イスラエルの軍事とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > イスラエルの軍事の意味・解説 

イスラエル国防軍

(イスラエルの軍事 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 13:32 UTC 版)

イスラエル国防軍(イスラエルこくぼうぐん、ヘブライ語: צבא ההגנה לישראל ツヴァ・ハ=ハガナ・レイスラエル[ヘルプ/ファイル]英語: Israel Defense Forces (IDF)イスラエル・ディフェンス・フォーセス、アイディーエフ)は、イスラエルの保有する軍隊である。陸軍イスラエル陸軍指揮本部)、海軍イスラエル海軍)、空軍イスラエル航空宇宙軍)の3軍と各軍管区により構成される。3軍と軍管区の司令官は少将が充てられる。


  1. ^ エンテベ空港奇襲作戦(1976年)、イラク原子炉爆撃事件(1981年)、在チュニジアPLO本部爆撃(1985年)、シリア核施設爆撃事件(2007年)など。
  2. ^ イスラエル国 基礎データ”. 外務省. 2023年10月9日閲覧。
  3. ^ パレスチナ・アラブ人アイデンティティの回復 ―イスラエルのキリスト教徒徴兵問題― - 菅瀬晶子
  4. ^ http://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/regional/conscientious_objection.html
  5. ^ 人材育成に軍の兵役義務が貢献-イスラエル・ハイテクセミナー開催(2) - 日本貿易振興機構
  6. ^ 中東アフリカ地域での現地人材確保策 - 日本貿易振興機構
  7. ^ 大人になる方法 World Now 2015.07.05 - 太田啓之 『朝日新聞
  8. ^ 兵役拒否に揺らぐ徴兵制 - 佐々木陽子
  9. ^ 鈴木隆洋「南アフリカとイスラエルにおける和平プロセスに対する先住民族労働力政策の影響について : 資本の要請と先住民族統合の関係から」『総合政策研究』第57巻、関西学院大学総合政策学部研究会、2018年、87-110頁、ISSN 1341-996XNAID 120006557613 
  10. ^ 2004.09.18 ドルーズの兵役拒否について - 早尾貴紀 パレスチナ情報センター
  11. ^ 【地球コラム】兵役に「ためらいはなかった」 イスラエル軍の21歳日本人女性軍曹 - 時事通信
  12. ^ 【地球コラム】22歳の元日本人女性軍曹が兵役後に考えたこと - 時事通信
  13. ^ 米国:イスラエルに軍事支援 史上最高額3.9兆円”. 毎日新聞. 2023年10月9日閲覧。
  14. ^ イスラエル空軍、世界で初めてF35戦闘機を実戦に投入”. www.afpbb.com. 2023年10月9日閲覧。
  15. ^ イスラエル軍の最先端「無人兵器」、ガザ紛争で次々投入 - 読売新聞 2009年4月22日[リンク切れ]
  16. ^ 川村幸城. “イスラエルと無人システム”. 防衛省・防衛研究所. 2023年10月9日閲覧。
  17. ^ "米国が初めてイスラエルにNPT加盟を呼びかけるも、イスラエルは拒否", アル・アハラーム紙, 2009-05-07
  18. ^ Julian Borger. “Washington negotiator calls on Israel to sign nuclear Non Proliferation Treaty”. ガーディアン. 2009年11月3日閲覧。
  19. ^ イスラエル閣僚が「ガザに原爆投下」発言=政府会合への出席禁止に”. 時事通信社 (2023年11月5日). 2023年11月5日閲覧。
  20. ^ NHK-BS1 おはよう世界 2009年11月11日放送 「世界の扉」
  21. ^ イスラエル軍 アラブ兵離反/イスラム教ドルーズ派「ユダヤ人国家法」に反発『読売新聞』朝刊2018年8月19日(国際面)。


「イスラエル国防軍」の続きの解説一覧

「イスラエルの軍事」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イスラエルの軍事」の関連用語

イスラエルの軍事のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イスラエルの軍事のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスラエル国防軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS