幸若舞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 舞曲 > 幸若舞の意味・解説 

こう わかまい かう-まひ [4][0] 【幸若舞】

主として室町時代流行した舞曲桃井もものい)直詮(幼名幸若丸)の創始という。語りを主とし、扇拍子小鼓・笛などの音曲合わせて舞う。曲舞くせまい)の一種で、曲節声明しようみよう)・平曲宴曲融合したもの軍記物語題材をとり、戦国武将愛好した。大頭だいがしら)・笠屋(かさや)の流がある。現在は福岡県みやま市瀬高町大江に残るのみ。幸若。舞。舞舞

幸若舞 (こうわかまい)

中世にはやった舞[まい]の1つで、武士の世界題材にした物語をうたうものです。当時人気のあった幸若座[こうわかざ]という一派にちなんで、このように呼ばれます。

関連項目

幸若舞

読み方:コウワカマイ(kouwakamai)

室町時代舞曲の一。


幸若舞

名称: 幸若舞
ふりがな こうわかまい
種別1: 民俗芸能
保護団体名: 幸若舞社中
指定年月日 1976.05.04(昭和51.05.04)
都道府県(列記): 福岡県
市区町村(列記): 山門郡瀬高町大江
代表都道府県 福岡県
備考
解説文:  幸若舞は、室町時代から流行した中世芸能であるが、その系脈がいまも山門郡瀬高町大江伝承されている。天正十年京都大頭流れをくむ者が筑後下り伝えたといわれ、「日本紀」「安宅」「高館」など四十二番台本伝書伝えている。正月二十日天満社舞台で演じられ、幕の前に小鼓方一人床几にかけて囃し、その前に立烏帽子素袍上下小太刀太夫左右折烏帽子、同じ装束シテワキ控え各々扇を持つ。謡が主で、長い詞章をその段落により適宜三人分けて謡ったり、また共に謡ったり、時に舞台一進一退する。

幸若舞

名称: 幸若舞
ふりがな こうわかまい
種別1: 民俗芸能
保護団体名: 幸若舞社中
選択年月日 1970.06.08(昭和45.06.08)
都道府県(列記): 福岡県
市区町村(列記): 山門郡瀬高町大字大江
代表都道府県 福岡県
備考 所在地同一都道府県内のもの(このデータ種別1から移行しています)
解説文:  幸若舞は、室町時代から流行した中世芸能であるが、その系脈がいまも山門郡瀬高町大江伝承されている。天正十年京都大頭流れをくむ者が筑後下り伝えたといわれ、「日本紀」「安宅」「高館」など四十二番台本伝書伝えている。正月二十日天満社舞台で演じられ、幕の前に小鼓方一人床几にかけて囃し、その前に立烏帽子素袍上下小太刀太夫左右折烏帽子、同じ装束シテワキ控え各々扇を持つ。謡が主で、長い詞章をその段落により適宜三人分けて謡ったり、また共に謡ったり、時に舞台一進一退する。
民俗芸能のほかの用語一覧
語り物・祝福芸:  一之瀬高橋の春駒  下水流の臼太鼓踊  加賀万才  幸若舞  三河万歳  秋田万歳  題目立

幸若舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/30 15:07 UTC 版)

幸若舞(こうわかまい)は、室町時代に流行した語りを伴う曲舞の一種。福岡県みやま市瀬高町大江に伝わる重要無形民俗文化財(1976年指定)の民俗芸能として現存している。歌舞伎の原型といわれ[要出典]、七百年の伝統を持ち、毎年1月20日に大江天満神社で奉納される。




注釈

  1. ^ これにはその2年後(元禄11年)に幕府に提出された付記文書がある。
  2. ^ 『幸若系図之事』は、系譜上は直和―直詮であると示すものの[17]、これでは直和が討死した慶長3年から幸若丸が生まれた応永12年(1405年)まで35年あるため「直和ノ不子為孫相応也(直和の子でなく孫であろう)」と傍注されている[18]
  3. ^ 父親は、直知(なおとも)の子、直和(なおかず)など様々に伝わっている。元禄9年『八郎九郎家之系図』では「直嗣(直知)―直詮」とある[9]。元禄11年の付記[9]によれば直知は直和の弟である[19]
  4. ^ 『幸若系図之事』の冒頭に、直常の嫡子は直和(西暦1370年の応安3年に戦死)、その子「直忠」が京都の女房を懐胎させ、越前国丹生郡法泉寺村で産んだのが直詮(幸若丸)とある[17]
  5. ^ 生年や没年については、様々に記される
  6. ^ 後小松院から後花園院と訂正されている。
  7. ^ 幸若八郎九郎直良の元禄11年(1698年)の書に、小舞丸という稚児と二人の共作とある[27]
  8. ^ 『幸若由緒書』に見える[29]
  9. ^ 創始者は、3つの分流と同じく西田中村に住んでいたとも解説されている[31]
  10. ^ 天保11年(1840年)の『武鑑』によれば、越前国丹生郡西田中村の幸若3家には、250石、300石、345石、越前国敦賀郡田島村の幸若家には100石の禄が与えられた
  11. ^ 笹野堅は「大頭左兵衛本」大頭流の最古の正本とする。
  12. ^ その時の記録は、同時に上演された『安宅』とともに京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター発行のCDおよびDVDに収録。

出典

  1. ^ 笹野 & 1943(I), p. 162.
  2. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 162, 191–192.
  3. ^ a b c d e f 幸若庄大夫長明が著した宝永3年(1706年)『幸若系図之事』[2]
  4. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 164–165.
  5. ^ a b 幸若小八郎家の桃井豁所蔵の幸若家系図(徳川初期)[4]
  6. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 221–223.
  7. ^ 延宝5 (1677年)、幸若直良著、桃井龍雄による写。『幸若八郎九郎家之系図』その3[6]
  8. ^ 笹野 & 1943(I), p. 166.
  9. ^ a b c 元禄9年(1696年)、幸若直良著、桃井直英の写。『幸若八郎九郎家之系図』その1、その2[8]
  10. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 170–171.
  11. ^ a b 寛文12年(1672年)、大宣の著による[10]
  12. ^ a b 「丹生郡人物志」所載
  13. ^ a b 笹野 & 1943(I), pp. 177–178.
  14. ^ 『幸若小八郎家之系図』その1、八代小八郎の頃(?)、つまり延宝6本と同時代。いずれも桃井豁が所蔵した[13]
  15. ^ 幸若直林(八代小八郎)による『幸若小八郎家之系図』[13]
  16. ^ 高野辰之 (写) 『幸若系図』斑山文庫、1927年
  17. ^ a b 笹野 & 1943(I), pp. 191–192.
  18. ^ a b 笹野 & 1943(I), p. 201.
  19. ^ Araki 1964, p. 22
  20. ^ 笹野 & 1943(I), p. 23.
  21. ^ 藤田 1934, pp. 283–.
  22. ^ 叡山で稚児になったとも(笹野 & 1943(I), pp. 23, 26)。
  23. ^ 笹野 & 1943(I), p. 192.
  24. ^ 京都で「音声無類の器用にて」と認められた(『幸若系図之事』)[23]
  25. ^ 麻原 1980, p. 101.
  26. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 23–24.
  27. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 63.
  28. ^ 麻原 1980, pp. 129, 138.
  29. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 212–213.
  30. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 24.
  31. ^ a b Araki 1964, p. 19
  32. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 26–27.
  33. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 297–305
  34. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 53–58.
  35. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 58–59.
  36. ^ 『明良帯録』「世職」の幸若音曲の条[35]
  37. ^ 菊池 1936, 「日本英雄伝」4, pp. 248–249.
  38. ^ 麻原 1980, p. 138.
  39. ^ 国文学研究資料館. “舞の本”. 日本古典籍総合データベース. 2016年11月19日閲覧。(岩波書店『国書総目録』による)
  40. ^ 笹野 & 1943(I), p. 308–309.
  41. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 322–323.
  42. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 325, 333.
  43. ^ 笹野 & 1943(I), p. 369–323.
  44. ^ 笹野 & 1943(I), pp. 297–305
  45. ^ 荒木, 池田 & 山本 1979 東洋文庫『幸若舞』1〜3巻(平凡社)の底本
  46. ^ 麻原 & 北原 1994 岩波書店『舞の本』。底本は寛永年間版で、岡山大学付属図書館蔵の池田家文庫本。


「幸若舞」の続きの解説一覧





幸若舞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幸若舞」の関連用語

幸若舞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幸若舞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幸若舞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS