農地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 土地 > 農地の意味・解説 

のう‐ち【農地】


農地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 07:25 UTC 版)

農地(のうち、: agricultural land)とは、一般的には耕作の目的に供される土地のこと[1]。国際的な統計では農業地域(農地)は耕作地と永年草地・放牧地の総称をいう[2]


注釈

  1. ^ 根菜類などは、主に大気から取り込んだ成分を合成し、根に備蓄している。
  2. ^ 法令上は、農業振興地域の整備に関する法律農業経営基盤強化促進法において、「農用地等」という。

出典

  1. ^ a b 農地法における農業ハウス等の取扱いについて”. 農林水産省経営局. 2020年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 世界食料農業白書 2014年報告”. 公益社団法人 国際農林業協働協会. 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ 農地法2条1項
  4. ^ 土地改良法2条1項
  5. ^ 農地転用許可制度 - 農林水産省
  6. ^ 農地の評価上の分類 - 国税庁
  7. ^ 帝国書院 | 統計資料 日本 面積・人口 耕地面積


「農地」の続きの解説一覧

農地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 14:22 UTC 版)

土地」の記事における「農地」の解説

農業を行う土地は、「農地」と呼ばれる日本の農地法による農地の定義とは微妙に異なっている。

※この「農地」の解説は、「土地」の解説の一部です。
「農地」を含む「土地」の記事については、「土地」の概要を参照ください。


農地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 10:40 UTC 版)

ノースダコタ州の地理」の記事における「農地」の解説

州の面積のうち87%を農地が占める。ノースダコタ州の農地は、タウンシップ制をほぼそのまま継続しているタウンシップとは本来中世イングランド意味するが、アメリカ合衆国におけるタウンシップ制とは、18世紀後半以降の西部現在の中西部から西部にかけて方形土地測量土地配分区画単位となったものを言うノースダコタ州見られるタウンシップ制中西部農業開拓個人経営農家の力で実現するために導入された。リンカーン大統領署名による1862年ホームステッド法 (Homestead Act) はタウンシップによる農地の払い下げ規定し中西部西部の農業形態完全に規定したホームステッド法では、土地3段階に区分した。まず、経線緯線によって6マイル四方(9.6km四方)の正方形土地切り分け、これをタウンシップ呼んだ次にこれを36土地、すなわち1マイル四方セクション分けて管理した最小単位セクション4等分した0.5マイル (約800m) 四方土地である。800m四方160エーカー)の土地21歳以上の開拓農民5年上開拓に従事するなどの条件付きながら無償で払い下げるという内容であった。同制度北海道屯田兵制度にも取り込まれている。ホームステッド法アラスカ州除き1910年廃止されたが、制定以来2世紀上が経過した現在でも当時タウンシップ区割りそのまま残っているノースダコタ州地形極端に平坦であるため、800mごとの正方形碁盤の目刻まれ道路と畑が湖沼分布などお構いなしに全域亘って規則的に広がる航空機から見下ろすと800m四方模様どこまでも広がっているのが分かる州内には800m四方区画が約25万枚存在する800m四方の農地はほとんどが畑として利用されている。通常は農地を4程度細長い長方形分けて作付け収穫進める。自作農家屋200m四方に達する。家屋と庭、農業用機械倉庫サイロなどが組合わさっている。自作農家屋集落形成しておらず、典型的な離村となっている。 サウスダコタよりも南のグレートプレーンズ諸州では、ノースダコタ州異な土地利用方法一般的である。正方形土地中心に回転する散水アームの軸を置き、円形耕地供給する。これをセンターピボット方式と呼ぶ地下水くみ上げ依存することから地下水位低下品質低下起こるほか、土地面積79%しか利用できないノースダコタ州過重な小麦栽培続けてきたため、土壌浸食危険性非常に高いこのため、州全体にわたって土地保全政策対象となった政策内容は、合衆国連邦政府が農地を10年間借り上げることによって小麦生産から切り離し保全を図るというもの。水路脇の造作マメ科植物植え付け植え付けなどが主体となった土壌浸食に対する農家自体対策としては、一般に等高線耕作推奨されているが、ノースダコタ州では土地がほぼ平坦であるため、ほとんど導入されていない

※この「農地」の解説は、「ノースダコタ州の地理」の解説の一部です。
「農地」を含む「ノースダコタ州の地理」の記事については、「ノースダコタ州の地理」の概要を参照ください。


農地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:40 UTC 版)

森林破壊」の記事における「農地」の解説

2021年現在森林破壊問題になっているのは農地開発である。人口の増加による需要を満たすための農業拡大は、世界森林破壊の約90パーセントに当たる割合耕作地が約50%、放牧地が約40となっている。森林破壊95%は道路から25キロメートル以内発生しており、農業畜産業林業密接に関連している。世界総人口2019年77億人、2030年85億人へ、さらに2050年には97億人へと増える予測されている。増え続ける人口食糧確保するために森林切り開き農地開発進んでいる人口増加貧困環境破壊互いに関連しあい悪循環繰り返している。彼らには環境の事を考える余裕はない、学ぶ機会すらない状態の地域もある。手法としては焼き畑多く行われる。 「焼き畑」および「野焼き」も参照

※この「農地」の解説は、「森林破壊」の解説の一部です。
「農地」を含む「森林破壊」の記事については、「森林破壊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「農地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

農地

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:23 UTC 版)

名詞

(のうち)

  1. 耕作目的されている土地肥培管理されていることは要件


関連語

類義語
対義語

翻訳


「農地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



農地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

農地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



農地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの土地 (改訂履歴)、ノースダコタ州の地理 (改訂履歴)、森林破壊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの農地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS