曲舞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 芸能 > 曲舞の意味・解説 

くせ まい -まひ [2][0] 【曲舞】

南北朝室町時代盛行した白拍子系と考えられる芸能少年女性立烏帽子たてえぼし)・水干すいかん)・大口の男装をし、男は水干代わりに直垂ひたたれ)で舞った。鼓を伴奏とする拍子主体の謡と、扇を手にした簡単な所作の舞で、専業者のほか声聞師ようもん)なども演じた。観阿弥猿楽取り入れ、現在、曲(くせ)として、その面影が能に残る。後期幸若舞がその主流となった。

曲舞

読み方:クセマイ(kusemai)

(1)白拍子舞から派生したもの大日姿の声聞師などが演じるもの。
(2)幸若舞別称

別名 久世舞


曲舞〈三十番/(車屋本)鳥養道晰筆〉

主名称: 曲舞〈三十番/(車屋本)養道晰筆〉
指定番号 2007
枝番 00
指定年月日 1960.06.09(昭和35.06.09)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 文禄四年素月節付奥書
員数 1帖
時代区分 桃山
年代 1595
検索年代
解説文: 桃山時代作品
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  教訓鈔及続教訓鈔  教行信証  教行信証  曲舞  玉燭宝典  玉篇  玉篇

曲舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/18 01:40 UTC 版)

曲舞(くせまい)は、中世に端を発する日本の踊り芸能のひとつで、南北朝時代から室町時代にかけて流行した。単に「舞」と称することもあり、「久世舞」「九世舞」などとも表記する[1][注釈 1]幸若舞の母体になったである。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「舞舞」「舞々」の呼称も確認されている。「口宣舞」の表記もある。高山(2004)など

参照

  1. ^ a b c d e f 高山(2004)
  2. ^ 「曲舞」日本辞典


「曲舞」の続きの解説一覧



曲舞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「曲舞」の関連用語

曲舞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



曲舞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの曲舞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS