平氏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 一族 > 平氏の意味・解説 

へい‐し【平氏】

平(たいら)の姓を名乗る氏族の称。平家


へい‐し【平氏】

1⃣ 〔名〕 (古くは「へいじ」とも) 平(たいら)の姓を名のる一族。「平」は平安時代臣籍降下した皇族その子孫に与えられた姓の一つ。その祖である天皇によって桓武平氏・仁明平氏・文徳平氏・光孝平氏と呼ばれた。このうち最も繁栄したのが桓武平氏で、平安末期清和源氏と並んで武士統合中心となった。平清盛によって政権をにぎった平氏はその一支流である。平家

2⃣ ⇒たいら(平)


平氏 (へいし)

平姓をもつ氏族のことです。様々な流派ありますが、平清盛たいらのきよもり]に代表される一部流派政治実権をにぎりました。しかし、源氏[げんじ]によってたおされ、一族大半がほろぼされました。


平氏Ping shi

ヘイシ

県令

県人


平氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 01:01 UTC 版)

平氏(たいらうじ、へいし、へいじ)は、日本平姓(たいらのかばね)を持つ氏族。「」は皇孫三代目[1]臣籍降下の際に受けた賜姓


  1. ^ 皇孫二代目が臣籍降下の際に受けた賜姓は「」。
  2. ^ 「佐野本系図」や「平家勘文録」『続群書類従』(遊戯部所収)では「高見王の太子高望王の時、寛平元年十二月十三日に民部卿宗章の朝臣、帝皇をかたぶけんとせし時、祖王の宣旨を被りて、宗章を追罰せし故に帝王御感ありて従二位上総の介に任ず、朝敵を平らげたる故に平の姓を賜る」という中世の伝承があり「高望王の時に朝敵を討ち平らげたため「平」の姓を賜った」との説がある。しかし、高望王が朝敵を平らげる以前に平姓の賜姓が行われており、この説が事実に反し誤りであるということは言うまでも無い。
  3. ^ 『天皇家と源氏』(奥富敬之)
  4. ^ ただし、北条氏や坂東八平氏については、平氏とは無縁の氏族が後世になって仮冒したのではないかといわれている(太田亮『姓氏家系大辞典 第二巻』「平」の項、桓武平氏を称する氏族について
  5. ^ 角田文衛「平家」(角田文衛監修『平安時代史事典』 P2253-2254)
  6. ^ 『日本紀略』
  7. ^ 『日本後紀』天長7年正月7日条
  8. ^ 『続日本後紀』承和7年正月7日条


「平氏」の続きの解説一覧

平氏

出典:『Wiktionary』 (2011/06/03 11:39 UTC 版)

名詞

(へいし)

  1. たいら名乗った一族平家

関連語




平氏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平氏」の関連用語

平氏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



平氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2021 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの平氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS