彼女とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 代名詞 > 代名詞(人) > 彼女の意味・解説 

か‐の‐じょ〔‐ヂヨ〕【彼女】

【一】[代]三人称人代名詞話し手相手以外の女性をさす語。「彼女は遅れるらしい」⇔彼/彼氏

【二】[名]愛人恋人ある女性。「彼女ができた」⇔彼/彼氏

[補説] 西欧語からの訳語「かのおんな」の「おんな」を音読した語。


か‐の‐じょ ‥ヂョ 【彼女】

1代名

他称

(イ) 話し手相手以外の女性をさし示す語。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「俗にいふお転婆なれども、彼女(カノジョ)は活溌だ、などといって書生連によろこばるる小娘なり」

(ロ) (外国語女性名詞影響で) 船などを女性見たてていう。

海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉九「彼女はおとなしく、静に進んだ。〈略〉船は大うねりに乗って、心持よく泳いで行く」

対称俗に男性相手の若い女性をさして呼ぶ語。

2 〔名〕 ((一)から転じて) 恋人である相手女性。〔ウルトラモダン辞典1931)〕

[語誌](1)日本では古くから三人称は「かれ」で、男女両性指していたが、西欧語に接して、男女区別が必要となり、西欧語の三人称女性代名詞訳語として生まれた。
(2)明治九年(一八七六)の「改正画引小学読本」に「彼女 カノジョ ムカウニヰルムスメ」とあるが、「じょ(女)」が独立して使われている時期なので、まだ一語とは認めにくく、「カノオンナ」と同じ意識で、ただし新しさ込めようとして「カノジョ」と表現したもの思われる一語代名詞としての「かのじょ」が、広く一般普及したのは大正以降である。


彼女

作者高見恭子

収載図書ウォーク私の足だけ愛して
出版社扶桑社
刊行年月1990.5

収載図書ウォーク私の足だけ愛して
出版社扶桑社
刊行年月1994.4
シリーズ名扶桑社文庫


彼女

作者小山清

収載図書小さな町
出版社みすず書房
刊行年月2006.10
シリーズ名大人本棚


彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 06:28 UTC 版)

彼女(かのじょ)




「彼女」の続きの解説一覧

彼女

出典:『Wiktionary』 (2020/03/19 12:56 UTC 版)

この単語漢字
か > かの
常用漢字
じょ
第一学年
湯桶読み

代名詞

 (かのじょ)

  1. 三人称女性話し手聞き手以外の女性をさし示す語。
  2. 二人称女性。若い女性に対して用いられる呼びかけの語。

日本語三人称代名詞については、かれ#注を参照

語源

派生語

複数形

関連語

  • (かれ)

翻訳

名詞

  1. 大変親し女友達ガールフレンド女性恋人

語源

関連語

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彼女」の関連用語

彼女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彼女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彼女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彼女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS