児玉源太郎とは?

こだまげんたろう -げんたらう 【児玉源太郎】 ○


【児玉源太郎】(こだまげんたろう)

日本江戸時代末期明治時代活躍した武士陸軍軍人。(1852生~1906没)
生涯最終階級位階・勲等陸軍大将正二位勲一等功一級子爵
日露戦争において満州軍総参謀長務め勝利貢献した。

幼少~陸軍入隊

1852年嘉永5年2月25日周防国徳山藩長州藩支藩)の藩士児玉半九郎の子として生まれる。
5歳のときに父が死去し、その後義兄児玉次郎彦養育された。
しかし義兄次郎彦は源太郎が13歳のときに佐幕派によって殺害され、一家収入を失い困窮する。

明治元年1868年)に初陣を果たし、新政府軍下士官として箱館戦争参加
その後、正式に国軍編成されると将校として入隊し、佐賀の乱において大尉出動するも、負傷
その後神風連の乱では熊本鎮台参謀として手腕見せる。

そして、熊本鎮台参謀副長少佐)のときに西南戦争発生
熊本鎮台のある熊本城篭城戦参加し、参謀長格として鎮台司令官谷干城補佐薩摩軍の猛攻撃から熊本城護る
これにより一躍その才能を知られ、頭角をあらわすことになる。

智将、児玉

その後児玉陸軍大学校充実に力を注ぎ、ドイツクレメンスW・Jメッケル少佐日本招き国軍将校教育多大貢献をした。
1892年明治25年)に少将として陸軍次官陸軍省軍務局長となり、日清戦争では大山巌大将第二軍の司令官として出征したため事実上陸軍大臣として出征軍を支えた。

そして日清戦争日本が勝ち、台湾日本統治下におかれた後、98年には第4代台湾総督就任
後藤新平台湾総督府民政局長(後に民政長官)に登用して台湾安定化寄与
さらに陸相のほか内務大臣文部大臣歴任する。

日露戦争

日露開戦直前1903年参謀次長田村怡与造急死
参謀本部大黒柱急になくなるという騒ぎの中、児玉大臣という栄職を去り、事実上降格となる参謀次長に自ら志願して就任、対ロシア作戦計画練り上げる

戦争では満州軍総司令部創設されると、大山巌司令官の下で総参謀長就任
大山司令官補佐し、旅順要塞攻防の際には第3軍司令官乃木希典指揮権多少侵すも、乃木と共に二百三高地攻防指揮
この際、火力集中という要塞攻撃常道を行うため、恒久据え付け移動が困難だった「28センチ榴弾砲」を、今ある場所からわずか1日配置転換するという奇抜作戦取った。
そして重砲射撃のもと、歩兵による突撃同時に行い、わずか半日で前まで攻めあぐねていた二百三高地占領完了する。
そして二百三高地越え28センチ榴弾砲ロシア旅順艦隊砲撃加え殲滅
結果ロシアバルチック艦隊日本連合艦隊と戦わざるを得なくなり、旅順要塞ロシア軍二百三高地攻防を境に弱体化、この1ヵ月後、降伏した。

戦費調達では財閥大物であった渋沢栄一説得し、対立する薩摩閥の海軍長州閥の陸軍をまとめ上げ日露戦争実質的指揮した児玉は、明治日本直面した危機卓越した戦略眼で乗り越え名将であった。

その後

日露戦争中の1904年には陸軍大将昇進1906年には参謀総長南満州鉄道創立委員長就任
情報重要性着目し、参謀次長福島安正起用して陸軍整備着手した矢先就寝中に脳溢血急逝
享年55


児玉源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 10:18 UTC 版)

児玉[注 1] 源太郎(こだま げんたろう、嘉永5年閏2月25日1852年4月14日) - 明治39年(1906年7月23日)は、日本陸軍軍人政治家階級位階勲等功級爵位陸軍大将正二位勲一等功一級子爵日露戦争において満州軍総参謀長を勤め、勝利に貢献した。




注釈

  1. ^ 兒玉の表記もある。「兒」は印刷字体、「児」は手書き書体である。学術誌、研究書、辞典類、文部科学省検定教科書などにおける歴史人物としての表記は「児玉源太郎」、『職員録』など存命中の刊行物における表記は正字体に統一の慣例により「兒玉源太郎」、御署名原本における大臣副書の本人署名は「児玉源太郎」である。
  2. ^ 現在の山口県周南市児玉町。
  3. ^ ただし、機密日露戦史は旅順戦において第三軍の方針と反発した大本営側の人間の証言を取り入れ現場の第三軍側の証言をほとんど採用していない内容の資料であり、誤りが多いと別宮暖郎、長南政義、原剛などが研究調査して書籍などで発表されている [10][11]
  4. ^ 正攻法の途中段階で大本営や海軍にせかされ実施した2回の総攻撃には反対で準備を完全に整えた上での東北方面攻略を指示していた。そのためには港湾部や市街への砲撃も弾薬節約の点から反対しており、当初は203高地攻略も提案していなかった[12]
  5. ^ この際同行していたのは第一師団長・松村務本中将と第七師団長・大迫尚敏中将[14]
  6. ^ 実際のところは予備の12センチ榴弾砲15門と9センチ臼砲12門を203高地に近い高崎山に移しただけではないのかと検証されてもいる[14]

出典

  1. ^ 小川(2006)、p133。
  2. ^ a b 小川(2006)、p134。
  3. ^ 小林(2012)、p8。
  4. ^ 小川(2006)、p134-137。
  5. ^ 小林(2012)、p11。
  6. ^ 小川(2006)、p138。
  7. ^ 越澤(2011)、72-74頁。
  8. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)124頁
  9. ^ 『官報』第2934号「叙任及辞令」1893年4月14日。
  10. ^ 別宮(2009)[要ページ番号]
  11. ^ a b 長南(2011b)[要ページ番号]
  12. ^ 学研パブリッシング(2011)、p.59
  13. ^ 学研パブリッシング(2011)、p.69
  14. ^ a b c d 学研パブリッシング(2011)、p.70 奈良武次少佐(当時は攻城砲兵司令部所属)の回想
  15. ^ 長南(2011a)、pp.150 f
  16. ^ 長南(2011a)[要ページ番号]
  17. ^ 学習研究社刊:歴史群像『日露戦争~陸海軍、進撃と苦闘の五百日』記述より
  18. ^ 國立臺灣博物館
  19. ^ 長南(2011a)、p129。長南(2013)、pp68-69。小林(2012)、ppⅴ-ⅵ
  20. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号240
  21. ^ 『官報』第1878号「叙任及辞令」1889年10月1日。
  22. ^ 『官報』第3401号「叙任及辞令」1894年10月27日]。
  23. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  24. ^ 『官報』第5337号「叙任及辞令」1901年4月22日。
  25. ^ 『官報』第6843号「叙任及辞令」1906年4月25日。
  26. ^ 『官報』第6921号「叙任及辞令」1906年7月25日。
  27. ^ 『官報』第548号「賞勲叙任」1885年5月2日。
  28. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  29. ^ 『官報』第3451号「叙任及辞令」1894年12月27日。
  30. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  31. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  32. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  33. ^ 『官報』第6920号・付録「叙任及辞令」1906年7月24日。
  34. ^ 『官報』第6832号「授爵・叙任及辞令」1906年4月12日。
  35. ^ a b 『官報』第2767号「叙任及辞令」1892年9月15日。
  36. ^ 『官報』第3691号「叙任及辞令」1895年10月16日。
  37. ^ 『官報』第6919号「叙任及辞令」1906年7月23日。
  38. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成 上巻』吉川弘文館、1996年、P596 - P597、小林(2012)、ppxxiv - xxv。





児玉源太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「児玉源太郎」の関連用語

児玉源太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



児玉源太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児玉源太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS