鈴木喜三郎とは?

すずききさぶろう -きさぶらう 【鈴木喜三郎】 ○


鈴木喜三郎 すずき きさぶろう

鈴木喜三郎の肖像 その1
鈴木喜三郎の肖像 その2

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

鈴木喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/27 03:06 UTC 版)

鈴木 喜三郎(すずき きさぶろう、慶応3年10月11日1867年11月6日)- 昭和15年(1940年6月24日)は、日本司法官僚政治家立憲政友会第7代総裁。旧姓は川島。鳩山和夫の長女カヅと結婚し、鳩山一郎は義弟にあたる。司法官僚から、貴族院議員、清浦奎吾内閣の司法大臣田中義一内閣の内務大臣を歴任し、衆議院議員から再度貴族院議員となった。犬養毅暗殺後の立憲政友会第7代総裁(在任、昭和7 - 昭和12、1932年 - 1937年)を務めた。




  1. ^ 小山俊樹『憲政常道と政党政治 -近代日本二大政党制の構想と挫折-』2012年11月、思文閣出版、P241-242
  2. ^ 原田熊雄『西園寺公と政局』。
  3. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  4. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  7. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  8. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  9. ^ 『官報』第317号「叙任及辞令」1928年1月21日。
  10. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  11. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日桐花大綬章受章者一覧


「鈴木喜三郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木喜三郎」の関連用語

鈴木喜三郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木喜三郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木喜三郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS