筆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 古語 > の意味・解説 

ひつ【筆】

[音]ヒツ(漢) [訓]ふで

学習漢字3年

[一]ヒツ

ふで。一般に、文字を書く道具。「筆硯(ひっけん)/鉛筆擱筆(かくひつ)・硬筆紙筆執筆朱筆石筆鉄筆毛筆万年筆

文字や絵をかくこと。「筆記筆耕筆者筆順筆致筆法悪筆一筆加筆曲筆健筆主筆随筆代筆達筆遅筆特筆能筆文筆末筆漫筆略筆

ふでをとって書いたもの。「玉筆古筆真筆拙筆同筆肉筆名筆

土地区画。「分筆

[二]〈ふで〉「筆先筆箱筆不精絵筆一筆

難読土筆(つくし)


ひつ【筆】

【一】[名]

ふで。

筆で書くことまた、いたもの。「空海の筆」

【二】接尾助数詞。上に来る語によっては「ぴつ」となる。

登記簿上の土地区画数えるのに用いる。「1筆の土地」→分筆合筆(がっぴつ)

署名運動などで、署名の数を数えるのに用いる。「署名1万筆が集まる」


ふで【筆】

【一】[名]

竹や木の柄の先に獣毛をたばねてつけ、これに墨や絵の具などをふくませて字や絵をかく道具毛筆また、筆記具総称。「筆の運び

書くことまた、いたもの。「定家の筆になる」

文章書くことまた、その文章。「筆で飯を食う

【二】接尾助数詞文字や絵を書くとき、筆に墨や絵の具などをつける回数、または筆や鉛筆を紙にあてて動かす回数数えるのに用いる。「一筆で書く」

[下接語] 絵筆大筆・掠(かす)り筆・鉄漿(かね)付け筆・隈(くま)取り筆・毛描(が)き筆・小筆彩色筆・戯(ざ)れ筆・(しい)の実筆・朱筆初筆添え筆・禿(ち)び筆・椽大(てんだい)の筆・留め筆中筆・偽(にせ)筆・一(ひと)筆・平筆・紅(べに)筆・坊主筆巻き筆面相筆焼き筆

筆の画像

ふみ‐て【筆】

《「文手」の意。「ふみで」とも》ふで。

「我(あ)が爪は御弓弓弭(ゆはず)我が毛らはみ—はやし」〈三八八五〉


ふん‐で【筆】

《「ふみて」の音変化》ふで。

「—の力失せにけり」〈地蔵菩薩霊験記一一


ひつ【筆】

〔名〕

① ふで。文字絵画をかく道具

ふでのあとまた、ふでで書いたもの

性霊集‐一〇(1079)綜芸種智院式「右九経九流三玄三史七略七代、若文、若筆等書中若音、若訓、或句読、或通義」

田畑宅地などの土地一区画古く検地帳に、その場所種目面積所有者などを一行書き下したところからいう。


ひっ‐・す【筆】

〔他サ変〕 ⇒ひっする(筆)


ひっ‐・する【筆】

〔他サ変〕 [文]ひっ・す 〔他サ変〕 筆で書く。記す。

史記抄(1477)四「しかと書に筆しては不云して」


ふで【筆】

1 〔名〕 (「ふみて(筆)」から転じた「ふんで」の変化したもの

① 竹や木の柄(え)の先に、羊、、兎、鹿、馬などの毛を穂状束ね取りけたもの墨汁絵の具含ませ文字絵画などを書くのに用いる。毛筆また、筆記具総称

源氏100114頃)野分「ふでのさきうち見つつ、こまやか書きやすらひ給へるいとよし」

② 筆を用いて書くことまた、その書いたものや筆の使い方

源氏100114頃)梅枝「いといたうふですみたる気色ありて、書きなし給へり」

天草本伊曾保(1593)大海と、野人の事「エニ カクトモ、fudenimo(フデニモ) ヲヨバヌ ケイキニ ジョウジテ」

文章をつづること。また、その文章

申楽談儀(1430)能書く様、その二「能を書くに、序破急を書くとて筆斗(ばかり)に書くは悪き也」

社会百面相(1902)〈内田魯庵貧書生「筆で飯を喰ふ考は無い」

植物「つくし(土筆)」の異称

雑俳柳多留四三(1808)「地利を習って筆を買ふ野掛道」

(5) 男根異称

雑俳楊梅(1702)「世の親をとはばうなづけ船と筆」

2接尾〕 ものを書く時、筆や鉛筆を紙にあてて動かす回数をかぞえる語。「ひと筆で描く」

[語誌]古代の筆は、紙を巻いて作った(しん)のまわりに、の毛をおおったもので、現在のものより穂は短かった。筆は貴重品であり、また、正倉院遺物から、長さはいろいろで、書体に応じて使い分けられていたこと推定されている。


ふみ‐て【筆】

〔名〕 (文(ふみ)手(て)で、文を書くものの意。「ふみで」とも) 「ふで(筆)」の古語

万葉(8C後)一六三八八五「吾が爪は 御弓弓弭 吾が毛らは 御筆(ふみて)はやし」

*十巻本和名抄(934頃)五「筆 張華博物志云蒙恬造筆〈古文 布美天〉」


ふん‐で【筆】

〔名〕 (「ふみて(筆)」の変化した語。「ふむて」とも表記) =ふで(筆)

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)八「率爾に輙く毫(フムテ)を含むことを事とす」


読み方:ひつ

土地登記の用語で、土地所在地番地目地積所有者によって認識され、登記簿登記されものをいう

読み方:フデ(fude)

漆や墨で文字を書く用具


字入れには写巻小楷などの唐筆使用する。

作者吉橋通夫

収載図書京のかざぐるま
出版社岩崎書店
刊行年月1988.6
シリーズ名現代創作児童文学

収載図書京のかざぐるま
出版社日本標準
刊行年月2007.6
シリーズ名シリーズ本のチカラ


読み方:ひつ

  1. 鉛筆。〔第七類 雑纂
  2. 筆。鉛筆のことを云ふ。

読み方:ふで

  1. 男陰のこと。男が童貞を破ること、或いは女からすすめて初寝することを筆おろしという。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
ふで
ふでさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 00:28 UTC 版)

(ふで)とは、繊維)の束を竹筒などの細い)の先端に付けた、を書くための道具である。化粧にも用いられる。毛筆(もうひつ)ともいう。


  1. ^ 筆墨硯紙事典 PP..46-47
  2. ^ 榊, 莫山 (1998-05-29). 文宝四宝 筆の話 (1 ed.). 角川書店. p. 186. ISBN 4-04-703294-8. 
  3. ^ 筆墨硯紙事典 P.2
  4. ^ 神崎 茂夫、『やまびこは語る』 (単行本)、文芸社 (2002年3月15日 出版)、ISBN 9784835534527
  5. ^ 筆墨硯紙事典 P.73
  6. ^ 筆墨硯紙事典 P.150


「筆」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/06/13 16:49 UTC 版)

発音

名詞:ふで

(ふで)

  1. ふで」を参照

名詞:ふみて

ふみて

  1. ふでの古語

接尾辞

  1. (ヒツ) 書画数え助数詞
  2. (ヒツ) 土地区画数え助数詞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



筆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筆」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
かんこうかんこう
2021 (C) KANKO All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2021 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS