軽井沢とは? わかりやすく解説

かるいざわ〔かるゐざは〕【軽井沢】


軽井沢

作者幸田露伴

収載図書露伴小説 第4
出版社岩波書店
刊行年月1988.4


軽井沢

読み方:カルイサワ(karuisawa)

所在 秋田県雄勝郡羽後町


軽井沢

読み方:カルイサワ(karuisawa)

所在 静岡県田方郡函南町


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 秋田県大館市


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 山形県上山市


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 福島県河沼郡柳津町


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 千葉県鎌ケ谷市


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 新潟県長岡市


軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 長野県北佐久郡軽井沢町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

軽井沢

読み方:カルイザワ(karuizawa)

所在 長野県(JR長野新幹線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 04:44 UTC 版)

軽井沢(かるいざわ)は、長野県東信地方佐久地域を中心に見られる地名である。狭義には長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢地区(ウィキ座標旧軽井沢メインストリートも参照)あるいは軽井沢町全体を指し、広義には隣接する御代田町(西軽井沢)、群馬県吾妻郡長野原町/嬬恋村北軽井沢/奥軽井沢)・安中市(東軽井沢)といった周辺部を含む。


注釈

  1. ^ 正式には改名である。発足時は「軽井沢文化人協会」であったが、会員を限定せず多くの人に賛同してもらいたいとして、三笠宮が「人」を取ることを提案した。
  2. ^ 長野県が発表した、1925年から2015年までの100年あたりの気候変動としては、年平均気温で1.54℃の上昇を記録している[19]
  3. ^ 軽井沢の8月が東京の5月下旬〜6月上旬とほぼ同水準の気温であることからして、これは想像に難くない。なお、先人たちが創り上げてきた「避暑地」というイメージのみが先行し、「軽井沢は格段に涼しいはず」「温暖化以前は軽井沢にこんな暑い日はなかったはず」といった一種の神話的様相を呈することが多々ある。
  4. ^ ただし、野鳥には留鳥以外も含まれるため、軽井沢の環境変化のみが、鳥類減少の要因として決定づけられるわけではないことには留意である[30]
  5. ^ イギリス人語学者で、1923年に日本に渡り、1926年から東北帝国大学で講師を務めた。1942年に離日[37]
  6. ^ 川上操六の土地はのちに根津嘉一郎の所有(別荘)となり、戦後は国土計画に買収され、現在の『軽井沢プリンスホテル』となった。川田小一郎の土地は、のちに子息川田龍吉から後述する野澤源次郎に売却され、別荘地開発の大きな基点となった。
  7. ^ イギリス人法学者経済学者で、東京帝国大学で経済学の講師を務めた。
  8. ^ 生没年不明。英国の商人で、会社を経営していたという。1882年英国王立地理学会の特別会員となる。著作は『日本内陸紀行』のみ。1881年6月1日横浜に到着し、9月18日函館を出港するまでの約3か月、日本を旅行して回った。経済的にも恵まれ、教養も深く、当時の日本で活躍していた外国人たちとも交流があった[47]
  9. ^ イギリス人でJ.M.ディクソンの友人。本著書で300枚以上の写真を用いて明治後期の日本の様子を描写した(本著書の前書きより)。
  10. ^ 1916年に細川護立徳川慶久がそれぞれ野澤源次郎から土地を購入した際の登記簿[57]には、現在の三笠通り付近が既に「山林」と表記されている。
  11. ^ 恐らくラウンドアバウトである現在の六本辻を指していると思われる。
  12. ^ 徳川圀順徳川慶久徳川義親の誰を指しているのかは不明(3人とも軽井沢に別荘を所有)。
  13. ^ 全編を通して軽井沢が舞台・ロケ地となっており、当時の旧軽井沢メインストリート草軽電気鉄道の様子なども確認することができる。またこの映画の舞台として使用された別荘は、かつて旧軽井沢に存在した細川侯爵邸そのものであり、別荘を黒塗りの馬車が往来している様子も描写されている。
  14. ^ 「ゴルフ場」とは『旧軽井沢ゴルフクラブ』のことであり、「ニューグランド」とは、かつて雲場池湖畔に存在した、横浜の『ホテルニューグランド』から夏期限定で出店されたホテル『軽井沢ニューグランドロッジ』のことである。「山腹の道路」は現在の『御水端通り』を指している。
  15. ^ 「高木林」、「雑木林」と同義。
  16. ^ 横浜山手町にあり、自動車部品製造メーカー「ボッシュ」と日本で初めて代理店契約を締結するなどの功績を持つ。会社は現存。
  17. ^ 避暑地草創期においては、共同で山羊などを飼い、畑を耕し、自給自足の生活を送っていた。
  18. ^ 旅籠「つるや(現・つるや旅館)」の主人佐藤仲右衛門の長男であり、軽井沢の総合案内である本著書を執筆。当時19歳。軽井沢に生まれ育ち、商社マンとして外国貿易に従事した後、1950年に帰郷し、軽井沢観光ホテル社長を務めている[69]
  19. ^ カントリー料理の講師としてテレビ出演経験もある妻ステラと、1953年に『軽井沢ユニオンチャーチ』で結婚式を挙げるなど、軽井沢を愛した人物である。なお、軽井沢生まれの息子クレイグは、『軽井沢ユニオンチャーチ』の代表理事を務めた。
  20. ^ ゆえに1890年代の外国人別荘は、日本人の名義で土地が登記されていた。
  21. ^ この文献は、尾崎行雄が「80歳を越えて」(69頁)書かれたものであるため、1940年頃から1946年までの間に書かれた随筆をまとめたものと判断している[56]
  22. ^ そもそも、軽井沢の地理的特性上「水」環境が悪く生活用水源や水辺レクリエーションが限られていたことも、野尻湖に転居した要因として考えられる[77]
  23. ^ 有島武が明治末期に建設。元々旧軽井沢の三笠地区にあったが、後に『軽井沢タリアセン』内に移築された。なお別荘跡には「有島武郎終焉地碑」が建立されている。
  24. ^ 芸妓娼妓、またそういった女性による接待が行われる店のこと。
  25. ^ 正確には、夏の期間、妻子供は別荘に住んでその地域で生活するが、仕事のある主人だけが平日は東京に残って、週末は別荘で家族と過ごす、というスタイルが多かったようである。
  26. ^ 派手な女性関係で知られた富裕層も、軽井沢では"正式な"家族と和気藹々とした時間を過ごすことから、皮肉を交えて、軽井沢が「正妻の町」と呼ばれることもあるという[105]
  27. ^ だらしなく着物を着くずしている様子の意。
  28. ^ ただしこれらの割合は、普通世帯の世帯員が現在居住している住宅又は住宅以外の建物のほかに住宅を所有(共有の場合を含む)している場合のみを表しており、法人名義の住宅は含まれていないため、実際よりも過小な数値になっている可能性がある。
  29. ^ 現在の近衛レーン沿いであり、その別荘跡には未だ「KONOE SANSO」の標識が立っている。
  30. ^ 出演者に渡辺貞夫三保敬太郎猪俣猛前田憲男など。当時の新聞には、「成功した軽井沢ジャズ・フェスティバル」「外人や白髪の紳士も、心配を吹きとばす入り」といった見出しで会場風景が報告されている[134]
  31. ^ 出演者に原信夫白木秀雄北村英治ビリー・バンクス英語版など。
  32. ^ 出演者は当時の流行歌手たちで、スパーク3人娘ジャッキー吉川とブルーコメッツザ・タイガースなど。見物席には当時の首相の佐藤栄作田中角栄の姿もあったという。
  33. ^ 山本直純新日本フィルハーモニー交響楽団による演奏会でさだまさし松任谷由実来生たかおらヒット歌手もゲスト出演している。
  34. ^ 1931年竣工。元々は旧軽井沢の二手橋付近にあったが、朝吹登水子の意思により2008年に移築された。
  35. ^ 芥川龍之介の軽井沢の滞在日記には、1925年の時点で既に、石垣を積んだ別荘の様子が描写されている。→初出:芥川龍之介『軽井沢の一日 (仮) 』(私的日録, 1925年)。『芥川龍之介全集 第23巻』(岩波書店, 1998年)に所収。以下該当箇所。「自分はH〔堀辰雄〕やS〔萩原朔太郎〕の妹たちと宿〔つるや旅館〕の前の路へはいった。右側が別荘の塀になってい、左側はやはり石垣をつんだ別荘の庭になっている。」「アタゴ山〔愛宕山〕の方へはいった。別荘ばかり並んだ小路だ。(中略)男は皆別荘の低い石垣に腰かけて休んだ。」
  36. ^ この項で他者の著作物の内容を数多く羅列(転載)しているのは、そのほとんどが著作権の消滅した文献のためであり、著作権の消滅していない文献については「引用」の規定に則って記載している。

出典

  1. ^ 市川武治『佐久地方の地名と語源』郷土出版社、1988年、ISBN 978-4-8766-3119-3
  2. ^ a b 軽井沢という地名”. 軽井沢観光協会. 2020年12月10日閲覧。
  3. ^ 黒斑山の形成と2万4300年前の崩壊(塚原土石なだれ)”. 浅間火山北麓の電子地質図. 2020年12月10日閲覧。
  4. ^ 浅間火山の地質と活動史”. 日本火山学会. 2020年12月10日閲覧。
  5. ^ a b 軽井沢日本史”. 軽井沢観光協会. 2020年12月10日閲覧。
  6. ^ 小林収「軽井沢開発ものがたり」(農山漁村文化協会 信濃路)p.25
  7. ^ 避暑地としての軽井沢の誕生(軽井沢観光協会)
  8. ^ 星野和彦『軽井沢のほん』信濃毎日新聞社、2004年、ISBN 978-4-7840-9977-1
  9. ^ 軽井沢が世界一価値の高いウイスキー銘柄に”. WHISKEY Magazine. 2020年12月10日閲覧。
  10. ^ 両陛下、軽井沢の開拓地をご散策2017年8月23日 産経新聞
  11. ^ 両陛下、軽井沢の大日向開拓地を訪問 旧満州引き揚げ者入植2017年8月23日 日本経済新聞
  12. ^ 長野県報 平成30年(2018年)3月22日(木曜日)定期発行第2959号2018年3月22日 長野県
  13. ^ 長野県報 平成30年(2018年)3月22日(木曜日) 定期発行第2959号43頁、長野県(食品・生活衛生課)(pdf)
  14. ^ 住宅宿泊事業を行おうとする方へ2018年3月22日 長野県(食品・生活衛生課)
  15. ^ 星野リゾートが「民泊」参入へ 軽井沢の別荘を活用2018年1月18日 信濃毎日新聞
  16. ^ a b c 軽井沢 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2020年10月10日閲覧。
  17. ^ a b 東京 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2020年10月10日閲覧。
  18. ^ a b c Cargill Gilston Knott, “On the Summer Climate of Karuizawa”, Transactions of the Asiatic Society of Japan, Vol. XIX, Ginza: Hakubunsha, 1891, p.574
  19. ^ 長野県の気候変動”. 信州・気候変動モニタリングネットワーク. 2020年10月10日閲覧。
  20. ^ 初出:『美しい村』(野田書房, 1934年)。『風立ちぬ・美しい村』(新潮文庫, 1973年), 22頁に所収。
  21. ^ a b 初出:『軽井沢にて』(「旅人の心」1942年3月)。青空文庫リンク(2020年6月28日閲覧。底本: 「世界教養全集 別巻1 日本随筆・随想集」(平凡社, 1963年))に所収。
  22. ^ 有島武郎『信濃日記』(1920年)
  23. ^ 菊池寛『貞操問答』(1935年)
  24. ^ 気象”. 軽井沢町HP. 軽井沢町役場. 2020年7月3日閲覧。
  25. ^ a b c d e 軽井沢、鹿島の森のはじまり:清貧の町、軽井沢 鹿島建設株式会社。2020年6月28日閲覧
  26. ^ 初出:『輕井澤で -「追憶」の代はりに-』(「文藝春秋」1927年3月1日)。『芥川龍之介全集 第9巻』(角川書店, 1967年), 132頁に所収。
  27. ^ 霧の中で育つブランド野菜 JA佐久浅間 2011年9月5日 農業協同組合新聞 JA広報誌便り。2020年6月28日閲覧
  28. ^ a b 野鳥の森 軽井沢 中部地方環境事務所
  29. ^ a b いつもそこに音楽があった... 避暑地軽井沢と音楽”. 軽井沢ネット. 信州広告社 (2011年5月14日). 2020年6月28日閲覧。
  30. ^ a b 峯岸典雄「録音データの解析により明らかになった軽井沢の鳥類の減少」『Bird Research』第3巻、Japan Bird Research Association、2007年、 p.A01-A09、 ISSN 1880-1595
  31. ^ ツキノワグマ保護管理”. ピッキオ. 2020年10月11日閲覧。
  32. ^ 新潟のクマ対策、「4年人身被害ゼロ」の軽井沢に学ぶ 日本経済新聞
  33. ^ a b Ernest Mason Satow, Handbook for Travellers in Central and Northern Japan, London, John Murray, Albemarle Street, 1881, p.229
  34. ^ a b Arthur H. Crow, Highways and Byeways in Japan: The Experiences of Two Pedestrian Tourists, London: Sampson Low, Marston, Searle and Rivington, 1883, p.152
  35. ^ 江尻寛子ほか「釧路湿原周辺に生息する蚊の吸血源動物の推定」(日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集, 第63回日本衛生動物学会大会 セッションID: A09, 2011年)p.43
  36. ^ 軽井沢で見られる動物たち 軽井沢観光協会
  37. ^ E.V. Gatenby's life and career Univercity of Warwick
  38. ^ Edward Vivian Gatenby, Karuizawa and Nojiri, Travel in Japan, Vol.1, No.2, Tokyo : Board of Tourist Industry, 1935, p.33.
  39. ^ a b c d e f g h 菅原聡, 橋本久代「軽井沢における森林の意義--文化的視点からの森林評価」『信州大学農学部紀要』第18巻第1号、信州大学農学部、1981年7月、 33-69(pp.60-62)、 ISSN 05830621NAID 120001087696
  40. ^ 岡村八寿子・中島松樹・大久保保『祖父野澤源次郎の軽井沢別荘地開発史』(牧歌舎, 2018年), 95頁に所収。
  41. ^ 升本喜就『軽井沢の自由研究』(杉並けやき出版、2012年/2017年)
  42. ^ a b c Ernest Foxwell, A Tale of Karuizawa, The Living Age, Vol. 236, Boston : Living Age Company, 1903, pp.92-109.
  43. ^ a b c d Arthur Lloyd, Every-day Japan, London, New York, Toronto and Melbourne: Cassell and Company Limited, 1909, pp.205-208
  44. ^ 軽井沢が見える万華鏡 No.9 軽井沢新聞
  45. ^ 梅干野成央・土本俊和・武智三奈「軽井沢における保養地景観の形成過程」(日本建築学会系論文集 第75巻 第647号 103-109、2010年)p.109
  46. ^ 信州軽井沢全景 軽井沢町立図書館デジタルアーカイブ
  47. ^ 第112回常設展示 外国人の明治日本紀行”. 国立国会図書館. 2020年10月25日閲覧。
  48. ^ 『クロウ日本内陸紀行(岡田章雄・武田万里子 訳)』(1984年)
  49. ^ Mrs. Hugh Fraser, A Diplomatist's Wife in Japan: Letters from Home to Home, Vol. II, London: Hazell, Watson and Viney, 1899, p.53
  50. ^ メアリー・フレイザー著・ヒュー・コタッツィ編 『英国公使夫人の見た明治日本(横山俊夫訳)』(1988年)
  51. ^ Lady Kate Lawson, Highways and homes of Japan, Vol. II, New York: Frederick A. Stokes Company, 1910, p.82
  52. ^ 特集「鹿島岩蔵 激動の明治を生きた実業家 建築・開発 鹿島建設
  53. ^ 岡村八寿子・中島松樹・大久保保『祖父野澤源次郎の軽井沢別荘地開発史』(牧歌舎, 2018年)
  54. ^ 渡邉悟「明治の大水害と森林法の成立並びに治山事業の開始(治山事業 100 年を迎えて)-後篇-」(2012, フォレストコンサル No.129)p.52
  55. ^ 加藤衛拡「第1報告 近代治山治水事業の展開と林業革命(国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」助成 林業経済研究所創立70周年記念シンポジウム 国土・社会・森林~国土管理における人と森林の関係を問う~)」『林業経済』第70巻第12号、林業経済研究所、2018年、 3-9(p.4)、 doi:10.19013/rinrin.70.12_3ISSN 0388-8614NAID 130007375467
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 佐藤大祐, 斎藤功「明治・大正期の軽井沢における高原避暑地の形成と別荘所有者の変遷」『歴史地理学』第46巻第3号、歴史地理学会、2004年6月、 1 - 20頁、 ISSN 03887464NAID 40006378788
  57. ^ 岡村八寿子・中島松樹・大久保保『祖父野澤源次郎の軽井沢別荘地開発史』(牧歌舎, 2018年), 94頁に所収。
  58. ^ 「理想的避暑地を造る為に」『住宅』 pp.23-24, 大正6年8月号所収。内田青蔵 他「戦前期における軽井沢別荘地と洋風別荘の変容に関する研究」(住総研 研究年報No.27 2000年版, 研究No.9901)p.59
  59. ^ 初出:『私と避暑』(「東京朝日新聞」1928年9月)。『徳田秋聲全集 第21巻』(八木書店, 1997年), 222頁に所収。
  60. ^ 初出:『軽井沢』(「経済往来」1933年9月)。青空文庫リンク (2020年6月28日閲覧。底本: 「日本随筆紀行 第十一巻 長野 雲白く山なみ遙か」(作品社, 1986年))に所収。
  61. ^ 初出:『夏の手紙 〜立原道造に〜 』(「新潮 第三十四巻第九号」1937年9月号)。青空文庫リンク(2020年6月28日閲覧。底本: 「堀辰雄作品集 第四巻」(筑摩書房, 1982年))に所収。
  62. ^ 『窪田空穂全集 第6巻』(角川書店, 1965年), 234頁に所収。
  63. ^ 映画監督の羽仁進氏ら、軽井沢の景観保全へ要望書 日本経済新聞2018年9月7日
  64. ^ 川端康成『落花流水』(1966年, 新潮社)p.135
  65. ^ エドウィン・O・ライシャワー『ライシャワー自伝(徳岡孝夫 訳)』(1987年, 文藝春秋)pp.49-50
  66. ^ 江川良武・山本博・杉崎孝一郎「2007年9月台風9号による軽井沢地方の倒木被害 -軽井沢の本来の自然を知る-」(軽井沢自然地理研究会, 2009年9月)p.59
  67. ^ 斎藤功「わが国最初の高原避暑地宮ノ下と箱根 —明治期を中心に—」『筑波大学人文地理学研究』第18巻、1994年、 133-161頁、 hdl:2241/00127075 p.146
  68. ^ 渡邉一民『故郷論』(筑摩書房, 1992年)p.120
  69. ^ 鹿島紀行第10回 軽井沢”. KAJIMAダイジェスト. 2020年10月24日閲覧。
  70. ^ a b c 再版 かるゐざは”. 軽井沢町立図書館デジタルアーカイブ. 2020年10月25日閲覧。 (初版:1912年/再版:1922年、21-28頁)
  71. ^ a b c d e f g h 花里俊廣「1930年頃の避暑地軽井沢における外国人の社会活動」『日本建築学会計画系論文集』第77巻第676号、日本建築学会、2012年6月、 1283 - 1292(p.1288 - 1289)、 ISSN 1340-4210NAID 130004512484
  72. ^ 軽井沢ニュース 第95号(2011年7月15日発行)軽井沢ニュース舎
  73. ^ a b 軽井沢地図 1926年”. 軽井沢町立図書館. 2020年12月10日閲覧。
  74. ^ a b c d 花里俊廣「戦前期の軽井沢の別荘地における外国人の所有・滞在と対人的環境の様態」(日本建築学会計画系論文集 第77巻 第672号, pp.247-256, 2012年2月)
  75. ^ 初出:『私と避暑』(「東京朝日新聞」1928年9月)。『徳田秋聲全集 第21巻』(八木書店, 1997年), 222 - 223頁に所収。
  76. ^ 尾崎行雄『随想録』(紀元社, 1946年)に所収。
  77. ^ a b c 西澤倫太郎ほか「野尻湖における外国人別荘地「神山国際村」の成立と展開」『観光研究』第3巻1 - 2、日本観光研究学会、1989年、 1-8(p.2)、 ISSN 2189-7530
  78. ^ a b c d e f g h i j k l m 内田順文「軽井沢における「高級避暑地・別荘地」のイメージの定着について」『地理学評論. Ser. A』第62巻第7号、日本地理学会、1989年7月、 p.495 - p.512(pp.500-505)、 ISSN 0016-7444NAID 110000521311
  79. ^ 初出:『高原』(「川端康成選集 第9巻」, 1939年)。『川端康成全集6』(新潮社, 1981年), 488頁に所収。
  80. ^ 木村吾郎『日本のホテル産業100年史 』(明石書店, 2006)p.111
  81. ^ a b c 軽井沢 上流社会の快適な避暑地も、一大娯楽センターとして大衆化が進む。」(1963年(昭和38年)08月09日公開 No.0499_3)中日映画社
  82. ^ 朝吹登水子『私の軽井沢物語一霧の中の時を求めて』(文化出版局、1985年)135~ 172頁。
  83. ^ 軽井沢地図 1930年”. 軽井沢町立図書館. 2020年10月10日閲覧。
  84. ^ 軽井沢別荘案内地図 1936年”. 軽井沢町立図書館. 2020年10月10日閲覧。
  85. ^ 老川慶喜, 渡邉恵一『ライフスタイルを形成した鉄道事業』(芙蓉書房出版, 2014)p.73
  86. ^ 中島純「後藤新平「学俗接近」論と軽井沢夏期大学の実践--新渡戸稲造のかかわりを中心にして」『暁星論叢』第52巻、新潟中央短期大学、2003年6月、 35-56(p.48-49)、 ISSN 03871673NAID 120006789141
  87. ^ 創設100周年「軽井沢夏期大学」”. 軽井沢ウェブ. 2020年10月31日閲覧。
  88. ^ 軽井沢の誇りを感じるスローガン"娯楽を人に求めずして自然に求めよ"”. 星野リゾート. 2020年10月29日閲覧。
  89. ^ 初出:『木の十字架』(「知性」1940年7月)。『堀辰雄全集 第3巻』(新潮社, 1964年), 6頁に所収。
  90. ^ 宮原安春『軽井沢物語』(1991年, 講談社)323頁に所収
  91. ^ 近代日本の悲劇「大政翼賛会」はこうして生まれた 2016年12月11日、現代ビジネス
  92. ^ 桐山秀樹・吉村祐美『軽井沢という聖地』(NTT出版, 2012年), 99頁に所収。
  93. ^ 外務省『終戦史録II』(北洋社, 1977年)p.111
  94. ^ a b ベアテ・シロタ・ゴードン著・平岡磨紀子構成『1945年のクリスマス: 日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』(朝日文庫, 1995年), 123-124頁に所収。
  95. ^ 小宮まゆみ「太平洋戦争下の「敵国人」抑留--日本国内に在住した英米系外国人の抑留について」『お茶の水史学』第43巻、お茶の水女子大学文教育学部人文科学科比較歴史学コース読史会、1999年、 1-48 (p.34)、 ISSN 02893479NAID 110005944247
  96. ^ 憲法の岐路(下)”. 中日新聞web. 中日新聞社 (2017年10月20日). 2020年6月28日閲覧。
  97. ^ 『戦時下日本での私達』(世界 1955年8月号), 47-48頁に所収。山本尚志「レオ・シロタ没後半世紀 ――ピアニスト シロタに関する若干の新史料と考察」(学習院高等科紀要第13号, 2015年, p.105 - p.131), 122頁に掲載。
  98. ^ 『ローゼンストック回想録――音楽 はわが生命(中村洪介訳)』(日本放送協会 1980年), 92頁に所収。山本尚志「レオ・シロタ没後半世紀 ――ピアニスト シロタに関する若干の新史料と考察」(学習院高等科紀要第13号, 2015年, p.105 - p.131), 125頁に掲載。
  99. ^ 文藝春秋, 昭和33年(1958年)8月9日
  100. ^ 朝日新聞, 1959年8月26日
  101. ^ 前田一馬「ローカルなタウン情報誌による避暑地「軽井沢」の表象 : 高原誌『軽井沢ヴィネット』の分析をもとに」第26巻、立命館地理学会、2014年、 ISSN 0915-5937NAID 40020307792
  102. ^ a b 石坂洋次郎『記憶の旅の中で』(講談社、1971年)p.153、279
  103. ^ 長野県教育史刊行会『長野県教育史』(長野県教育史刊行会、1972年)p.694
  104. ^ 海外富裕層も熱視線…「軽井沢」が国内最強の別荘地である理由 2019年2月25日 幻冬舎 GOLD ONLINE。2020年6月28日閲覧。
  105. ^ 土屋勇磨『豊かな人生を愉しむための「軽井沢ルール」 』(秀和システム, 2017年)
  106. ^ 小松史生子編『軽井沢と避暑 コレクション・モダン都市文化 第52巻』(ゆにま書房, 2009年), 805頁に所収。
  107. ^ 初出:『暑さに喘ぐ』(「中央公論」1926年9月)。『徳田秋聲全集 第15巻』(八木書店, 1999年), 358頁に所収。
  108. ^ 初出:『生きものの記録』(『三田文學』1935年10月号-12月号)。
  109. ^ Paget Wilkes, Missionary joys in Japan, or, Leaves from my journal, New York: George H. Doran Company, 1913, p.292
  110. ^ 街や暮らしに変化も…… 進む観光と居住の融合 2017年6月24日 TATE-MAGA。2020年6月28日閲覧。
  111. ^ 平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計 結果の概要 p.9”. 総務省. 2020年10月24日閲覧。
  112. ^ 現住居以外の住宅の所有状況”. 総務省統計局. 2020年10月24日閲覧。
  113. ^ a b c 令和2年度 軽井沢町の統計”. 軽井沢町. 2020年10月24日閲覧。
  114. ^ a b 軽井沢町の「旧住民」「新住民」「別荘人」”. 日本地域政策学会. 2020年10月24日閲覧。
  115. ^ 一般社団法人 軽井沢観光協会 - ダボス、アスペン、軽井沢。世界に冠たるウェルネスリゾートを目指して 2019年1月8日 BigLife21。2020年6月28日閲覧。
  116. ^ 別荘を持つ人たちの集い。軽井沢“コミュニティ”の魅力とは? 2019年8月14日 家庭画報。2020年6月28日閲覧。
  117. ^ 初公開 "軽井沢会"をご存じですか 2010年8月14日 現代ビジネス。2020年6月28日閲覧。
  118. ^ 軽井沢別荘物語 軽井沢web。2020年6月28日閲覧。
  119. ^ 田中啓爾『軽井沢における内外人の生活』(1934年)pp.302-304
  120. ^ 初出:『高原』(『川端康成選集 第9巻』, 1939年)。『川端康成全集: 純粹の聲』(新潮社, 1959年), 206頁に所収。
  121. ^ a b c 内田順文「軽井沢における「高級避暑地・別荘地」のイメージの定着について」『地理学評論. Ser. A』第62巻第7号、日本地理学会、1989年7月、 p.495 - p.512(p.500)、 ISSN 0016-7444NAID 110000521311
  122. ^ 軽井沢トーナメント100年」日本テニス協会
  123. ^ 天皇、皇后両陛下「軽井沢会」テニスコートを大切に”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2019年4月27日). 2020年6月28日閲覧。
  124. ^ 軽井沢の地理風土 軽井沢の風土と観光産業”. 美しい村 軽井沢. 軽井沢観光協会. 2020年7月3日閲覧。
  125. ^ PGAリポート121”. PGA REPORT. 2020年10月24日閲覧。
  126. ^ 「犬や猫、捨てないで」軽井沢ペット福祉協会が呼びかけ 軽井沢web
  127. ^ 桐山秀樹・吉村祐美『軽井沢という聖地』(NTT出版, 2012年), 98頁に所収。
  128. ^ 鶴見紘『白洲次郎の日本国憲法 - 隠された昭和史の巨人』(1989年、ゆまに書房、p.57)
  129. ^ 第一編集局セオリープロジェクト『あなたの知らない軽井沢 〔セオリー〕2010 vol.4』(講談社, 2010年7月24日刊), 76 - 77頁に所収。
  130. ^ 避暑地としての軽井沢の誕生”. 軽井沢観光協会. 2020年10月6日閲覧。
  131. ^ 桐山秀樹・吉村祐美『軽井沢という聖地』(NTT出版, 2012年), 6頁に所収。
  132. ^ 「東京24区」旧軽井沢ホテルで見つけた驚きのオリーブオイル”. ぐるなび目利きシリーズ ippin. 株式会社ぐるなび (2016年6月11日). 2020年6月28日閲覧。
  133. ^ 桐山秀樹・吉村祐美『軽井沢という聖地』(NTT出版, 2012年)。132-138頁に所収。
  134. ^ 草月とその時代展実行委員会『草月とその時代 1945--1970』(1998、芦屋市立美術博物館/千葉市美術館編)
  135. ^ 軽井沢の歴史的建造物「ハーモニーハウス」と、育まれた歴史を引き継ぐ「エロイーズカフェ」”. 旅ぐるなび. 株式会社ぐるなび (2015年6月17日). 2020年6月28日閲覧。
  136. ^ ソニー名誉会長大賀典雄夫人、ピアニスト 大賀 緑 さん”. 軽井沢新聞社. 2020年11月26日閲覧。
  137. ^ 名言巡礼 北原白秋「落葉松」から 長野県中軽井沢”. 読売新聞. 読売新聞社 (2017年11月26日). 2020年6月28日閲覧。
  138. ^ 【思い出のマーニートリビア第1弾】マーニーと杏奈の声優オーディション秘話とは?実はTEAM NACSが20役近く演じている?作品がもっと楽しめる制作裏話公開中! 2020年3月31日 日テレ 金曜ロードショーシネマクラブ ニュース&コラム。2020年6月28日閲覧。
  139. ^ 初出:『麦藁帽子』(「日本國民」1932年9月号)。青空文庫リンク(2020年6月28日閲覧。底本: 「燃ゆる頬・聖家族」(新潮文庫, 1987年))に所収。
  140. ^ まちづくり基本条例長野県軽井沢町公式ホームページ。2020年6月26日閲覧。
  141. ^ つるやの歴史”. つるや旅館. 2020年11月5日閲覧。
  142. ^ 江川良武「別荘地・軽井沢の発展過程の研究 その一」(信濃 [第3次] 67(8), 563-580, 2015-08, 信濃史学会)574-576頁
  143. ^ 桐山秀樹・吉村祐美『軽井沢という聖地』(NTT出版, 2012年), 59頁に所収。
  144. ^ 軽井沢の知られざる楽しみ方。独創的な建築群を堪能する The New York Times Style Magazine: Japan。2020年6月28日閲覧。
  145. ^ 写真で見る西武ヒストリー(前編)II 西武グループ土地開発創始期(1893 - 1969) 西武ホールディングス
  146. ^ 軽井沢のニュース”. 軽井沢WEB. 2020年11月5日閲覧。
  147. ^ 軽井沢観光会館のご案内”. 軽井沢観光協会. 2020年11月5日閲覧。
  148. ^ 軽井沢、その「本当の」魅力。軽井沢ヴィネット初代編集長に聞く 〜前編”. 東急リゾート. 2020年11月5日閲覧。
  149. ^ 「軽井沢」名称の適切な使用についてのお願い~軽井沢のブランド価値を維持していくために~(2021年3月29日、軽井沢町他。PDF)



軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:35 UTC 版)

あばれ!隼」の記事における「軽井沢」の解説

7番ショート。軽井沢商事御曹司守備場面内野での捕球から一塁送球の場面し描かれておらず守備位置明記されていないが、他の内野手守備位置全員明確なので、消去法判明している)。下位打線ながら次郎Wハリケーン軽々とスタンドに運ぶ。観戦中の父親ヘリコプター吊るしたくす玉でのパフォーマンスで、彼のホームラン称えた

※この「軽井沢」の解説は、「あばれ!隼」の解説の一部です。
「軽井沢」を含む「あばれ!隼」の記事については、「あばれ!隼」の概要を参照ください。


軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:03 UTC 版)

阿川佐和子」の記事における「軽井沢」の解説

軽井沢にあった父弘之の別荘を受け継ぎ、度々滞在している。また2013年から、軽井沢に住むセント・アンドリュース出身スコットランド人とヒッコリーゴルフ(クラシックスタイルゴルフ)のイベント阿川佐和子トロフィー」を軽井沢プリンスホテル晴山ゴルフ場で年2回開催しており、このイベントが日本におけるヒッコリーゴルフの静かなブーム生んだ

※この「軽井沢」の解説は、「阿川佐和子」の解説の一部です。
「軽井沢」を含む「阿川佐和子」の記事については、「阿川佐和子」の概要を参照ください。


軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:00 UTC 版)

ジョン・レノン」の記事における「軽井沢」の解説

音楽活動休止中の1977年から1979年には、ヨーコショーン毎夏訪日し小野家の別荘がある軽井沢を中心に過ごし東京京都箱根などにも足を運んだ合計9か月(うち6ヶ月近くが軽井沢))。 軽井沢における、サイクリング姿や、行きつけベーカリーカフェ付近景勝地立ち寄った様子などは、プライベート写真として多く残されており、なかには森の中でギター弾き語りをする様子まで収められている。これらの写真多くは、当時レノン一家のプライベート・アシスタントであった写真家西丸文也によるものであった古くから数多く外国人著名人滞在客として迎え入れてきた軽井沢では、町でレノン一家見かけるのもごく日常的な光景として受け入れられ干渉されることもなかったため、その心地よい空間は彼らに安息与えたジョン自身その気風土から軽井沢を故郷英国リヴァプール郊外重ね合わせてたようで滞在中この辺り土地を買い、軽井沢で暮らしたい」とも口にしていたという。万平ホテル旧館2階に宿泊しホテル併設カフェにはジョン直伝ロイヤルミルクティーがあり、ホテル内の記念館にはジョンサインを始め欲しがったといわれるピアノなどが収められている。 ジョンエルヴィス・プレスリー訃報知ったのも、軽井沢に滞在中のことであったそのとき各国メディア特派員が軽井沢に飛びレノン夫妻訪ねたが、2人は「コメント流れることで日本での楽しい生活が壊される恐れがある」として言及避けたと、当時サンケイスポーツ紙面報じている。

※この「軽井沢」の解説は、「ジョン・レノン」の解説の一部です。
「軽井沢」を含む「ジョン・レノン」の記事については、「ジョン・レノン」の概要を参照ください。


軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 12:08 UTC 版)

ヒュー・フレイザー (外交官)」の記事における「軽井沢」の解説

フレイザー夫妻は、現在では日本で最も有名な別荘地一つである軽井沢に最初期別荘建てた人物たちであり、か日本駐在する外交官別荘所有した最初期の例である。軽井沢を開拓した英国公使館付き牧師アレクサンダー・クロフト・ショー勧めから1890年旧軽井沢土地取得し宏壮な別荘を建て、夏に長期滞在した。メアリー夫人は軽井沢を大変気に入り、緑に包まれ別荘を”Palace of Peace”(平和の宮殿)と名付け日記には「そして今、私は世界でもっともすばらし書斎書いています」と記している外国人社会頂点に位置する英国公使が軽井沢を訪れようになったことは、軽井沢に上流階級社交という機能付け加えられたことを意味していた。フレイザー夫妻滞在によって外国人の間で軽井沢の知名度高まりその後宣教師外交官こぞって訪れようになった。 軽井沢の英国公使の別邸の正面背面デザイン中禅寺湖畔の大使館別荘群と類似したものであった

※この「軽井沢」の解説は、「ヒュー・フレイザー (外交官)」の解説の一部です。
「軽井沢」を含む「ヒュー・フレイザー (外交官)」の記事については、「ヒュー・フレイザー (外交官)」の概要を参照ください。


軽井沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:30 UTC 版)

松田智雄」の記事における「軽井沢」の解説

松田長野県軽井沢の別荘地発展に大きく貢献した人物である。市村今朝蔵夫妻1932年開拓した、軽井沢南原にある学者別荘地友達」に我妻栄蝋山政道松本重治吾妻光俊井上秀黒川武雄野村胡堂前田多門とともに初期から別荘構えた松田はのちにその別地の自治組織「軽井沢南原文化会」の理事長となった1965年には、画家田部井石南とともに新たな学者創設目指し、軽井沢追分に「学者」をつくった1970年には、加藤与五郎三上次男次いで、軽井沢文化協会会長に就任した1918年新渡戸稲造後藤新平開設した夏季講演会「軽井沢夏季大学」の戦後再開に向けても、市村今朝蔵、臘山政道岩崎民平小林多津衛らとともに協力援助した

※この「軽井沢」の解説は、「松田智雄」の解説の一部です。
「軽井沢」を含む「松田智雄」の記事については、「松田智雄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軽井沢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「軽井沢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軽井沢と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軽井沢」の関連用語

軽井沢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軽井沢のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軽井沢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあばれ!隼 (改訂履歴)、阿川佐和子 (改訂履歴)、ジョン・レノン (改訂履歴)、ヒュー・フレイザー (外交官) (改訂履歴)、松田智雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS