化粧とは?

け‐そう〔‐サウ〕【化粧/仮粧】

けしょう(化粧)」に同じ。

御身の—いといたくして」〈竹取〉


け‐わい〔‐はひ〕【化粧/仮粧】

前項の「けわい」から》けしょうおつくり

「ことに女は—と言うて我が顔に白粉(うしろい)といふ物を塗り」〈虎清狂鏡男


け‐しょう〔‐シヤウ〕【化粧/仮粧】

[名](スル)

紅(べに)やおしろいなどを使って、顔を美しく見えるようにすること。つくり。けそう。「念入りに—する」

物の表面美しく飾ること。「壁を白いペンキで—する」「—」

うわべだけのこと。虚飾

「差いた刀は、—か、伊達(だて)か」〈浄・碁盤太平記


け‐しょう ‥シャウ 【化粧・仮粧】

〔名〕

① (━する) おしろいや紅などをつけて、顔などを美しく見えるようにすること。つくり。けわい。けそう。→化粧(けしょう)ず・化粧(けそう)ず。

宇津保(970‐999頃)内侍督「御息所、〈略〉まうのぼり給ふべきことを思しつつ、てつくしたる御けしゃうをしおはします」

② (━する) 美しく飾りたてること。彩色すること。

梁塵秘抄1179頃)二「けしゃう狩場小屋竝び暫し立てたれ閨の外に」

破戒(1906)〈島崎藤村一二川舟風変り屋形造りで、窓を附け、舷(ふなべり)から下を白く化粧して赤い二本筋を横に表してある」

③ (━する) 外観だけをきれいに飾ること。うわべの飾り虚飾。みえ。

浮世草子傾城色三味線(1701)大坂野葭(うどのよし)の細、けしゃうについて〈略〉人形のありくやうに、ねりだし給ふを」

④ (━する) 製本の際に、本の天、地、小口の紙を切りそろえること。けしょうだち。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

(5) 日本料理で、料理美しくみせるために、塩、うに、卵などをふりかけたり、塗ったり、のせたりすること。


けしょう‐・ず ケシャウ‥ 【化粧】

〔自サ変〕 =けそうず(化粧)

静嘉堂文庫無名抄(1211頃)「中比のさしもなき哥を此比の哥に並べて見れば、けしゃうじたる人の中にあさ顔にて交れるに異ならず」


け‐そう ‥サウ 【化粧・仮粧】

〔名〕 =けしょう(化粧)

*竹取(9C末‐10C初)「御身のけさういといたくしてやりてとまりなん物ぞとおぼして哥よみくはへてもちていましたり」


け‐わい ‥はひ 【化粧・仮粧】

〔名〕 (次項の「けわい」から派生ある様子を作ることの意から) けしょうみづくろいおつくり

六波羅殿御家訓13C中)第三二条「人の前に出む時は〈略〉さて出む後は、聊もけはいし、させきにて躰をつくろひ、若はきそくづく事あるべからず


け‐わ・う ‥はふ 【化粧】

〔他ハ四〕 (「けわい(化粧)」を動詞化したものけしょうする。おつくりする

六波羅殿御家訓13C中)第三二条「内にてはいかにもつくろひけはうべし」


けそう‐・ず ケサウ‥ 【化粧】

〔自サ変〕 顔や身なり装う。化粧する。身じまいをする。けしょうず

伊勢物語(10C前)二三この女、いとようけさうじて、うちながめて」


化粧

読み方:ケワイ(kewai)

けしょう


けしょう・けしょうだち 【化粧・化粧断】

最後仕上げ断裁のこと。

化粧

読み方:ケショウ(keshou)

おしろいや紅をつけて顔を美しく粧うこと。

別名 仮粧


けしょう 【化粧】

化粧は未開社会において、すでに重要な文化要素として現れている。それが社会的地位集団帰属などの表示であり、また、それによって神霊がのり移った自己変貌し、神の化身なり得る、と信じられていた。だが、害虫暑気寒気から皮膚を守るという即物的理由一面にはあった。

化粧

作者川端康成

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12

収載図書ちくま文学 4 変身ものがたり
出版社筑摩書房
刊行年月1988.2

収載図書ちくま日本文学全集 047 川端康成
出版社筑摩書房
刊行年月1993.1

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 上
出版社作品社
刊行年月2005.8

収載図書川端康成
出版社筑摩書房
刊行年月2008.10
シリーズ名ちくま日本文学


化粧

作者柴田よしき

収載図書蜜の眠り
出版社広済堂出版
刊行年月2000.4
シリーズ名広済堂アテール文庫

収載図書、あたしと恋
出版社イースト・プレス
刊行年月2001.10

収載図書蜜の眠り
出版社光文社
刊行年月2001.10
シリーズ名光文社文庫

収載図書、あたしと恋
出版社光文社
刊行年月2004.9
シリーズ名光文社文庫


化粧

作者山田清

収載図書フーコー短編小説傑作選 5(下)
出版社フーコー
刊行年月2000.9


化粧

作者菊地秀行

収載図書幽幻街
出版社新潮社
刊行年月2002.3


化粧

作者小泉吉宏

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11

収載図書四月天才
出版社文藝春秋
刊行年月2005.11
シリーズ名文春文庫


化粧

作者紀子

収載図書りり子の場合
出版社書房
刊行年月2003.6


化粧

作者小檜山博

収載図書小檜山博全集 第3巻(小説3)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


化粧

作者御堂彰彦

収載図書付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います 2
出版社メディアワークス
刊行年月2007.6
シリーズ名電撃文庫


化粧

作者各務麗至

収載図書ぼろおん
出版社鳥影社
刊行年月2007.8


化粧(メイク)

作者菊地秀行

収載図書俳優異形コレクション 13
出版社広済堂出版
刊行年月1999.11
シリーズ名広済堂文庫


化粧

作者佐藤正美

収載図書ショート・ショート劇場 5
出版社双葉社
刊行年月1987.6
シリーズ名双葉文庫


化粧

作者中上健次

収載図書昭和文学全集 29
出版社小学館
刊行年月1988.2

収載図書化粧
出版社講談社
刊行年月1993.8
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書中上健次全集 3
出版社集英社
刊行年月1995.5

収載図書岬・化粧他―中上健次選集 12
出版社小学館
刊行年月2000.7
シリーズ名小学館文庫


化粧

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集 第7巻 野・拳銃と十五の短篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3

収載図書拳銃と十五の短篇
出版社講談社
刊行年月1989.2
シリーズ名講談社文芸文庫


化粧

作者井上ひさし

収載図書昭和文学全集 26
出版社小学館
刊行年月1988.10


化粧

作者神西清

収載図書日本幻想文学集成 19 神西清 死児変相
出版社国書刊行会
刊行年月1993.5


化粧

作者大岡昇平

収載図書大岡昇平全集 4 小説 3
出版社筑摩書房
刊行年月1995.10


化粧

作者三神

収載図書月と五人の男
出版社集英社
刊行年月1996.3


化粧

作者鎌田敏夫

収載図書変身願望
出版社祥伝社
刊行年月1996.10
シリーズ名ノン・ポシェット


化粧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/31 04:37 UTC 版)

化粧あるいは仮粧(けしょう)とは、白粉(おしろい)や(べに[注 1])などをつけて顔(など)を装い、飾ること[1]。英語で makeup(カタカナでは「メイクアップ」「メーキャップ」と表記)フランス語で maquillage 「マキアージュ」「マキヤージュ」。


注釈

  1. ^ 赤っぽい色彩に見せるもの。頬紅(ほおべに)、口紅(くちべに)等 のせる部位によって呼び分けられている。
  2. ^ もともと、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスが枢要罪として「暴食」「色欲」「強欲」「憂鬱」「憤怒」「怠惰」「虚飾」「傲慢」の八つを挙げており、それを6世紀後半にグレゴリウス1世が七つにまとめなおした、ということらしい。

出典

  1. ^ 広辞苑第六版【化粧・仮粧】
  2. ^ a b c ブリタニカ百科事典 「けしょう」【化粧】
  3. ^ a b “化粧文化 いにしえの素顔”. 日本経済新聞. https://style.nikkei.com/article/DGXKZO10884730Q6A221C1BC8000/ 2020年7月17日閲覧。 
  4. ^ 新聞雑誌86号
  5. ^ オワコンだった“つけま”が復活。令和女子にヒットするものづくりとは? | ウェブ電通報
  6. ^ 平成時代とメイクの変遷~メイクはどう変わったか~│TintRoomお役立ちブログ
  7. ^ a b c 大坊郁夫 二宮克美、子安増生(編)「化粧行動」『キーワードコレクション 社会心理学』 新曜社 2011 ISBN 9784788512368 pp.202-205.
  8. ^ 野滞桂子, 小越明美, 斉藤善子, 青木理美、「【原著】Cosmetic Program による入院がん患者のQOL改善の試み」『健康心理学研究』 2005年 18巻 1号 p.35-44, doi:10.11560/jahp.18.1_35, 日本健康心理学会, 2017年9月19日閲覧。


「化粧」の続きの解説一覧

化粧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:34 UTC 版)

別表記

名詞

けしょう、けそう、けわい)

  1. 白粉・紅などを塗って顔を美しく見せるようにすること。
  2. 外見美しく飾ること。

発音

け↗しょ↘ー
け↗わ↘い
け↗わい

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
化粧-する



化粧と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化粧」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化粧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化粧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化粧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS