筆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 古語 > の意味・解説 

ひつ [2] 【筆】

ふで。
ふでをとって書くことまた、ふでで書いた文字文章絵画。 「貫之の-」
助数詞的に用いて土地一区画をいう。 「一-の土地

【ひつ】[漢字]

【匹】 [音] ヒツ
二つ一組みになる。対ついになる。なかま。つれあい。 「匹偶匹儔ひつちゆう匹敵
ひとり。ひとつ。身分の低い人。 「匹夫・匹婦
【必】 [音] ヒツ
例外ありえないこと。かならず。 「必死必至必勝必定つじよう必然必罰必滅
特に強く要望されること。しなければならないこと。 「必携必見必需必修必読・必要」
【泌】 [音] ヒツ ・ヒ
にじみ出る。 「分泌ぶんぴつぶんぴ)・泌尿器ひにようき
【 畢 】 [音] ヒツ
おえる。おわる。 「畢竟ひつきよう畢生
【 弼 】 [音] ヒツ
助ける。補佐する。また、その人。 「匡弼ようひつ補弼輔弼ほひつ良弼
昔の四等官の一。弾正台次官すけ。 「大弼
【筆】 [音] ヒツ
ふで。 「筆硯ひつけん筆紙筆洗筆墨鉛筆石筆鉄筆毛筆万年筆
文章書くことまた、書かれた文章。 「筆禍筆勢筆舌筆戦筆致筆誅ひつちゆう筆鋒ひつぽう筆力擱筆かくひつ曲筆執筆随筆
土地一区画。 「一筆合筆がつぴつ分筆
【 逼 】 [音] ヒツ
せまる。近づく。 「逼迫
せまくなる。 「逼塞ひつそく
【 謐 】 [音] ヒツ
静か。平安。 「静謐寧謐

ふで [0] 【筆】

〔「文手ふみて」の転〕
木管や竹軸の先に獣毛束ねてはめ、墨・絵の具などを含ませて字や絵を書く用具また、筆記具
筆を用いて書くことまた、いたもの。 「小野道風の-になる」
特に、文を書くことまた、文。 「 -の力」
言葉あるいは絵画による表現。 「この美しさは-の及ぶところではない」
助数詞的に用いて文字や絵を書くときに、筆に墨・絵の具を含ませ回数、あるいは、筆を紙に付け回数を示す。 「一-でえがく」 「一-書き」

ふみ て 【筆

「ふで」の古語。 「我が毛らはみ-はやし/万葉集 3885


読み方:ひつ

土地登記の用語で、土地所在地番地目地積所有者によって認識され、登記簿登記されものをいう

読み方:フデ(fude)

漆や墨で文字を書く用具


字入れには写巻小などの唐筆を使用する。

作者吉橋通夫

収載図書京のかざぐるま
出版社岩崎書店
刊行年月1988.6
シリーズ名現代創作児童文学

収載図書京のかざぐるま
出版社日本標準
刊行年月2007.6
シリーズ名シリーズ本のチカラ


読み方:ひつ

  1. 鉛筆。〔第七類 雑纂
  2. 筆。鉛筆のことを云ふ。

読み方:ふで

  1. 男陰のこと。男が童貞を破ること、或いは女からすすめて初寝することを筆おろしという。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
ふで
ふでさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/07 14:24 UTC 版)

(ふで)とは、繊維)の束を竹筒などの細い)の先端に付けた、を書くための道具である。化粧にも用いられる。毛筆(もうひつ)ともいう。


  1. ^ 筆墨硯紙事典 PP..46-47
  2. ^ 榊, 莫山 (1998-05-29). 文宝四宝 筆の話 (1 ed.). p. 186. ISBN 4-04-703294-8. 
  3. ^ 筆墨硯紙事典 P.2
  4. ^ 神崎 茂夫、『やまびこは語る』 (単行本)、文芸社 (2002年3月15日 出版)、ISBN 9784835534527
  5. ^ 筆墨硯紙事典 P.73
  6. ^ 筆墨硯紙事典 P.150


「筆」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 08:27 UTC 版)

発音

名詞

ふで

  1. 墨を用いて文字などを書くために用いる道具木管や竹軸の先に獣毛束ねてはめ、絵の具などを含ませてを書く。毛筆
  2. 毛筆以外の筆記具をしゃれて言う言葉
  3. 筆を用いて書くことまた、いたもの
  4. 抽象的表現として)文章絵画をかくこと。
    筆が進む。筆のすさび。
  5. 助数詞用いて文字を書くときに、筆に絵の具含ませる回数あるいは、筆を付けた回数示す
    一筆書き

ふみて

  1. ふでの古語

接尾辞

  1. (ヒツ) 書画数え助数詞
  2. (ヒツ) 土地区画数え助数詞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





筆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「筆」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

筆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



筆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
かんこうかんこう
2018 (C) KANKO All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2018 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS