イスラエルの大量破壊兵器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > イスラエルの大量破壊兵器の意味・解説 

イスラエルの大量破壊兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 03:07 UTC 版)

イスラエルは、核兵器を始めとする大量破壊兵器を保有していると国際社会から広く信じられている。また、核拡散防止条約(NPT)に加盟しておらず[1]、その地位を認められていない核保有国4国のうちの一つである。アメリカ合衆国議会の技術評価局(w:Office of Technology Assessment)の報告によると、非公式の生物兵器化学兵器の開発計画が存在するという[2] 。 しかし、イスラエルは、公式には核兵器および他の大量破壊兵器の保有を否定も肯定もしない立場(曖昧政策)を取っており、中東地域で唯一のNPT非加盟国である。


  1. ^ Background Information, 2005 Review Conference of the Parties to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons”. United Nations. 2006年7月2日閲覧。
  2. ^ a b Proliferation of Weapons of Mass Destruction: Assessing the Risks, アメリカ合衆国議会 Office of Technology Assessment, (August 1993), OTA-ISC-559, http://www.princeton.edu/~ota/disk1/1993/9341/9341.PDF 2008年12月9日閲覧。 
  3. ^ 「二重閃光」は核爆発判定手段で、短い時間に2回強い閃光があることである。このタイプの偵察衛星は視界全域で、核爆発とロケット発射の監視をしている(正確な場所は判別できない)。強度が違い、まわりの状況が違うので雷などと間違えることはない。
  4. ^ 『サムソン・オプション』(シーモア・ハーシュ。文藝春秋, 1992年)によれば、それ以前に何回か核実験が行われたが、雲で隠していた。その時たまたま雲が晴れて光が漏れてしまった。
  5. ^ ジャック・ルイナを委員長とする委員会だが、国家安全保障上の理由で全面的な調査と公表はできなかった。
  6. ^ [1]
  7. ^ Brower, Kenneth S., “A Propensity for Conflict: Potential Scenarios and Outcomes of War in the Middle East,” Jane's Intelligence Review, Special Report no. 14, (February 1997), 14-15.
  8. ^ Nuclear Weapons: Who Has What at a Glance”. Arms Control Association. 2007年5月30日閲覧。
  9. ^ Dawoud, Khaled (1999年12月2日). “Redefining the bomb”. Al-Ahram Weekly. http://weekly.ahram.org.eg/1999/458/intervw.htm 2006年7月2日閲覧。 
  10. ^ モハメド・エルバラダイ (2004年7月27日). “Transcript of the Director General's Interview with Al-Ahram News”. 国際原子力機関. 2007年6月3日閲覧。
  11. ^ “イスラエル核決議案を否決 IAEA総会、欧米が反対”. 産経新聞. (2013年9月20日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130920/mds13092022020005-n1.htm 2013年10月15日閲覧。 
  12. ^ Deconstructing the Chem-Bio Threat” (英語). 2009年12月7日閲覧。
  13. ^ “Israel says El Al crash chemical 'non-toxic'”. BBC. (1998年10月2日). http://web.archive.org/web/20030818042548/http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/185199.stm 2006年7月2日閲覧。 
  14. ^ Jeff Stein (1998年12月2日). “Debunking the "ethno-bomb"”. Salon.com. http://www.salon.com/news/1998/12/02news.html 2006年7月11日閲覧。 
  15. ^ Nes Ziyyona”. GlobalSecurity.org (2005年4月28日). 2007年2月11日閲覧。 “Israel is believed to have the capacity to produce chemical warfare agents, and probably has stocks of bombs, rockets, and artillery shells. Public reports that a mustard and nerve gas production facility was established in 1982 in the Dimona restricted area are apparently erroneous. Israel is also probably poised to rapidly produce biological weapons, though there are no public reports of currently active production effort or associated locations.…Israel's primary chemical and biological warfare facility is at Nes Ziyyona [Noss Ziona], near Tel Aviv. The Israeli Institute for Bio-Technology is believed to be the home of both offensive and defensive research.
  16. ^ Normark, Magnus; Anders Lindblad, Anders Norqvist, Björn Sandström, and Louise Waldenström (2005年12月). “Israel and WMD: Incentives and Capabilities (PDF)”. FOI. pp. pg. 38. 2007年2月11日閲覧。 “Israel does not stockpile or produce BW in large-scale today. However, we assess that Israel has a breakout capability for biological weapons and also CW, i.e. the knowledge needed to implement theoretical knowledge into the practical management of production and deployment of CBW. The knowledge base would be the one that was built during the 1950s and 1960s where today’s advanced research can be used to upgrade potential BW and CW agents and their behaviour in the environment. We have not found any conclusive evidence that show that Israel’s offensive programs still remain active today.


「イスラエルの大量破壊兵器」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イスラエルの大量破壊兵器」の関連用語

イスラエルの大量破壊兵器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イスラエルの大量破壊兵器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスラエルの大量破壊兵器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS