キャビネットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > キャビネット > キャビネットの意味・解説 

キャビネット【cabinet】

読み方:きゃびねっと

飾り棚戸棚

ラジオ・テレビなどの外箱

書類などを整理収納する箱。

内閣。「シャドー—」


キャビネット

一般的には戸棚飾り棚書類などを収納するボックスなどを指すが、キッチンでは、収納戸棚を指す。システムキッチンでは、ワークトップ天板)を支えている部分を「フロアキャビネット」、壁に取付け吊戸棚を「ウォールキャビネットと呼ぶまた、床から天井までのスペース活用したトールキャビネット」などもある。
一方洗面化粧台では、鏡部分の収納をミラーキャビネット、ユニット本体横に設けたものを「サイドキャビネット」と呼ぶ

キャビネット

キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 05:24 UTC 版)

キャビネット英語: Cabinetry)は、飾り棚や飾り箪笥またはキッチンや洗面化粧台など収納戸棚(収納ユニット)の総称[1][2]


  1. ^ a b c d e 不動産用語集 ホームズ、2017年1月24日閲覧。
  2. ^ SUUMO(スーモ)不動産用語集 リクルート、2017年1月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 自分に合ったオフィスキャビネットを手に入れるための全知識 あしたのオフィス、2017年1月24日閲覧。


「キャビネット」の続きの解説一覧

キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/30 17:40 UTC 版)

インポッシブル・ハイスクール」の記事における「キャビネット」の解説

正式名称は「全日本高等学校生徒自治会連合特別治安維持会」。高校新法により各校起こ問題対処する組織で、学生によって組織されている。凱のように現場潜入する要員は「ヴィジランテ」と呼ばれている。 晦 奈々佳つごもり ななか) 「キャビネット」の関東一区事務総長で、2年生。銀雲高校では生徒会長務める。幼めの容姿とは裏腹に知性的かつ腹黒で、カリスマ性満ちた少女元木 君貴(もとき きみたか) 奈々佳の秘書奈々佳に心酔している。

※この「キャビネット」の解説は、「インポッシブル・ハイスクール」の解説の一部です。
「キャビネット」を含む「インポッシブル・ハイスクール」の記事については、「インポッシブル・ハイスクール」の概要を参照ください。


キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 14:06 UTC 版)

ピンボール」の記事における「キャビネット」の解説

ピンボール本体の箱。

※この「キャビネット」の解説は、「ピンボール」の解説の一部です。
「キャビネット」を含む「ピンボール」の記事については、「ピンボール」の概要を参照ください。


キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 08:43 UTC 版)

アンプ (楽器用)」の記事における「キャビネット」の解説

持ち運び前提として設計されているので、外装にはコーナープロテクター、キャスターハンドル持ち手)など様々な工夫なされているギターアンプの場合、傾斜して設置できるようなスタンド装備されている場合がある一般にスピーカーユニット保護のためのサランネットが必ず装備されており、アンプによってはより強固な金属製ネット用いられている。これらのネット通常取り外しができず、ユニット交換はキャビネット後面より行う。フェンダー・アンプの場合、サランネットは面ファスナー貼り付けてあるだけであり、簡単に取り外しできるようになっている

※この「キャビネット」の解説は、「アンプ (楽器用)」の解説の一部です。
「キャビネット」を含む「アンプ (楽器用)」の記事については、「アンプ (楽器用)」の概要を参照ください。


キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 09:43 UTC 版)

工具箱」の記事における「キャビネット」の解説

引き出し式の工具箱であって天面収納部を備えていないもの。収納量を増やすためにローラーキャビネットチェスト間に設置されることが多い。ミドルチェストとも呼ばれる

※この「キャビネット」の解説は、「工具箱」の解説の一部です。
「キャビネット」を含む「工具箱」の記事については、「工具箱」の概要を参照ください。


キャビネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:46 UTC 版)

魔法科高校の劣等生」の記事における「キャビネット」の解説

電車線利用した2095年日本主流公共交通機関中央管制されたリニア小型車両で、通常2人乗り4人乗り運行している。高度に発達した交通管制システムによって満員電車解決されており、短距離路線だけでなく都市間路線もキャビネットに置き換えられている。

※この「キャビネット」の解説は、「魔法科高校の劣等生」の解説の一部です。
「キャビネット」を含む「魔法科高校の劣等生」の記事については、「魔法科高校の劣等生」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キャビネット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キャビネット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キャビネットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

キャビネットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャビネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2022 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャビネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインポッシブル・ハイスクール (改訂履歴)、ピンボール (改訂履歴)、アンプ (楽器用) (改訂履歴)、工具箱 (改訂履歴)、魔法科高校の劣等生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS