彼女とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 代名詞 > 代名詞(人) > 彼女の意味・解説 

か‐の‐じょ〔‐ヂヨ〕【彼女】

読み方:かのじょ

【一】[代]三人称人代名詞話し手相手以外の女性をさす語。「—は遅れるらしい」⇔彼/彼氏

【二】[名]愛人恋人ある女性。「—ができた」⇔彼/彼氏

[補説] 西欧語からの訳語「かのおんな」の「おんな」音読した語。


彼女

作者高見恭子

収載図書ウォーク私の足だけ愛して
出版社扶桑社
刊行年月1990.5

収載図書ウォーク私の足だけ愛して
出版社扶桑社
刊行年月1994.4
シリーズ名扶桑社文庫


彼女

作者小山清

収載図書小さな町
出版社みすず書房
刊行年月2006.10
シリーズ名大人本棚


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 05:15 UTC 版)

彼女(かのじょ)




「彼女」の続きの解説一覧

彼女(THE SHI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:36 UTC 版)

HELLSING」の記事における「彼女(THE SHI)」の解説

外伝『THE DAWN』登場1944年ワルシャワにおいて、全身隙間なく包帯巻かれた上、ベルトや鎖などで、がんじがらめ拘束され吸血鬼人工製造機関の研究所隔離されている。少佐らは彼女を「ヒロイン」と称し、彼女を模倣することで吸血鬼作ろうとした。

※この「彼女(THE SHI)」の解説は、「HELLSING」の解説の一部です。
「彼女(THE SHI)」を含む「HELLSING」の記事については、「HELLSING」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/20 16:05 UTC 版)

ぼくらは都市を愛していた」の記事における「彼女」解説

かつてカイム援助交際相手だった女子高生本名不明。既に死亡しているが、カイム回想などにたびたび登場する

※この「彼女」の解説は、「ぼくらは都市を愛していた」の解説の一部です。
「彼女」を含む「ぼくらは都市を愛していた」の記事については、「ぼくらは都市を愛していた」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 03:49 UTC 版)

バースデイ・ガール」の記事における「彼女」解説

主人公「僕」前にして二十歳誕生日回想する

※この「彼女」の解説は、「バースデイ・ガール」の解説の一部です。
「彼女」を含む「バースデイ・ガール」の記事については、「バースデイ・ガール」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 03:00 UTC 版)

恋人」の記事における「彼女」解説

現代日本語には、「愛人もしくは恋人ある女性」を意味する「彼女(かのじょ)」がある (cf. wikt) 。これは、第1義として、明治時代初頭に、話し手聞き手以外の女性を指す語として「彼女」使われ始めたことに起源がある。西ヨーロッパ諸言語における三人称単数女性を指す人称代名詞(英語の "she" など)の翻訳語として、もともと男女両性用いられていた日本語三人称代名詞「かれ(彼)」に「おんな(女)」を連結して「彼女(かのおんな、あのおんな)」と表現し始めたのが最初で、これを元に「おんな」だけ音読することによりで生み出された語であったここから転じて愛人もしくは恋人ある女性」の意味第2義)で使われ始めたのは1887年明治20年前後。そして、広く普及したのは大正時代入ってからであった表現としては早くも1876年明治9年)の『改正画引小学読本』に「彼女ムカウニヰルムスメ」という形で初出しているものの、これは「カノオンナ」をいじった言葉遊びに過ぎなかった。 ロンドンの旦 彼女の秋袷 ──河野静雲明治・大正・昭和時代の人)泣ぼくろ 彼女もちけり けふの月 ──山口青邨大正・昭和時代の人)

※この「彼女」の解説は、「恋人」の解説の一部です。
「彼女」を含む「恋人」の記事については、「恋人」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 17:16 UTC 版)

ルウベンスの偽画」の記事における「彼女」解説

避暑地の別荘に母親過ごしている。クラシックの美しさを持っている顔で、その薔薇皮膚はすこし重たげふっくらした指。

※この「彼女」の解説は、「ルウベンスの偽画」の解説の一部です。
「彼女」を含む「ルウベンスの偽画」の記事については、「ルウベンスの偽画」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 08:51 UTC 版)

雨の日には車をみがいて」の記事における「彼女」解説

第8話ヒロイン。名前は不明カメラマン。濃い眉としっかりとした輪郭顔立ち女性独断的でわがまま、はっきりとものを言うきつい性格自信家結婚意識して、ぼくと同棲する。車に対する理解は低い。

※この「彼女」の解説は、「雨の日には車をみがいて」の解説の一部です。
「彼女」を含む「雨の日には車をみがいて」の記事については、「雨の日には車をみがいて」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:24 UTC 版)

遥か遠くに見えていた今日」の記事における「彼女」解説

アルバム向けに書き下ろされた楽曲予約先着購入特典と同時に追加収録曲として発表された

※この「彼女」の解説は、「遥か遠くに見えていた今日」の解説の一部です。
「彼女」を含む「遥か遠くに見えていた今日」の記事については、「遥か遠くに見えていた今日」の概要を参照ください。


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:11 UTC 版)

箱男」の記事における「彼女」解説

看護婦見習。名前は戸山葉子。元モデル貧し画学生で、個人経営画塾アマチュア画家クラブ連中相手に絵のモデルをして生計立てていた。2年前、中絶手術を受けに贋医者病院訪れそのまま見習看護婦として居ついた。代り贋医者内妻奈々出てゆき、ピアノ塾を開業する

※この「彼女」の解説は、「箱男」の解説の一部です。
「彼女」を含む「箱男」の記事については、「箱男」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「彼女」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

彼女

出典:『Wiktionary』 (2021/06/29 14:10 UTC 版)

この単語漢字
か > かの
常用漢字
じょ
第一学年
湯桶読み

代名詞

 (かのじょ)

  1. 三人称単数女性話し手聞き手以外の女性さし示す語。
  2. 二人称単数女性若い女性に対して用いられる呼びかけの語。

用法

日本語三人称代名詞については、かれ#用法を参照

語源

派生語

複数形

関連語

  • (かれ)

翻訳

名詞

 (かのじょ)

  1. 恋愛関係ある女友達ガールフレンド女性恋人

語源

対義語

翻訳


「彼女」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

彼女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彼女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彼女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHELLSING (改訂履歴)、ぼくらは都市を愛していた (改訂履歴)、バースデイ・ガール (改訂履歴)、恋人 (改訂履歴)、ルウベンスの偽画 (改訂履歴)、雨の日には車をみがいて (改訂履歴)、遥か遠くに見えていた今日 (改訂履歴)、箱男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彼女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS