発泡プラスチックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 合成樹脂 > 発泡プラスチックの意味・解説 

発泡プラスチック

その塊全体わたって分散している連続または不連続多数小さな空洞気泡)の存在によって密度減少しているEPSなどのプラスチック。しばしば単に「フォームfoam)」と呼ばれるEPSはその容積2~3%のみが樹脂で、残り9798%が空気構成されている。

発泡プラスチック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 08:55 UTC 版)

発泡プラスチック(はっぽうプラスチック、英:Foamed plastics)は、合成樹脂中にガスを細かく分散させ、発泡状(フォーム)または多孔質形状に成形されたものを指し、固体である合成樹脂と気体の不均一分散系とも定義できる。基本的にどの合成樹脂も発泡成形させることは可能だが、実際には成形性や性能および価格が影響し、実用化されている種類はある程度限られている。


注釈

  1. ^ この他にも、引き伸ばされた壁面では界面活性剤の濃度低下が起き、これを戻そうとする作用も影響すると章を執筆した岩崎和男は考察している。Marangoni効果(表面弾性効果)と呼ばれるこの作用の実証されていないが、岩崎は現実的に矛盾しないとして当てはめることは妥当としている[5]
  2. ^ 厳密には「ウレタン変性ポリイソシアヌレートフォーム」と呼ぶべきである[19]

出典

  1. ^ 発泡プラスチック”. 科学技術総合リンクセンター. 2010年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c 本山卓彦『おもしろいプラスチックのはなし』日刊工業新聞社、1995年10月20日、初版9刷、130-131頁。ISBN 4-526-02381-7
  3. ^ 樹脂成形体の製造方法/志熊治雄」、J-tokkyo、2010年1月15日閲覧。
  4. ^ 足立廣正「マイクロセルポリウレタンフォームにおける動的圧縮弾性率による耐熱性の評価」『高分子論文集』第63巻第6号、社団法人 高分子学会、2006年、 440-443頁、 doi:10.1295/koron.63.4402010年1月15日閲覧。
  5. ^ 『各種高分子の発泡成形技術』p41
  6. ^ 1-6-1 食品の保護性を追及した包装容器/低音保持性・熱遮断性包装容器/発泡包装フィルム・シート (PDF)”. 経済産業省特許庁. 2010年1月15日閲覧。
  7. ^ プラスチックの知恵袋”. 昭栄化工. 2010年1月15日閲覧。
  8. ^ ASTM D2856:Standard Test Method for Open Cell Content of Rigid Cellular Plastics by the Air Pycnometer
  9. ^ 角倉敏彦、黒江秀男、青木信明. “応用物理第33巻 第9号 寄書:軟質ポリウレタンフォームセルのセル構造と機械的性質”. 2010年1月15日閲覧。
  10. ^ 牧広、小坂田篤『プラスチックフォームハンドブック』日刊工業新聞社、1973年、29-65頁。
  11. ^ a b c 軟質ウレタンフォームとは”. 日本ウレタン工業協会. 2010年1月15日閲覧。
  12. ^ 軟質ウレタンフォームにはフロンが使用されていますか?”. 日本ウレタン工業協会. 2010年1月15日閲覧。
  13. ^ 2,4体と2,6体を8対2比率で含有するトリレンジイソシアネート。patentjp.comポリカルボジイミドの製造方法/信越化学工業
  14. ^ ㈱山城精機製作所 超高速加硫ゴム射出成形機「SANPICS」 : 滞留防止構造と射出発熱均一化機構により,超高速加硫を実現, Polyfile, 国立国会図書館書誌ID:024955624 
  15. ^ a b 工場では軟質ウレタンフォームはどのような方法で製造するのですか?”. 日本ウレタン工業協会. 2010年1月15日閲覧。
  16. ^ (WO/2009/098966)低反発軟質ポリウレタンフォーム”. World Intellectual Property Organization. 2010年1月15日閲覧。
  17. ^ 軟質ポリウレタンフォームシーリング材の製造方法”. アスタミューゼ. 2010年1月15日閲覧。
  18. ^ 硬質ウレタンフォームの特徴”. 日本ウレタン工業協会. 2010年1月15日閲覧。
  19. ^ 『各種高分子の発泡成形技術』p119
  20. ^ 第2章 建材用フロン断熱材の概要 (PDF)”. 環境省. 2010年1月15日閲覧。
  21. ^ ウレタン用発泡剤HCFC-141bの規制とフォーム業界対応”. CMC Research. 2010年1月15日閲覧。
  22. ^ 発泡剤用HCFC141bの全廃について”. 日本ウレタン工業協会. 2010年1月15日閲覧。
  23. ^ a b c ポリスチレンのリサイクル”. 日本スチレン協会. 2010年1月15日閲覧。
  24. ^ 安全性と環境問題 地球温暖化抑制に「ノンフロン」”. 日本スチレン協会. 2010年1月15日閲覧。
  25. ^ a b c 古本宏二『プラスチック技術全書 8 ポリスチレン樹脂』工業調査会、1970年、133-134頁。
  26. ^ US Pat. No. 3,067,147
  27. ^ Brit. Pat. No.899,389
  28. ^ 特公昭40-8840
  29. ^ 特公昭43-22674
  30. ^ Brit. Pat. No.1,126,857
  31. ^ 技術用語 反射板”. アスタミューゼ. 2010年1月15日閲覧。
  32. ^ 三石幸夫監修、PETフィルム、技術情報協会、1990年
  33. ^ 宇野敬一、接着31巻12号、1987年、10
  34. ^ 岩崎ら『発泡プラスチック技術総覧』p195
  35. ^ a b 高性能フェノールフォーム”. フェノールフォーム協会. 2010年1月15日閲覧。
  36. ^ ブラウンズフェリー1号機の火災と米国の火災防護の取り組み - 原子力規制委員会(平成24年11月21日/2017年5月11日閲覧)
  37. ^ オゾン層破壊物質使用削減マニュアル
  38. ^ a b 建材用断熱フロンの処理技術 (PDF)”. 環境省地球環境局. 2010年1月15日閲覧。
  39. ^ 建材用断熱材フロンに関するホームページ”. 東京都環境局. 2010年1月15日閲覧。
  40. ^ 岩崎ら『各種高分子の発泡成形技術』p19
  41. ^ マテリアルとサーマル(熱回収)を合わせて83.5%がリサイクル”. JEPSRA発泡スチロール再資源化協会. 2010年1月15日閲覧。
  42. ^ 2004年度 海辺の漂着物調査 報告書”. 日本財団. 2010年1月15日閲覧。
  43. ^ 海の漂着物調査 プラスチックの対策が重要”. 日本財団. 2010年1月15日閲覧。
  44. ^ a b c 発泡プラスチック系断熱材による火災災害”. 労務安全情報センター. 2010年1月15日閲覧。
  45. ^ 4年前の火災事件にやっと和解成立”. ANAP. 2010年1月15日閲覧。
  46. ^ 相次ぐ発泡プラスチック系断熱材の火災”. 日経BP. 2010年1月15日閲覧。
  47. ^ TVCCの火災に思うこと”. 改正総一郎/東邦レオ・NPO法人外断熱推進会議関西支部理事、副支部長. 2010年1月15日閲覧。





発泡プラスチックと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発泡プラスチック」の関連用語

発泡プラスチックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発泡プラスチックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発泡プラスチック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS