性状とは? わかりやすく解説

せい‐じょう〔‐ジヤウ〕【性状】

読み方:せいじょう

物の性質と状態。また、人の性格と行状。「変わった―の持ち主


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 02:47 UTC 版)

MSコンチン」の記事における「性状」の解説

性状・剤形オレンジ色の丸いフィルムコーティング錠で、無臭である。 日本標準商品分類番号:878114 再審査結果公表年月最新):1993年9月MSコンチン錠10mg, MSコンチン錠30mg) 薬効分類名:持続性疼痛治療通常成人1日20~120mgを2回に分けて経口服用する初回量は10mgとするのが望ましく症状に応じて分量増減する

※この「性状」の解説は、「MSコンチン」の解説の一部です。
「性状」を含む「MSコンチン」の記事については、「MSコンチン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/28 09:53 UTC 版)

ムギワラギク」の記事における「性状」の解説

草丈は1m位になるが、50cmくらいの矮性種もある。堅く細長く、つぶすとスパイスのような香りがある。花は、秋まきでは5月から6月に、春播きでは7月から8月にかけて咲き、単生で花径は3~5cmある。他のキク科植物と同じ頭状花序であるが、花びらのように見える部分は、舌状花ではなく総苞片といい、さかなのようである

※この「性状」の解説は、「ムギワラギク」の解説の一部です。
「性状」を含む「ムギワラギク」の記事については、「ムギワラギク」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/13 16:05 UTC 版)

ギンヨウエニシダ」の記事における「性状」の解説

モロッコ原産の、樹高4メートルくらいになる常緑の低木青み帯びた白色絨毛覆われており、動物の耳のような感触がある。一年2mほども伸びることがあるが、直径1センチ満たない細さで、ひどく華奢であるため、風に良く揺れる。小さく羽状の浅い切込みがある。花は6月ころに開花し小さな黄色い蝶形花20-30輪からなる長さ10cmくらいの総状花序で、パイナップルまたはびわの実のような香りがある

※この「性状」の解説は、「ギンヨウエニシダ」の解説の一部です。
「性状」を含む「ギンヨウエニシダ」の記事については、「ギンヨウエニシダ」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 02:56 UTC 版)

センジュギク」の記事における「性状」の解説

メキシコ原産一年草で、草丈は普通60〜100cmになるが、30cmくらいの矮性種もある。直立し最初の花を咲かせ後はよく分枝する対生し、羽状複葉で、つぶすと青臭いような独特の臭気がある。花は5月から霜が降るまで咲き現在では直径10cmを超える大輪のものが多く八重咲きで、花色鮮やかな黄色またはオレンジ色である。高温多湿にやや弱い。

※この「性状」の解説は、「センジュギク」の解説の一部です。
「性状」を含む「センジュギク」の記事については、「センジュギク」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 07:31 UTC 版)

桔梗石膏」の記事における「性状」の解説

淡褐色褐色細粒で、特異な匂いがあり、味はやや酸味がある

※この「性状」の解説は、「桔梗石膏」の解説の一部です。
「性状」を含む「桔梗石膏」の記事については、「桔梗石膏」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 09:33 UTC 版)

ブルークローバー」の記事における「性状」の解説

耐寒性または半耐寒性常緑多年草で、草丈は10cmくらいである。匍匐て広がる。クローバーのように3裂し、細かい鋸歯がある。普通冬から初夏にかけて開花し直径1〜2cmの花が単生する。花はエンドウ豆などに似た蝶形花で、濃い青紫色である。

※この「性状」の解説は、「ブルークローバー」の解説の一部です。
「性状」を含む「ブルークローバー」の記事については、「ブルークローバー」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/24 05:32 UTC 版)

トリエチルアミン」の記事における「性状」の解説

トリエチルアミンは、常温では強アンモニア臭を持つ無色揮発性のある液体である。強塩基性で、に18.7未満では混和、18.7上では僅かにとける。アルコールアセトンベンゼンクロロホルムに易溶。引火点は-6.7で、爆発限界下限1.2%と低く、非常に引火しやすい。様々な有機溶媒可溶あるため有機合成において用いられる代表的な塩基である。酸類強酸化剤と反応し分解する過マンガン酸カリウムとは容易に反応して酸化され、アンモニア酢酸硝酸分解するまた、燃焼際にアンモニア発生するため、火災起こった場合危険度が高い。日本では消防法により危険物第4類引火性液体第1石油類 非水溶性液体)に分類されている。

※この「性状」の解説は、「トリエチルアミン」の解説の一部です。
「性状」を含む「トリエチルアミン」の記事については、「トリエチルアミン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 14:00 UTC 版)

カンパニュラ」の記事における「性状」の解説

北半球温帯から冷帯広い範囲分布し全部で300種ほどある。すべて草本で、大半は多年草だが、1,2のものも少数ある。草丈は30cmから2mくらい。ロゼット型の根生葉があり、につく互生するには様々な形がある。花は晩春から夏にかけて咲くものが多く総状花序または穂状花序をなし、釣り鐘型の3 - 8cmくらいの花を数輪から数十咲かせる花色は、青や紫または白が多いが、ピンク色のものもある。横向きに咲くものが多いが、受け咲き下向き咲きのものもある。欧米園芸辞典には50種以上が掲載されているが、日本栽培されているのは数種である。

※この「性状」の解説は、「カンパニュラ」の解説の一部です。
「性状」を含む「カンパニュラ」の記事については、「カンパニュラ」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 04:28 UTC 版)

テンジクアオイ属」の記事における「性状」の解説

多年草や半低木のものが多いが、一年草もある。また、多肉植物匍匐性蔓性なるものがある。約230種が知られており、種の大部分は亜熱帯熱帯分布し半耐寒性のものが多い。は普通対生または螺旋状につき、単葉で、掌状もしくは羽状切れ込み鋸歯あるもの多く無毛のものと有毛のものがあり、強いにおいのあるものが多い。花は直立した先につき、5花弁があり、がくも5裂する。花の色は、赤・ピンク白・藤色・紫・オレンジ色サーモンピンクなどがあり、絞り覆輪星形模様などの複色花もある。一部八重咲き品種もある。ほとんどの園芸種は、南アフリカ原産いくつかの原種交配によって作成されたもので、約20の種から数千品種作られている。ヨーロッパにはプラントハンターフランシス・マッソンにより18世紀南アフリカから持ち込まれた。

※この「性状」の解説は、「テンジクアオイ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「テンジクアオイ属」の記事については、「テンジクアオイ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 00:21 UTC 版)

シネオール」の記事における「性状」の解説

無色から淡黄色澄明液体で、樟脳似たさわやかな匂いすっきりした味を持つ。大気に触れると次第褐色呈し一部樹脂化する。 IUPAC系統名は、p-メンタンから誘導すると1,8-エポキシ-p-メンタン (1,8-epoxy-p-menthane) である。

※この「性状」の解説は、「シネオール」の解説の一部です。
「性状」を含む「シネオール」の記事については、「シネオール」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 00:03 UTC 版)

ツゲ属」の記事における「性状」の解説

ツゲ変種であるクサツゲのように、樹高30cm足らずのものもあるが、おおむね樹高メートル常緑低木または小高木である。はよく分枝する革質光沢があり、全縁対生する小さなものが多い。花は雌雄同株で、一つ雌花数個の雄花が取り囲むようにつき、花弁はなく、あまり目立たない

※この「性状」の解説は、「ツゲ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ツゲ属」の記事については、「ツゲ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 04:34 UTC 版)

クラミジア・トラコマチス」の記事における「性状」の解説

直径約300nmの球形である。約1040kbの環状DNAを持つほか、7.5kbのプラスミドを持つ。 他の感染性を示すクラミジア見られないものとして、グリコーゲン葉酸合成するということがある。 性状の違いから生物型LGV生物型Trachoma生物型Mouse大きく3つの生物型分けることができる(ただし生物型Mouse別種という説あり)。ヒト病原性を示すのは生物型LGV生物型Trachoma2種である。血清型はA,B,Ba,C,D,D7,E,F,G,H,I,I',J,K,L1,L2,L2',L318ある。

※この「性状」の解説は、「クラミジア・トラコマチス」の解説の一部です。
「性状」を含む「クラミジア・トラコマチス」の記事については、「クラミジア・トラコマチス」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 09:35 UTC 版)

ダイコンソウ属」の記事における「性状」の解説

草丈は30cmから1mくらい。へら形のロゼットには大根似た羽状切れ込みがあり、に付く互生し浅く3裂するものが多い。花は普通は初夏に咲くが、園芸種には5月から8月まで咲き続けるものもある。花は1.5-3cmくらいの5弁花だが、園芸種には八重咲きものがある花色は、赤と橙色が多いが、白や紫のものもある。

※この「性状」の解説は、「ダイコンソウ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ダイコンソウ属」の記事については、「ダイコンソウ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 08:03 UTC 版)

ピコルナウイルス科」の記事における「性状」の解説

本科属すウイルスは、一本プラス鎖RNAゲノムとして持つRNAウイルスである。小さなRNA(pico-rna)を持つという意味名付けられた。エンベロープ持たず直径22-30nm、正20面体カプシドを持つ。エーテルには耐性であり、酸(pH3.0以下)でも安定である。ウイルスの増殖細胞質内で行われる

※この「性状」の解説は、「ピコルナウイルス科」の解説の一部です。
「性状」を含む「ピコルナウイルス科」の記事については、「ピコルナウイルス科」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 03:35 UTC 版)

エマルジョン燃料」の記事における「性状」の解説

A重油エマルジョン燃料外見カフェオーレ色、C重油エマルジョン黒色灯油・軽油エマルジョン燃料乳白色液体。本来は分離してしまう水粒子を油の膜層が界面活性剤介在してくるんでいる。 エマルジョン燃料製造工程上、A重油混合したエマルジョン燃料であればA重油成分含んだエマルジョン燃料になる。よって廃油であれば廃油性質C重油であればC重油性質灯油であれば灯油性質、というようにエマルジョン燃料性質混合する燃料によって様々である

※この「性状」の解説は、「エマルジョン燃料」の解説の一部です。
「性状」を含む「エマルジョン燃料」の記事については、「エマルジョン燃料」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 10:02 UTC 版)

カッコウアザミ属」の記事における「性状」の解説

メキシコ原産の、半耐寒性常緑多年草または亜灌木であるが、園芸上は播き一年草としている。草丈は、F1一代交配種)の矮性種15〜20cm、切り花用種や四倍体の「ブルーミンク」などは、70cmくらいになる全草に粗い毛が生えている。直立だが、根元からよく分枝し匍匐状になることもある。直径10cmくらい、ほぼ円形対生する。花は、1cm位の頭花円錐状に十数輪またはそれ以上まとまって咲く。花の色は明る青紫基本であるが、白やうす桃色品種もあり、最近かなり濃い紅色のものも出ている。

※この「性状」の解説は、「カッコウアザミ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「カッコウアザミ属」の記事については、「カッコウアザミ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/25 14:36 UTC 版)

マリーゴールド」の記事における「性状」の解説

一年草が多いが、一部多年草亜灌木もある。は高さ30〜120cm、は濃い黄緑色羽状複葉対生する全草に特有の臭気あるものが多い。4〜10月にかけて継続的に新たな発生し直径2~5cmぐらいの鮮やかな黄・橙暗赤色などの美し花が咲く咲いた花は1~2週間萎れ、自然落下(または指で摘花)するが、1株複数発生している次々に開花し1株としては4~10月まで花が咲き続ける。10月以後枯れがあり、11月になると種の寿命限界全ての枯れる。近年改良されたセンジュギク一代交配種では、花径が15cmに達するものもある。 観賞目的栽培普通であるが、根に線虫防除効果があるのでコンパニオンプランツとして作物の間などに植えられることもある。線虫防除効果は、植物自身の合成するα-terthienylをはじめとした化合物よるものとの説が有力だが、共生する線虫捕食菌働きのためだという説も浮上している。 異臭激しく有毒植物誤解されていた時期もある。ジョン・ジェラードは、花を噛んだ少年の唇が炎症起こした猫に与えたところ、死んでしまった、などの話を伝えている。ウィリアム・ハンベリー(William Hanbury)も匂い不快であると言及し、ジョン・パーキンソンは、花の色など見た目美しさなかったら庭に植えられる事は無かっただろうと推測している。嫉妬象徴みなされることもある。

※この「性状」の解説は、「マリーゴールド」の解説の一部です。
「性状」を含む「マリーゴールド」の記事については、「マリーゴールド」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:31 UTC 版)

ロジン」の記事における「性状」の解説

常温では、黄色から褐色透明性のあるガラス様の固体である。樹液としての松脂(生松脂)にはテレピン油などの常温液体揮発性成分含まれ揮発性成分蒸発してしまうと固まってロジンとなるが、これにはピッチ分なども含むので、近代的な化学設備蒸留精製したものとは成分異なる。粉末加工する淡黄色から黄色であるが、熱を受けて容易に固結する。 純度原料樹種製法などによって性状が異なるが、一般的に75 前後軟化し、約100 を超える液体となる。貿易では、熱い液状ドラムに詰め、冷え固まった状態で輸出されている。 可燃性で、黒煙出しながら燃える。 アルコールエーテルベンゼンクロロホルム可溶不溶

※この「性状」の解説は、「ロジン」の解説の一部です。
「性状」を含む「ロジン」の記事については、「ロジン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 21:08 UTC 版)

インスリン製剤」の記事における「性状」の解説

速効インスリンヒトインスリン亜鉛加えて六量体化させた澄明製剤である。 NPHインスリン速効インスリンプロタミン亜鉛加えて結晶化させた製剤であり、白濁している。 その他の超速効型、持効型インスリン澄明であるが、プロタミンとの混合製剤中間型化)は白濁している。

※この「性状」の解説は、「インスリン製剤」の解説の一部です。
「性状」を含む「インスリン製剤」の記事については、「インスリン製剤」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 05:39 UTC 版)

ジエチルアミン」の記事における「性状」の解説

無色アミン臭を持つ可燃性液体水やエタノール自由に混和し強塩基を示すジエチルアミン腐食性持ち皮膚に触れるひりひりした化学火傷起こしたりすることがある日本では消防法により危険物第4類引火性液体第1石油類 水溶性液体)に分類されている。

※この「性状」の解説は、「ジエチルアミン」の解説の一部です。
「性状」を含む「ジエチルアミン」の記事については、「ジエチルアミン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:32 UTC 版)

ヒトパピローマウイルス」の記事における「性状」の解説

エンベロープ持たない環状構造二本鎖DNAウイルス全世界的に古くから存在していた[要出典]。2016年現在180以上のHPV遺伝子型分類されており、生殖器粘膜感染する40以上の型が知られており、そのうち子宮頸癌発症関わる高リスクHPVとして少なくとも15の型が知られていて、なかでもHPV16は全世界の子頸癌の約50%から検出されている。正20面体カプシド覆われており、遺伝子サイズは種類により異なるがだいたい約8,000塩基ほどで、8から9のオープンリーディングフレームORF蛋白コードしていると推定される遺伝子。しかしその遺伝子産物同定されていない)を含んでいる。欧米の子頸癌でよく発見される16HPVの場合、初期遺伝子 (E1,E2,E4,E5,E6,E7) と後期遺伝子L1L2)というORFを持っている。その中で特にE6E7発癌関与している考えられている。 E6がん抑制遺伝子であるp53結合し分解することで発癌寄与している。E6それ以外にもhTERTの再活性化PDZドメインを持つたんぱく質分解することで発癌寄与している。E7p53と同様がん抑制遺伝子であるpRb結合分解不活化することでpRb結合している転写因子であるE2F遊離し活性化することで発がん寄与している。それ以外にもE7cdk阻害因子であるp21p27相互作用することで発癌寄与している。 それ以外ウイルスコードするタンパク質ではE1DNAヘリカーゼ活性有しE2結合することでウイルスゲノム複製関与しているE2E1と同様ウイルスゲノム複製関与するが、ウイルス遺伝子発現調節関わるLCR (Long Control Region) 上に結合ドメインがあり、初期遺伝子発現調節(特にE6E7に関わっている。E4サイトケラチンネットワーク崩壊E5EGFR活性化などが報告されているが、これらのウイルスタンパクの明確な機能明らかにされていないL1L2はカプシドタンパクでL1のみでウイルス様粒子形成できることが知られている後半記述しているGardacilやCervarixなどはいくつかの型のL1をもとに作製したワクチンである。L2キャプシド形成補助的に働いていることが知られている通常ウイルス自己の複製促すため感染細胞の増殖能を上げるために分化抑制することが多いが、HPVゲノム複製は分依存的行われるそのため、単層培養系ではウイルスのライフサイクル再現することが出来ず、純培養不可能なウイルスである。

※この「性状」の解説は、「ヒトパピローマウイルス」の解説の一部です。
「性状」を含む「ヒトパピローマウイルス」の記事については、「ヒトパピローマウイルス」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 15:00 UTC 版)

インフルエンザ菌」の記事における「性状」の解説

ヘモフィルス属グラム陰性桿菌である。フィラメント状や球菌状の形態呈する多形性という性質がある発育因子としてX因子ヘミン)とV因子NAD)の両方必要とするヘミン(hemin)を要求することは属名 (Haemophilus) の由ともなっている。通常はブレインハートインフュージョン等の培地ヘミンNAD、または羊脱線血液加えて培養する生物型ではI - VII型までの8つ分類されこのうちII型III型莢膜持たない莢膜血清型a - fの6型に分けられる血清型bの莢膜構成成分である莢膜多糖抗原 (phosphoribosylribotol phosphate) は病原因子として重要である。 非莢膜血清型分類できないという意味でnon-typable(NT)とも呼ばれる。これに学名Haemophilus influenzae頭文字略した"Hi"をつけて、b型Hib、非莢膜をNTHiなどと略すこともある。

※この「性状」の解説は、「インフルエンザ菌」の解説の一部です。
「性状」を含む「インフルエンザ菌」の記事については、「インフルエンザ菌」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 03:01 UTC 版)

メセン」の記事における「性状」の解説

大半は南アフリカ原産だが、一部オーストラリア・ニュージーランド・カナリア諸島アラビアなどに原産するものがある茎と葉合体して玉状や鞍状の固まりになり、それが分裂して、横へ広がって生育して行く。花弁はなく、仮雄蘂花弁状に変化したものが放射状に多数あり、菊やサボテンの花に似ている。半耐寒性暑さに弱い

※この「性状」の解説は、「メセン」の解説の一部です。
「性状」を含む「メセン」の記事については、「メセン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 13:39 UTC 版)

ヘリアンフォラ属」の記事における「性状」の解説

根での水分吸収はあまり行わないらしく、栽培下ではほとんど根無しの状態で生育変化はない。むしろからの水分吸収重要で乾燥した空気にさらすとすぐにしなびる

※この「性状」の解説は、「ヘリアンフォラ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ヘリアンフォラ属」の記事については、「ヘリアンフォラ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 06:42 UTC 版)

リパスジル」の記事における「性状」の解説

白色ないし黄白色粉末ジメチルスルホキシドに易溶解にはやや溶けやすく、エタノールには難解分子量395.88、融点255度(分解)。製剤1mLリパスジル塩酸塩水和物 4.896mgを含む(リパスジルとして4.0mg)。製剤としての浸透圧比は1。添加物として無水リン酸二水素ナトリウムグリセリン水酸化ナトリウムベンザルコニウム塩化物液を含有する

※この「性状」の解説は、「リパスジル」の解説の一部です。
「性状」を含む「リパスジル」の記事については、「リパスジル」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 22:35 UTC 版)

レダマ」の記事における「性状」の解説

地中海沿岸日当たり水はけ良い、特に砂地多く分布している低木で、樹高は2~4メートルくらい、幹は直立し根元では直径10cm近くになることもあるが、はもろい。エニシダ属やヒトツバエニシダ属によく似ているが、の形が少し違っているは非常に細いが、これは乾燥地耐えるためで、代わりに明る緑色をしたが、光合成助けている。花は通常6月ころに咲き直径2cmくらいの明る黄色蝶形花で、開花期には木全体が花で覆われる。強い香りがあるが、やにくさい、あるいは安物ポマード連想させるにおいで、日本人では好き嫌い分かれる日本には江戸時代初期に渡来し庭木などに利用された。性質強くアメリカ合衆国中西部南アメリカオーストラリアなどに帰化しているが、湿度の高い日本では開花させることはできるが、比較短命で枯れることが多い。

※この「性状」の解説は、「レダマ」の解説の一部です。
「性状」を含む「レダマ」の記事については、「レダマ」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 15:46 UTC 版)

タバコ属」の記事における「性状」の解説

南北アメリカ大陸熱帯から温帯にかけてと、オーストラリア南太平洋諸島アフリカ南西部などに分布し、約70種が知られている大半は一年草または多年草であるが、低木なるものもある。 直立し角張ったものや剛毛あるものもある。互生し単葉で、かなり大きくなるものがある。花は先端円錐花序または総状花序作り筒型で5裂、花冠漏斗形で5裂する。花色には紅・紫・白・黄色黄緑色のものもあり、芳香を持つものが多い。

※この「性状」の解説は、「タバコ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「タバコ属」の記事については、「タバコ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 15:50 UTC 版)

ギョリュウバイ属」の記事における「性状」の解説

ほとんどがオーストラリアまたはタスマニア原産であるが、ニュージーランドおよびマレーシア一種ずつ分布する。現在80種以上が知られている常緑樹で、樹高は1-2mの小低木が多いが、数メートル低木もあり、ごく一部10メートルを超す高木もある。根本近くからよく分枝し、ほうきを逆さに立てた形や紡錘形なるものが多い。互生し小さいがかたく、精油含んでおり、つぶすと芳香がある。花は小さく直径1-2cmくらいで、白の五弁花だが、園芸種にはピンク赤い花のものもある。おしべが長く梅の花に似ていることからギョリュウバイの和名がある

※この「性状」の解説は、「ギョリュウバイ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ギョリュウバイ属」の記事については、「ギョリュウバイ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 04:19 UTC 版)

アミノピリン」の記事における「性状」の解説

無色または白色結晶で、においはない。クロロホルムエタノールエーテルよび水溶ける水溶液は微アルカリ性融点は107-109

※この「性状」の解説は、「アミノピリン」の解説の一部です。
「性状」を含む「アミノピリン」の記事については、「アミノピリン」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 19:35 UTC 版)

メラミンシアヌレート」の記事における「性状」の解説

有機溶剤ともに不溶常圧では、350-400昇華し溶融しない。

※この「性状」の解説は、「メラミンシアヌレート」の解説の一部です。
「性状」を含む「メラミンシアヌレート」の記事については、「メラミンシアヌレート」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 22:58 UTC 版)

薏苡仁湯」の記事における「性状」の解説

淡褐色特異なにおいがし、味はわずかに甘い。

※この「性状」の解説は、「薏苡仁湯」の解説の一部です。
「性状」を含む「薏苡仁湯」の記事については、「薏苡仁湯」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 02:04 UTC 版)

ブフェキサマク」の記事における「性状」の解説

白色から微黄白色結晶または結晶性粉末で、わずかに特異な臭いがあり、味はない。N,N-ジメチルホルムアミド溶けやすく、メタノールエタノールにやや溶けにくく、水やジエチルエーテルにほとんど溶けない

※この「性状」の解説は、「ブフェキサマク」の解説の一部です。
「性状」を含む「ブフェキサマク」の記事については、「ブフェキサマク」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 16:06 UTC 版)

リビングストンデージー」の記事における「性状」の解説

匍匐しながら生育していく小型の植物で、草丈は10cmほどである。はへら型の多肉質で、長さ5cm、幅2cmくらいになる。花は早春開き直径3~5cmで、日が当たっているときだけ開花し日陰曇天夜間には閉じるという性質を持つ。赤・樺色・黄色紫紅色ピンクなどの花色があるが、多数花弁のように見えるものは萼片変化したもので、花色に関わらず基部白く金属様の光沢がある

※この「性状」の解説は、「リビングストンデージー」の解説の一部です。
「性状」を含む「リビングストンデージー」の記事については、「リビングストンデージー」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 03:47 UTC 版)

大気エアロゾル粒子」の記事における「性状」の解説

エアロゾル粒子粒径は、nmオーダから100µm程度まで広がっており、その分布は対数正規分布Junge分布など表される

※この「性状」の解説は、「大気エアロゾル粒子」の解説の一部です。
「性状」を含む「大気エアロゾル粒子」の記事については、「大気エアロゾル粒子」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 16:00 UTC 版)

ピンポンノキ属」の記事における「性状」の解説

性状が雑多で、かなり性質違ったものが含まれることから学者によっていくつかの属に分割することもある。熱帯から亜熱帯アジアに多いが、アフリカ南米にも自生種がある。中国はいくつかの種が自生しているが、日本のものはない。常緑または落葉高木で、樹高10メートルくらいのものが多い。幹は直立しは普通互生し前縁のものと、羽状または掌状切れ込み入ったものがある大きなものが多い。花は雌雄同花で、花弁退化しているものが多いが、代わりに萼片発達して美しものがある果実大きく果肉種子食用として利用されているものがかなりある。

※この「性状」の解説は、「ピンポンノキ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ピンポンノキ属」の記事については、「ピンポンノキ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 16:00 UTC 版)

サンショウ属」の記事における「性状」の解説

世界熱帯・亜熱帯および温帯地方広く分布しており、250種あまりが知られている落葉または常緑の低木または高木で、樹高2 - 8メートルくらいのものが多い。幹は直立する互生し羽状複葉で、潰すと香り時に不快臭)があるもの多く辛みと舌を痺れさせるような刺激性がある。全体にを持つものが多い。花は小さく萼片および花弁は4または5で、花弁を欠くものもある。

※この「性状」の解説は、「サンショウ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「サンショウ属」の記事については、「サンショウ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 22:34 UTC 版)

メタンハイドレート」の記事における「性状」の解説

見た目は氷に似ている。1 m3メタンハイドレート1気圧の状態で解凍する164 m3メタンガス変わる。解凍する前のメタンメタンハイドレート重量15%に過ぎず他の85%はである。分子式CH4·5.75H2O と表され密度は0.910g/cm3である。火をつける燃えるために「燃える氷と言われることもある。 水分子構成される立体網状構造間隙中にガス分子位置して安定な固体結晶となっている氷状の物質包接水和物ガスハイドレート、あるいは、クラスレート呼ばれる構造になっているガスハイドレートには、ガス失われる残された立体網状構造である「包接格子」だけでは格子構造維持できないもの(ガスハイドレートクラスレート)と、包接格子だけでも格子構造維持出来ものがあるメタンハイドレートは「包接化合物」とも呼ばれるクラスレートであり、骨格となる水分子間の5-6 Å(オングストローム、1 Å = 100 pm程度隙間入り込んだガス出て行く格子壊れる。メタン飽和したメタンハイドレートstructure I hydrate)は、2つ十二面体6つ十四面体構造をなす46水分子からなるユニットが8分子メタン包接している。

※この「性状」の解説は、「メタンハイドレート」の解説の一部です。
「性状」を含む「メタンハイドレート」の記事については、「メタンハイドレート」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 03:09 UTC 版)

オオルリソウ属」の記事における「性状」の解説

本来は旧大陸温帯地方分布していたが、性質強健なため、現在は極地砂漠高山帯以外のほとんどの地域分布しており、日本でもオオルリソウが、西日本荒れ地などに自生している。耐寒性のある越年草で、一部多年草のものもある。長い柄のあるへら型の根生葉越冬しに付く互生する。花は総状花序で、春から夏に咲き青紫のものが多い。 C. officinaleは、かつて、虫さされ小さな傷の手当て使われる薬草として用いられアメリカオセアニア大陸にも持ち込まれたが、鍵状のとげのついたタネが、家畜の毛につきやすく、現在ではやっかいな雑草一つになっている。 また、シナワスレナグサは、秋まき一年草草花として、家庭園芸栽培されている。

※この「性状」の解説は、「オオルリソウ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「オオルリソウ属」の記事については、「オオルリソウ属」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 23:54 UTC 版)

ウェルシュ菌」の記事における「性状」の解説

グラム陽性大きさ0.6~2.4×1.3~19.0μm大型桿菌である。菌体まっすぐで両端は鈍円である。芽胞楕円形で、菌体中央または一端近くに位置して菌体より膨隆しない。 本はほかのクロストリジウム属異なり鞭毛持たず運動性がない。活性酸素処理機構弱体なため、酸素濃度によって障害を受ける偏性嫌気性菌である。生体内または血清添加培地増殖した場合莢膜形成する一般に芽胞形成されにくい。至適増殖温度は43-47分裂時間45で約10分間と短い。37℃で最も多くの毒素産生する

※この「性状」の解説は、「ウェルシュ菌」の解説の一部です。
「性状」を含む「ウェルシュ菌」の記事については、「ウェルシュ菌」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 07:47 UTC 版)

クロストリディオイデス・ディフィシル」の記事における「性状」の解説

クロストリディオイデス・ディフィシル土壌干し草、砂などの自然環境ヒト動物ウシウマイヌネコなど)の腸管および糞に棲息する。本は亜端在性に芽胞形成するため、酸、アルカリ好気状態、高温低栄養状態など過酷な環境でも安定である。エタノール消毒行っても本芽胞死滅しない。酸素に非常に感受性が高いため培養には嫌気ボックス内で1〜2日保存して十分に嫌気的培地用いる。成人では本保有率は2〜5%だが新生児乳児小児では本分離率が高い。

※この「性状」の解説は、「クロストリディオイデス・ディフィシル」の解説の一部です。
「性状」を含む「クロストリディオイデス・ディフィシル」の記事については、「クロストリディオイデス・ディフィシル」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/24 01:17 UTC 版)

シェラック」の記事における「性状」の解説

常温では、黄色から褐色透明性のある固体である。精製する白色透明になる無味無臭である。人体には無害。 通常熱可塑性であるが、一定の温度では熱硬化性をしめす。 アルコール溶剤のみに溶け他の有機溶剤には耐性をしめす。 シェラックアルコール溶液水溶液蒸発させると、透明皮膜形成する

※この「性状」の解説は、「シェラック」の解説の一部です。
「性状」を含む「シェラック」の記事については、「シェラック」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/22 07:02 UTC 版)

シュッコンタバコ」の記事における「性状」の解説

ブラジル原産通常越冬しない一年草とされているが、強い霜降りない地方では、越冬して灌木状になることもある。直立して高さ30-90cmくらいになり、角張っていて稜に翼があり、種名のalataは「翼のある」という意味である。下の方のものは大きく楕円形で、長さ20cmになることもある。上部紡錘形互生する。花は7-10月ころに開花し直径2~5cm漏斗形先端星状に5裂する。一つの花寿命2日程度だが、総状花序作って次々に開花する花色には紅、赤、紫、白、黄色などがあり、香りがあり、とくに夕方からにかけて強く香る

※この「性状」の解説は、「シュッコンタバコ」の解説の一部です。
「性状」を含む「シュッコンタバコ」の記事については、「シュッコンタバコ」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 04:43 UTC 版)

茵蔯蒿湯」の記事における「性状」の解説

淡褐色特異なにおいがし、味はわずかに渋い。

※この「性状」の解説は、「茵蔯蒿湯」の解説の一部です。
「性状」を含む「茵蔯蒿湯」の記事については、「茵蔯蒿湯」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/12/19 14:28 UTC 版)

シャスタ・デイジー」の記事における「性状」の解説

耐寒性常緑多年草で、根生葉はへら型、につく互生し長円形で、表面深緑色光沢がある草丈は1m位になる高性種が基本であるが、30cmくらいの矮性種もある。花は5月から6月にかけて開花し直径5〜8cmくらいの頭状花で、管状花黄色または黄褐色舌状花は白で、コントラスト美しい。

※この「性状」の解説は、「シャスタ・デイジー」の解説の一部です。
「性状」を含む「シャスタ・デイジー」の記事については、「シャスタ・デイジー」の概要を参照ください。


性状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 15:53 UTC 版)

ゴジアオイ属」の記事における「性状」の解説

半耐寒性常緑小低木で、樹高50〜150cmくらいである。楕円形対生し、長さ2〜8cm平滑で、表面芳香のある製油を含むものもある。花は晴れた日日中咲き花径4〜8cmくらいの5弁花で、白、藤色、紫、ピンクなどがあり、淡色でのどの部分赤み帯びるものもある。また、かなり鮮やかな空色に近い品種もある。満開時にはが花で埋まるほど美しい。 熱がある所を好み日当たりがある場所に咲く。火事干ばつ放牧などに適応した性質持ち菌類共生的な関係を作ること瘠せた土地でも繁殖しやすい。 火災 含水率低くなる燃えやすくなる。種は、火災後発芽しやすい。

※この「性状」の解説は、「ゴジアオイ属」の解説の一部です。
「性状」を含む「ゴジアオイ属」の記事については、「ゴジアオイ属」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「性状」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「性状」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性状」の関連用語

性状のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性状のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMSコンチン (改訂履歴)、ムギワラギク (改訂履歴)、ギンヨウエニシダ (改訂履歴)、センジュギク (改訂履歴)、桔梗石膏 (改訂履歴)、ブルークローバー (改訂履歴)、トリエチルアミン (改訂履歴)、カンパニュラ (改訂履歴)、テンジクアオイ属 (改訂履歴)、シネオール (改訂履歴)、ツゲ属 (改訂履歴)、クラミジア・トラコマチス (改訂履歴)、ダイコンソウ属 (改訂履歴)、ピコルナウイルス科 (改訂履歴)、エマルジョン燃料 (改訂履歴)、カッコウアザミ属 (改訂履歴)、マリーゴールド (改訂履歴)、ロジン (改訂履歴)、インスリン製剤 (改訂履歴)、ジエチルアミン (改訂履歴)、ヒトパピローマウイルス (改訂履歴)、インフルエンザ菌 (改訂履歴)、メセン (改訂履歴)、ヘリアンフォラ属 (改訂履歴)、リパスジル (改訂履歴)、レダマ (改訂履歴)、タバコ属 (改訂履歴)、ギョリュウバイ属 (改訂履歴)、アミノピリン (改訂履歴)、メラミンシアヌレート (改訂履歴)、薏苡仁湯 (改訂履歴)、ブフェキサマク (改訂履歴)、リビングストンデージー (改訂履歴)、大気エアロゾル粒子 (改訂履歴)、ピンポンノキ属 (改訂履歴)、サンショウ属 (改訂履歴)、メタンハイドレート (改訂履歴)、オオルリソウ属 (改訂履歴)、ウェルシュ菌 (改訂履歴)、クロストリディオイデス・ディフィシル (改訂履歴)、シェラック (改訂履歴)、シュッコンタバコ (改訂履歴)、茵蔯蒿湯 (改訂履歴)、シャスタ・デイジー (改訂履歴)、ゴジアオイ属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS