氏とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(人) > の意味・解説 

うじ〔うぢ〕【氏】

【一】[名]

その家代々引き継がれる、家の名。家系の名称。姓。

家柄家系

古代社会における同族集団氏の上(かみ)と氏人主な構成要員とし、部民(べみん)や奴婢(ぬひ)を隷属させる場合が多い。氏の名は朝廷での職掌居住地の名により、多く地位に応じて姓(かばね)を有した。

【二】接尾名字に付けて敬意を表す。現在は一般に「し(氏)」を用いる。「吉田氏


し【氏】

[音](漢) [訓]うじ

学習漢字4年

[一]〈シ〉

血統同じくする集団。うじ。「氏族氏名姓氏平氏李氏(りし)」

姓名添え敬意を表す語。「某氏山田氏

敬意をもって人を指す語。「各氏諸氏両氏

[二]〈うじ〉「氏神氏名(うじな)」

名のり]え

難読杜氏(とうじ)


し【氏】

【一】[名]

同一血族系統。うじ。

話し手相手以外の第三者代名詞的に用いる。「氏は静養中」

【二】接尾

氏名に付けて敬意を表す主として男子用いる。「佐藤氏欠席

氏族姓氏に付けて、その氏族出身であることを表す。「藤原氏

助数詞敬意をこめて人数を表すのに用いる。「三氏の御執筆」


うじ うぢ 【氏】

1 〔名〕

古代において、血縁あるいは擬制血縁集団成員大王への貢納奉仕前提に他と区別するために唱える名称。

万葉(8C後)二〇・四四六五「大伴の 宇治(ウヂ)と名に負へる ますらをの伴」

② 家の名称。姓。名字

史記抄(1477)一一「いた処を氏にしたぞ。日本に、なに殿か殿と、いた処の在名を云と同也」

家柄家系

宇津保(970‐999頃)あて宮「かどをもひろげ、うぢをもつへきしも」

十訓抄(1252)一〇「芸をろかにして氏をつがぬ類あり」

2接尾名字添え敬意表わす

歌舞伎東海道四谷怪談(1825)三幕ヤア、民谷氏(ウヂ)。爰にござったか」

[語誌](1)(一)①が元来の「うじ」で、氏の上(かみ)は氏神奉祀する祭司者であり、氏人統率し氏を代表して朝政参与し、その地位により姓(かばね)を与えられた。
(2)大化の改新以降社会制度変化により、その勢力次第衰え形骸化し、中世に地名称する②が登場する。中世以降は③のような意を表わすようになり、また(二)用法現われる
(3)特に、近世においては武士階級同輩以下の相手あるいは第三者を呼ぶのに姓・姓名の後に「うじ」を添えることもあった。
(4)近代になり、「氏」を音読した「し」にも同様の接尾用法登場したため次第接尾語の「うじ」は用いられなくなっていった。→氏(し)


し【氏】

1 〔名〕 血統が同じであることを表わす名。姓。また、一族。うじ。

史記抄(1477)三「姓と云は酬所居ぞ。氏と云は其下から出たものぞ」

2代名他称話し手相手以外の第三者をさし示す。主として男子用いる。

夏木立1888)〈石橋忍月〉「氏の文は外より応ずるより寧ろ内より発する者多きが如し

3接尾

① 人の姓に付けて尊敬の意を表わす

航西日乗(1881‐84)〈成島柳北一一四日此日池田氏に誘はれ」

数詞に付け敬意をこめて人数表わすのに用いる。

航西日乗(1881‐84)〈成島柳北三月二三日「中山譲治三輪一両トリエストより来たり」


読み方:ウジ(uji)

血縁関係によって結ばれた同族集団


読み方
うじ
はまうじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 19:06 UTC 版)

日本古代における(うじ、ウジ)とは、男系祖先を同じくする同族集団、すなわち氏族を指す。家々は氏を単位として結合し、土着の政治的集団となった。さらに、ヤマト王権(大和朝廷)が形成されると、朝廷を支え、朝廷に仕える父系血縁集団として、氏姓(うじかばね)制度により姓氏(せいし)へと統合再編され、支配階級の構成単位となった。


  1. ^ a b 村重 2007, pp. 8–9.
  2. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 346–347.
  3. ^ a b c 遠藤 他 2004, p. 12.
  4. ^ a b アジア歴史資料センター、レファレンスコードA09054276000
  5. ^ 法令全書明治九年1453頁
  6. ^ 坂田聡『苗字と名前の歴史』吉川弘文館、2006年、148頁
  7. ^ 久武綾子『夫婦別姓 その歴史と背景』世界思想社、2003年、80-89頁
  8. ^ a b c d 遠藤 他 2004, p. 13.
  9. ^ 高橋・床谷・棚村 2011, p. 24.
  10. ^ a b c d e f 二宮 2007, p. 17.
  11. ^ 遠藤 他 2004, p. 14.
  12. ^ 青山・有地 1989, p. 348.
  13. ^ 遠藤 他 2004, p. 15.
  14. ^ a b 高橋・床谷・棚村 2011, pp. 26–27.
  15. ^ 高橋・床谷・棚村 2011, p. 28.
  16. ^ 二宮 2007, p. 7.
  17. ^ 高橋・床谷・棚村 2011, p. 29.
  18. ^ 二宮 2007, p. 21.


「氏」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:46 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. シ、うじ古代日本社会における、親族中心とした社会集団
  2. シ、うじ親族集団をあらわす名称
  3. シ、うじ)(明治以降苗字
  4. シ、うじ出身階級

代名詞

  1. 敬称に氏が用いられている人物を指す。同氏。彼。彼女

接尾辞

  1. 姓名、姓、名につける敬称以前男性に氏、女性女史をつけることもあったが、今日では男女問わず氏が用いられることが多い。
  2. うじ)主に男性につける古い敬称
  3. 氏族の名に付けてその血族であることを表す。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「氏」に関係したコラム

  • CFD取引に関するCFD業者のセミナーの一覧

    CFD業者では、CFD取引に役立つセミナーを開催しています。セミナーでは、CFDの仕組みや取引の仕方など、初心者向けの内容が多いようです。また、テクニカル指標を用いて売買のエントリーポイントを見つける...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「氏」の関連用語


2
96% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

氏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS