへの飛球追った西武平尾博嗣ブルペンのフェンスに衝突した際、右足スパイク金網引っ掛けて足首強く捻り複雑骨折する重傷負ったのがきっかけで、同年オフブルペンのフェンス下部をラバーフェンスに改修している。しかし地方球場ブルペン付近のフェンスは現在も、地面まで金網となっているところが多い。 アメリカでも、リグレー・フィールド外野フェンスには緩衝材設けられていないが、フェンスの壁面ツタ植栽して代用している。

※この「フェンス」の解説は、「野球場」の解説の一部です。
「フェンス」を含む「野球場」の記事については、「野球場」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェンス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フェンス

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 01:44 UTC 版)

名詞

  1. かこい, さく垣根ほり

語源

翻訳


「フェンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フェンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェンス」の関連用語

フェンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの阪神甲子園球場 (改訂履歴)、野球場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフェンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS