ケブラーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 合成樹脂 > ケブラーの意味・解説 

ケブラー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ケブラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 08:00 UTC 版)

ケブラー (Kevlar) とはアラミド登録商標である。1965年に化学者でデュポン社に勤めていたステファニー・クオレクによって発明された。1970年代初期に商業的に使用され始めた。




「ケブラー」の続きの解説一覧

ケブラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 02:29 UTC 版)

ステファニー・クオレク」の記事における「ケブラー」の解説

クオレクはデュポン勤務している間にケブラーを発明した1964年に彼女の研究グループガソリン不足を見越してタイヤに使う軽量かつ強靭な繊維探していた。その時に彼女が取り組んでいたポリマー高分子化合物)はポリパラフェニレンテレフタラートとポリベンズアミドで、それらは溶融態で液晶形成し、その状態で200以上にしてメルトスピニング法にかけると、より弱く硬さ欠いた繊維生成された。彼女の新しプロジェクト独自の技術溶融凝結重合反応プロセスは、その温度0℃から40の間まで切り下げるのだった。 彼女が後に1999年スピーチ語ったところでは、 その溶液風変わりで(低粘度)、汚濁し、かき混ぜたオパール色の、バターミルク状の外観をしていました従来ポリマー溶液通常澄んだ半透明で、糖液粘性多少なりとも持ちます。私が作った溶液濁ってはいましたが、細かい小孔フィルタ完全に濾過できるものでした。これは液状結晶体からなる溶液だったわけですが、私はこの時点ではそうだと分かってませんでしたこの種濁った溶液通常捨てられてしまう。しかしクオレクは、スピナレット(英語版)(紡糸口金)を操作する技師Charles Smullen を説得し、彼女の溶液試させた。そして、ナイロン概して壊れるような状況にもあってもその繊維壊れないことに彼女は驚いたナイロンより強いどころか、ケブラーは重量あたりにして鉄の5倍の強度があった。彼女の上司と研究所はいずれも彼女の発見重要さ理解し高分子化学新分野がたちまち立ち上がった1971年には、いま見られるようなケブラーが姿を現した。クオレクはこの繊維熱処理することでさらに強度高められることを知った棒状をしたこの重合体分子極めて志向性高く、これがケブラーに並外れた強度授けた。クオレクは脂肪族塩素族を含んだサーモトロピックなケブラーの研究続けた

※この「ケブラー」の解説は、「ステファニー・クオレク」の解説の一部です。
「ケブラー」を含む「ステファニー・クオレク」の記事については、「ステファニー・クオレク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ケブラー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ケブラーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケブラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケブラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのステファニー・クオレク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS