円形とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > 円形の意味・解説 

えん‐けい〔ヱン‐〕【円形】


まる‐がた【円形/円型/丸形】


円形(えんぎょう)

coin blanks
圧延された板を丸形打ち抜いた貨幣用の素材

円 (数学)

(円形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 09:37 UTC 版)

数学において、(えん、: circle)とは、平面(2次元ユークリッド空間)上の、定点O(オー) からの距離が等しいの集合でできる曲線のことをいう。


  1. ^ デジタル大辞泉【半径】[1]
  2. ^ 精選版 日本国語大辞典【半径】[2]
  3. ^ ??? 「中心と円周上の一点を結ぶ線を「輻(や)」という[要出典]」??と誰が[誰?]、いつ、どの教科書や文献で言った??。「輻(や)」とは車軸から放射状に出て車輪を支えている多数の棒のこと(出典:精選版 日本国語大辞典【輻】)。つまり英語で言うスポークのこと。「輻」という漢字は「車(くるま)へん」の漢字である。なお精選版 日本国語大辞典の【輻】の項目に「円の中心と円周の一点を結ぶ線分」などの説明は一切書いて無い。昭和時代や今どきの日本の算数・数学の教科書で「輻」などと書いてあるものは無い。あるいはもしかして大正時代の日本の教科書に「輻」と書いてあるものがあって、大正生まれか昭和一桁生まれの超高齢投稿者が強引に投稿したか? いずれにせよ今どき「輻(や)」などという表現は不適切なので表示しないほうがよい。あるいは、もしかして中国では「輻」と呼ぶことがあって、中国語ネイティブのウィキペディアンが中国と日本の表記の違いを知らず投稿したか?? 
  4. ^ もっと数学の世界、「原点はオー!」
  5. ^ 精選版 日本国語大辞典『虚円』 - コトバンク
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『点円』 - コトバンク



円形(丸ダクト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 22:43 UTC 版)

直管 定尺4mスパイラル管が標準使われる鉄板丸めたシーム管(継ぎ目あり)を使用する場合もあるが、この場合は1m間隔溶接を行う。 エルボ 標準角度90度45度曲がり管。およそ直径200mm以下では、プレス成形した2枚鉄板気流方向接合したもの、それ以上では気流と直角方向90度で4分割大口径は5分割)、45度3分割してはぜや溶接接合したセクションエルボとする。必要があれば30度や60度といった任意の角度でも製作できる。 レジューサーreducer入り口出口サイズが違うもの。普通は面間が平行(芯々)だが、角度のついたものや、片側平らにした物も製作可能。通常ホッパーテーパー)で徐々に絞っていくが、エンドキャップ閉止カラー)に変換する口径開口し、カラー取り付けたドン付けレジューサー」などと呼ばれる継ぎ手も製作可能である。だが、ドン付けレジューサーは、口径変換際に風を巻き騒音原因にもなり得るカラーcollar定着カラーとも。主に角ダクトチャンバーから丸ダクト取り出すときに使用される。丸ダクトから取り出す時に使われる取り出し根元に取出される側の径に合わせたカーブ付けたものは、ピンキー呼ばれるまた、カラーニップルと呼ばれる継手存在し、これは、定着カラーリブヒモ)を入れた形になり、主に保温フレキなどを取り付ける際に使用するニップルnipple) 丸ダクト同士差し込みによって繋ぐ継手。スパイラルサイズ(正寸)よりも3mmほど小さく作られスパイラル同士接続する通常は、ストッパーとして外側にヒモリブ)が付けられる継手同士接続するなどの目的で正寸で製作することもありこの場合内側にヒモ入れることもある。 分岐管T管、Y管、TY管など) 丸ダクト分岐する継ぎ手種類。幹となるまっすぐな方向に対しが出る角度によって名称が異なる。T管 - 幹から90度で出るもの。チーズとも呼ばれる。 Y管・ト管 - 幹から45度で出るもの。 TY管等 - Y管の45度で、そこから再び曲がり最終的に90度曲がりなるもの分岐角度指定ができパチンコY(フタマタY)管や、二又分岐した後に45°返しによって、結局主管より90°で分岐二又TYなども製作できる。また特殊なT管として。主管よりも枝管呼び径大きWTW(WRTやT管Wとも)管(Y分岐の場合はフタマタRYなど)も製作可能であるRT巻・RY巻 - 主管レジューサーとして呼び径収縮させ、分岐への通気促すもの閉止カラーフサギメクラとも) 配管されダクト末端閉鎖するときに用いカラー将来リニューアル工事などで取り外して延長できる縦走り管ではメクラカラーに水抜きソケットなどを取り付けることもある。発注受注際は、ニップルサイズかスパイラルサイズかの確認必要であるまた、清掃口として取り外しができるように、持ち手付けることも可能である発注際に雨水流入なども加味して本管側、メクラ側、どちらを正寸にするか注意が必要である。一体型としてT管やY管の主管片端閉じたMT管(片メクラT管)なども存在する

※この「円形(丸ダクト)」の解説は、「ダクト」の解説の一部です。» 「ダクト」の概要を見る


円形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:48 UTC 版)

円形で肖像のみのデザインの物、花の絵柄が下部デザインされたもの、後光になっている物などがある。

※この「円形」の解説は、「金日成バッジ」の解説の一部です。» 「金日成バッジ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「円形」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



円形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

円形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



円形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの円 (数学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダクト (改訂履歴)、金日成バッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS