ポリスチレンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 合成樹脂 > ポリスチレンの意味・解説 

スチロール樹脂

読み方:スチロールじゅし
別表記:ポリスチレン、ポリスチロールPolystyrenePS

スチレン基質とする合成樹脂容器をはじめ日用品多く利用されている。スチロール樹脂に気泡含ませたのが発泡スチロールである。

ポリスチレン【polystyrene】


ポリスチレン(系)

狭義にはスチレンモノマー)を単独重合して得られる樹脂の名称だが、他のモノマー共重合させた樹脂に用いることもある。代表的熱可塑性樹脂一つ成形しやすく電気特性優れる。又、他のモノマー共重合させることにより色々な特性付与できることから色々な分野利用されている。代表的共重合対はAS、ABSHIPS等。

ポリスチレン

名称ポリスチレン
英名polystyrene
名称2ポリ(1-フェニルエチレン)
英名2poly(1-phenylethylene)
名称3
英名3
備考略号ほか)PS
構造式-[C(C6H5)HCH2]n-
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ポリスチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 05:12 UTC 版)

ポリスチレン (polystyrene) とは原油ナフサを原料に合成されるスチレンモノマーとするポリマーであるプラスチック樹脂である。略号はPSで、樹脂識別コード(SPIコード)は6である。スチロール樹脂とも呼ばれる。




  1. ^ 日本スチレン工業会 http://www.jsia.jp/ps/index.html
  2. ^ 日本スチレン工業会 http://www.jsia.jp/ps/index.html


「ポリスチレン」の続きの解説一覧

ポリスチレン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:56 UTC 版)

名詞

ポリスチレン

  1. プラスチック一種で、熱可塑性があり、発泡材料として用いられるもの。

関連語




ポリスチレンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポリスチレン」の関連用語

ポリスチレンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポリスチレンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2021 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリスチレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポリスチレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS