繊維強化プラスチックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 合成樹脂 > 繊維強化プラスチックの意味・解説 

せんいきょうか‐プラスチック〔センヰキヤウクワ‐〕【繊維強化プラスチック】


繊維強化プラスチック

英語 fiber reinforced plastic

各種繊維強化したプラスチック複合材料のこと。FRPともいう。大別すると熱硬化性熱可塑性があり、補強材繊維母材樹脂組み合わせ多種多様のものが開発されている。補強繊維代表的なものはガラス繊維で、そのほか炭素繊維アラミド繊維などがある。母材としての樹脂には、熱硬化性では不飽和ポリエステルなどが、熱可塑性ではポリプロピレンポリエチレンポリスチレンナイロンなどが使われている。FRPは、非強化のものに比べ機械強度向上、熱変形温度の上昇、寸法安定性の向上などの特徴を有し、自動車で、はエアダムなどのエアロパーツレーシングカー車体や、ヘッドカバー燃料タンクなどにも使われている。

参照 FRP
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

FRP(エフアールピー)

【別称】繊維強化プラスチック
スペル】FRP
Fiber Reinforced Plastics頭文字取った略称。日本語でいうと繊維強化プラスチック。カウルなどに使われる、ガラス繊維補強された素材鉄板などに比べる衝撃には弱いものの、軽量であることが利点手作り成形できるので、生産個数少なパーツ利用される。

繊維強化プラスチック(FRP)

Fiber Reinforced Plasticsの略で、ポリエステル系、エポキシ樹脂系、フェノール樹脂系などの熟硬化樹脂ガラス繊維などの補強材強化した樹脂総称

繊維強化プラスチック

炭素繊維アラミド繊維などの高強度の新素材束ねて、PC鋼材代わりなどに用いられる補強材の事。その性状として、錆びない、軽量という利点有するが、弾性係数鋼材2/3~1/5と小さく破断に至るまでの伸び能力鋼材の1/4~1/15小さいためRC構造主筋に用いるとひび割れ変形大きくなるまた、耐火性劣り高価である。

繊維強化プラスチック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/17 23:17 UTC 版)

繊維強化プラスチック(せんいきょうかプラスチック、: Fiber Reinforced PlasticsFRP)とは、エポキシ樹脂フェノール樹脂などに、ガラス繊維炭素繊維などの繊維を複合して強度を向上させた強化プラスチックである。


  1. ^ : fiber reinforced thermo plastics
  2. ^ 樹脂を浸透させるという補修法もある。


「繊維強化プラスチック」の続きの解説一覧



繊維強化プラスチックと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「繊維強化プラスチック」の関連用語

繊維強化プラスチックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



繊維強化プラスチックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2021 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2021 住友大阪セメント All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繊維強化プラスチック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS