就寝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > > 就寝の意味・解説 

しゅう‐しん〔シウ‐〕【就寝】

[名](スル)眠りにつくこと。寝ること。「毎晩〇時には就寝する」


しゅう‐しん シウ‥ 【就寝】

〔名〕 眠りにつくこと。寝ること。就床就褥(しゅうじょく)。

思出の記190001)〈徳富蘆花〉五「就寝時間が過ぎてから、毛布(ケット)かぶって学校の籬(かき)をのり越し」〔元稹‐張旧幬詩〕


睡眠

(就寝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 08:03 UTC 版)

睡眠(すいみん、: somnus: sommeil: sleep)とは、眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである[1]ねむりとも言う[1]の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる[2]ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる[3]。動物では夜間に活動し、昼間に睡眠をとるものも多い[3]夜行性)。


注釈

  1. ^ この諺が成立したのは栄養失調、病気、寄生虫その他による乳幼児死亡率が高かった時代で、そういった場合、死ぬ可能性の高い乳児は寝ずに泣き続けるケースが多いことから来ているため、この場合の「育つ」とは単なる成長の著しさではなく「死なずに無事生きる」事を指している。

出典

  1. ^ a b デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑』第五版
  3. ^ a b c d ブリタニカ百科事典』「睡眠」
  4. ^ 睡眠の基礎知識 日本大学医学部附属板橋病院睡眠センター(2021年5月16日閲覧)
  5. ^ a b c d e ハリソン内科学』(4版) メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日、Chapt.27。ISBN 978-4895927345 
  6. ^ a b 井上 雄一、林 光緒 編集『睡眠の科学 - そのメカニズムと対応 -』(朝倉書店 2011年1月25日発行 ISBN 978-4-254-30103-8)p.36
  7. ^ 2. 人は眠らないとどうなりますか?
  8. ^ 澤田誠 全学教育科目 理系教養 自然環境と人間 第1シリーズ 脳 6話 2010年11月11日の講義資料のひとつ
  9. ^ Binder, Marc D.; Hirokawa, Nobutaka; Windhorst, Uwe, eds (2009) (英語). Two-Process Model of Sleep Regulation. Berlin, Heidelberg: Springer. pp. 4146–4146. doi:10.1007/978-3-540-29678-2_6166. ISBN 978-3-540-29678-2. https://doi.org/10.1007/978-3-540-29678-2_6166 
  10. ^ 先端酵素学研究所特別セミナー”. 2021年8月5日閲覧。
  11. ^ a b c d e 田中冨久子『女の老い・男の老い:性差医学の視点から探る』(<NHKブックス> NHK出版 2011年、ISBN 9784140911778)pp.62-65.
  12. ^ 「細胞内のカルシウムが脳を眠らせる - 東大など、睡眠を制御する遺伝子特定」マイナビニュース(2016年3月18日配信)2021年5月16日閲覧
  13. ^ Tatsuki et al. (April 2016). “Involvement of Ca(2+)-Dependent Hyperpolarization in Sleep Duration in Mammals”. Neuron 90 (1): 70–85. doi:10.1016/j.neuron.2016.02.032. ISSN 1097-4199. PMID 26996081. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26996081. 
  14. ^ Tatsuki et al. (May 2017). “Ca2+-dependent hyperpolarization hypothesis for mammalian sleep”. Neuroscience Research 118: 48–5. doi:10.1016/j.neures.2017.03.012. ISSN 1872-8111. PMID 28433628. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28433628. 
  15. ^ Ode et al. (June 2017). “Fast and slow Ca2+-dependent hyperpolarization mechanisms connect membrane potential and sleep homeostasis”. Current pinion in Neurobiology 44: 212–221. doi:10.1016/j.conb.2017.05.007. ISSN 1873-6882. PMID 28575719. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28575719. 
  16. ^ Shi and Ueda (January 2018). “Ca2+ -Dependent Hyperpolarization Pathways in Sleep Homeostasis and Mental Disorders”. BioEssays: News and Reviews in olecular, Cellular and Developmental Biology 40 (1). doi:10.1002/bies.201700105. ISSN 1521-1878. PMID 29205420. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29205420. 
  17. ^ Ode and Ueda (October 2020). “Phosphorylation Hypothesis of Sleep”. Front Psychol. 2020 Oct 2;11:575328. doi:10.3389/fpsyg.2020.575328. PMID 33123055. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/33123055. 
  18. ^ 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表”. 共同通信 (2018年6月14日). 2018年6月26日閲覧。][リンク切れ]
  19. ^ 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表” (2018年6月26日). 2018年6月26日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i Hirshkowitz, Max ; Whiton, Kaitlyn et al. (14 January 2015). “National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary”. Sleep Health: Journal of the National Sleep Foundation (Elsevier Inc). doi:10.1016/j.sleh.2014.12.010. http://www.sleephealthjournal.org/article/S2352-7218(15)00015-7/fulltext 2015年2月4日閲覧。. 
  21. ^ Backgrounder: Later School Start Times”. National Sleep Foundation (n.d.). 2009年10月2日閲覧。 “Teens are among those least likely to get enough sleep; while they need on average 914 時間 of sleep per night...”
  22. ^ How Much Sleep Is Enough?”. National Heart, Lung and Blood Institute. 2015年7月25日閲覧。
  23. ^ Daniel F. Kripke; Robert D. Langer; Jeffrey A. Elliott; Melville R. Klauber; Katharine M. Rex (2010). “Mortality related to actigraphic long and short sleep”. Sleep Medicine 12 (1): 28-33. doi:10.1016/j.sleep.2010.04.016. 
  24. ^ 玉腰暁子「睡眠時間と死亡との関係」[リンク切れ]
  25. ^ 「死亡率低い7時間睡眠 日本人11万人の調査結果」[リンク切れ]47NEWS
  26. ^ MD, Robert H. Shmerling (2020年1月29日). “Are you getting enough sleep… or too much? Sleep and stroke risk” (英語). Harvard Health Blog. 2020年11月10日閲覧。
  27. ^ Publishing, Harvard Health. “Sleeping too much or not enough may raise the risk of cognitive decline”. Harvard Health. 2021年1月21日閲覧。
  28. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年11月10日閲覧。
  29. ^ Mah, Cheri D.; Mah, Kenneth E.; Kezirian, Eric J.; Dement, William C. (2011-07-01). “The Effects of Sleep Extension on the Athletic Performance of Collegiate Basketball Players”. Sleep 34 (7): 943–950. doi:10.5665/SLEEP.1132. ISSN 0161-8105. PMC 3119836. PMID 21731144. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3119836/. 
  30. ^ Understanding Sleep: Sleep Needs, Cycles, and Stages”. Helpguide.org (2007年). 2008年1月25日閲覧。
  31. ^ Meyer, Matthew (2012). The slumbering masses : sleep, medicine, and modern American life. Minneapolis: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-7474-4. OCLC 788275263 
  32. ^ ロジャー・イーカーチ著『失われた夜の歴史』インターシフト発行、合同出版発売
  33. ^ a b 「豊かな眠りを求めて」『日本経済新聞』朝刊2021年5月9日9-11面
  34. ^ Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E (December 2004). “Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index”. PLoS Med. 1 (3): e62. doi:10.1371/journal.pmed.0010062. PMC 535701. PMID 15602591. http://dx.plos.org/10.1371/journal.pmed.0010062. 
  35. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  36. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。
  37. ^ ポー・ブロンソン(Bronson,Po)およびアシュリー・メリーマン(Merryman,Ashley)著 、小松淳子訳『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  38. ^ デジタル大辞泉「熟睡」
  39. ^ 睡眠用語辞典田辺三菱製薬)「深睡眠」「徐波睡眠」
  40. ^ 2005年5月3日付『神奈川新聞』11面※記事名不明
  41. ^ “明るい寝室、眠りの質低下でうつのリスク”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月21日). http://www.asahi.com/articles/ASK8P52PRK8PUBQU00K.html 2017年8月22日閲覧。 
  42. ^ 生涯眠らなかった男(2011年10月13日時点のアーカイブ
  43. ^ 「33年間、眠らない男 ベトナム」X51.ORG
  44. ^ “Hasn't Slept in 10 years”. New York Times. (1904年2月29日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F2061EF9355E12738DDDA00A94DA405B848CF1D3 2017年5月23日閲覧。 
  45. ^ “Man Who Said He Never Slept Dies at 94; New Jersey Doctors Are Skeptical of Claim”. New York Times. (1947年1月4日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60C1EFC3F5A107A93C6A9178AD85F438485F9&scp=1&sq=alfred%20herpin&st=cse 2017年5月23日閲覧。 
  46. ^ Society at a Glance 2009, OECD, (2009), doi:10.1787/19991290, ISBN 9789264056879 
  47. ^ NHK放送文化研究所世論調査部『2000年国民生活時間調査報告書』
  48. ^ In the City That We Love - The Jawbone Blog
  49. ^ a b c Bilodeau, Kelly (2021年6月1日). “Is your daily nap doing more harm than good?” (英語). Harvard Health. 2021年7月18日閲覧。
  50. ^ 昼寝 アルツハイマー病 予防 国立精神・神経センター武蔵病院
  51. ^ 『疲れないカラダの作り方』ゴマブックス
  52. ^ Sleeping for more than 40 minutes during the day 'increases the risk of heart disease'”. 2016年3月26日閲覧。
  53. ^ a b c d 眠気の正体 日経ナショナルジオグラフィック(2016年10月4日)2021年5月16日閲覧
  54. ^ a b 不眠バイオマーカーの探索(研究課題番号:20406006)同pdf版 KAKEN(2021年5月16日閲覧)
  55. ^ The people who need very little sleep BBC 2015年
  56. ^ a b Stra13/DEC1 and DEC2 inhibit sterol regulatory element binding protein-1c in a hypoxia-inducible factor-dependent mechanism. Nucleic Acids Research Choi SM, Cho HJ, Cho H, Kim KH, Kim JB, Park H. 2008年
  57. ^ Effects of Vitamin B6 (Pyridoxine) and a B Complex Preparation on Dreaming and Sleep Perceptual and Motor Skills Denholm J. Aspy, Natasha A. Madden, Paul Delfabbro, et al. 2018年4月17日
  58. ^ 「夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果」 Wired(2018年5月21日)2021年5月16日閲覧
  59. ^ Zhiqiang Wang, et al. :Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep needNature』2018年6月13日
  60. ^ アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 -東京大学大学院(2015年3月12日)2021年5月16日閲覧
  61. ^ Weljie, Aalim M.; Meerlo, Peter; Goel, Namni; Sengupta, Arjun; Kayser, Matthew S.; Abel, Ted; Birnbaum, Morris J.; Dinges, David F. et al. (2015). “Oxalic acid and diacylglycerol 36:3 are cross-species markers of sleep debt”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (8): 2569–2574. doi:10.1073/pnas.1417432112. ISSN 0027-8424. 
  62. ^ Bilodeau, Kelly (2021年6月1日). “Is your daily nap doing more harm than good?” (英語). Harvard Health. 2021年7月18日閲覧。
  63. ^ Sleep, Learning, and Memory | Healthy Sleep”. healthysleep.med.harvard.edu. 2020年9月10日閲覧。
  64. ^ 11 Surprising Health Benefits of Sleep” (英語). Health.com. 2020年9月10日閲覧。
  65. ^ a b 池田不二男「古代中国人の夢に関する思惟(第 4, 5 回研究大会報告要旨 : アジア・アフリカ・アメリカ)日本民族学会 1967年 31巻 4号 p.292-293, doi:10.14890/minkennewseries.31.4_292
  66. ^ 立木鷹志『夢と眠りの博物誌』
  67. ^ 眠りのメカニズム 厚生労働省 e-ヘルスネット(2021年5月16日閲覧)
  68. ^ ※記事名不明[リンク切れ]長崎県
  69. ^ Kazuhiko Kume, Shoen Kume, Sang Ki Park, Jay Hirsh and F. Rob Jackson,“Dopamine is a regulator of arousal in the fruit fly,” Journal of Neuroscience, 25, 2005, pp.7377-7384. [1]


「睡眠」の続きの解説一覧



就寝と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「就寝」の関連用語

就寝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



就寝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの睡眠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS