曲線あてはめとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 曲線あてはめの意味・解説 

曲線あてはめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 18:54 UTC 版)

曲線あてはめ(きょくせんあてはめ)またはカーブフィッティング: curve fitting[1][2][3][4]は、実験的に得られたデータまたは制約条件に最もよく当てはまるような曲線を求めること。最良あてはめ、曲線回帰とも。一般に内挿回帰分析を用いる。場合によっては外挿も用いる。回帰分析で曲線を求める場合、その曲線はデータ点を必ず通るわけではなく、曲線とデータ点群の距離が最小になるようにする。曲線あてはめによって得られた曲線を、近似曲線という。特に回帰分析を用いた場合には回帰曲線という。現実の実験データは直線的ではないことが多いため散布図、近似曲線を求める必要性は高い。


  1. ^ a b c 本間 仁,春日屋 伸昌「次元解析・最小二乗法と実験式」コロナ社(1989)
  2. ^ 加川 幸雄,霜山 竜一「入門数値解析」朝倉書店(2000)
  3. ^ John R. Taylor、林 茂雄、 馬場 凉「計測における誤差解析入門 」東京化学同人(2000)
  4. ^ 吉沢 康和「新しい誤差論―実験データ解析法 」共立出版 (1989/10)
  5. ^ a b c 島 和久「多変数の微分積分学」近代科学社 (1991/09)
  6. ^ Coope, I.D., Circle fitting by linear and nonlinear least squares, Journal of Optimization Theory and Applications Volume 76, Issue 2, New York: Plenum Press, February 1993
  7. ^ Paul Sheer, A software assistant for manual stereo photometrology, M.Sc. thesis, 1997


「曲線あてはめ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「曲線あてはめ」の関連用語

曲線あてはめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曲線あてはめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曲線あてはめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS