和訓とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 和訓の意味・解説 

わ くん [0]和訓・倭

漢字漢語に、その字義に対応する固有の日本語をあてて読むこと。また、その読み方やその語。「山」を「やま」、「人」を「ひと」と読む類。国訓。訓。日本よみ。

訓読み

(和訓 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 00:44 UTC 版)

訓読み(くんよみ)とは、日本語において、個々の漢字をその意味に相当する和語(大和言葉、日本語の固有語)によって読む読み方が定着したもの。一般にひらがなで表記される。字訓(じくん)または単に(くん[1])ともいう。漢字の中国語における発音に由来する「音読み」と対照される。


  1. ^ なお、「訓」という漢字における「くん」という読み方自体は中国語(xun4)に由来するものであり、音読みである。
  2. ^ 熟字訓については松村(2008年、127頁)が参考になる。
  3. ^ 井上通泰(1928年)「相聞」『萬葉集新考』(國民圖書)2(4): 663、全国書誌番号 47020970
  4. ^ 「国訓」を「訓」と同じ意味で用いることもある。
  5. ^ 国訓については高橋(2000年)に詳しい解説がある。
  6. ^ なお複数形mètresは単数形と発音が同じ。
  7. ^ 英語beerは別に「ビアガーデン」「ビアホール」という形で入った。漢字では書かれない。
  8. ^ スペイン語もtabacoであるが『大辞泉』など日本の辞書はポルトガル語由来とするものばかりである。


「訓読み」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和訓」の関連用語

和訓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



和訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの訓読み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS