膨らとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(様子) > 膨らの意味・解説 

ふくら【膨ら/×脹ら】

まるみをもっていること。また、その部分

刀の切っ先の丸みのこと。

の上下の湾曲した部分

一張りの弓の長さ。的までの距離を測るときに単位として用いる。


ふくら【脹・膨】

〔名〕

① ふくらんでいること。ふくれていること。また、その部分そのもの

正倉院文書東大寺奴婢籍帳宝亀三年(772)一二月三〇日「編首婢小䒾女 年廿一 鼻左福良黒子

物の中心部分まんなか中央まっぷくら。

玉塵抄(1563)五「冬のまん中ふくらの心ぞ」

太閤記(1625)四「旗を立、物ふかう、勢のふくらを隠し備し処に」

③ 弓の上下の湾曲した部分の名。〔名物六帖172777)〕

一張りの弓の長さ弓場馬場などの縦横長さ施設配置の距離を計る時の単位として用いる。

中原高忠軍陣聞書(1464)「一ふくらといふ事は弓一張のこと也」

(5) 刀の切っ先に丸みのあるもの。

(6) 植物「そよご」の異名

俳諧本朝文選(1706)三・賦類・閑居賦〈汶〉「ふくらの名木求む




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「膨ら」の関連用語

膨らのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



膨らのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS