彼とは?

か【彼】

[代]

多く「の」「は」を伴って用いる)遠称指示代名詞。あれ。かれ。

「兎追いし―の山」〈文部省唱歌故郷

「―の児ろと寝ずやなりなむはだすすき浦野の山に月(つく)片寄るも」〈三五六五〉

「何」と対になって、並列される事物漠然とさす。「なんとか彼とか不平を並べたてる」「何や彼やとうるさい」


あれ【彼】

[代]

遠称指示代名詞

第三者持っている物、または、話し手聞き手双方見えている物をさす。あのもの。「彼は何だ」「彼が欲しい」

双方見えている場所をさす。あそこ。

「―に見えるは茶摘みじゃないか」〈文部省唱歌茶摘

双方知っている過去事柄をさす。例のこと。「彼は忘れられない出来事だ」「彼以来からだのぐあいが悪くってねえ」

三人称人代名詞双方見えている人、分かっている人をさす。あの人。「彼が君の妹か」

二人称人代名詞あなた。

「―は何する僧ぞと尋ねらるるに」〈宇治拾遺・一〉


あ【彼】

[代]遠称指示代名詞。あれ。

立つ山を―はとこそみれ」〈大和・一四五〉


ひ【彼】

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]かれ かの あれ あの

[一]〈ヒ〉向こうにある人や物をさす語。あの人。あれ。向こう。「彼我彼岸彼此(ひし)/海彼

[二]〈かれ〉「彼氏彼等(かれら)」

[三]〈かの〉「彼女(かのじょ)」

難読彼奴(あいつ)・彼奴(きゃつ)・彼処(あそこ)・彼処(かしこ)・彼所(あそこ)・彼方(あちら)・彼方(あなた)・彼方(かなた)・彼誰時(かわたれどき)


かれ【彼】

【一】[代]

男性をさす三人称人代名詞あの男西欧語の三人称男性代名詞訳語。「彼は君の弟かい」⇔彼女。

三人称人代名詞明治時代まで男女区別なく用いた。あの人。あれ。

「余はエリス忘れざりき、否、―は日毎に書(ふみ)を寄せしかばえ忘れざりき」〈鴎外舞姫

二人称人代名詞あなた。おまえ。

「―は、なむぞの人ぞ」〈宇津保・俊蔭〉

遠称指示代名詞。あの物。あれ。

「吾(あ)が思(も)ふ君がみ船かも―」〈・四〇四五〉

【二】[名]恋人ある男性。彼氏。「彼ができる」⇔彼女。


作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1987.3
シリーズ名ちくま文庫

収載図書芥川龍之介全集14玄鶴山房 河童
出版社岩波書店
刊行年月1996.12

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書或阿呆の一生
出版社岩波書店
刊行年月2001.12
シリーズ名岩波文芸書初版本復刻シリーズ

収載図書大活字版 ザ・龍之介―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介全集14玄鶴山房河童
出版社岩波書店
刊行年月2008.2


作者フランツ・カフカ

収載図書カフカ傑作短篇集
出版社福武書店
刊行年月1988.3
シリーズ名福武文庫


作者川崎長太郎

収載図書昭和文学全集 14
出版社小学館
刊行年月1988.11

収載図書川崎長太郎選集
出版社河出書房新社
刊行年月1991.11


作者北川あつ子

収載図書悪意パラダイム
出版社沖積舎
刊行年月1990.4


作者中城

収載図書神こそ見つらめ
出版社日本図刊行
刊行年月1993.12


彼!!

作者サルトゥイコフ・シチェドリン

収載図書専横行政官その女たち
出版社未来社
刊行年月2000.2


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/11 03:08 UTC 版)

(かれ)

関連項目




出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:15 UTC 版)

発音

代名詞

  1. 古語遠称。あれ、あちら、あの。
  2. かれ三人称

名詞

  1. かれボーイフレンド又は男性恋人

類義語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彼」の関連用語

彼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS