脳科学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 科学 > 脳科学の意味・解説 

脳科学

読み方:のうかがく

脳の構造生理作用などを対象とする学。学術的な学問分野としては生物学神経科学含まれるが、より大的な文脈で脳の働きを扱う際などに「脳科学」の呼び名用いられることが多い。

のう‐かがく〔ナウクワガク〕【脳科学】


脳科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 03:04 UTC 版)

脳科学(のうかがく、: brain science)とは、ヒトを含む動物と、それが生み出す機能について研究する学問分野である。対象とする脳機能としては視覚認知、聴覚認知など感覚入力の処理に関するもの、記憶、学習、予測、思考、言語、問題解決など高次認知機能と呼ばれるもの、情動に関するものなどである。




「脳科学」の続きの解説一覧

脳科学(神経科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 16:59 UTC 版)

自由意志」の記事における「脳科学(神経科学)」の解説

現在では生きたままの脳を研究することが可能になってきており、『意志決定の「機構」』(the decision-making "machinery") が働いている様を観察することができる。 この領域における重要な実験1980年代ベンジャミン・リベットによって行われた任意の時間被験者手首曲げてもらい、それと関連する脳活動観察する実験である(このとき、準備電位(readiness potential)と呼ばれる電気信号立ち上がる)。準備電位身体の動き先行する脳活動としてよく知られていたが、行動意図感じることと準備電位一致するかどうかわかっておらず、Libetはこの点を探求した行動意図被験者にいつ生まれるかを決定するために、時計の針を見続けてもらって動かそうとする意識的意図感じたときの時計の針位置報告してもらったLibet は、被験者の脳の活動が、意識的に動作決定するおおよそ1/3秒前に開始したことを発見した。これは、実際の決定がまず潜在意識なされており、それから意識的決定へと翻訳されていることを暗示している後に Dr. Alvaro Pascual-Leone によって行われた関連実験では、動かす手をランダムに選ばせた。ここでは、磁場用いて脳の異な半球刺激することによって被験者どちらかの手強く影響及ぼしうることを発見した例えば、標準的右利きの人は実験間の60%の間右手動かすことを選ぶ、しかし右脳刺激されている間、実験間の80%の間左手選んだとされる右脳体の左半身を、左脳右半身統括していることが想起される)。 この場合動かした手の選択外的影響磁場用いたに対する刺激)が加えられていたにもかかわらず被験者は「手の選択が(外的影響とは独立に自由になされたことを確信している」と報告している。

※この「脳科学(神経科学)」の解説は、「自由意志」の解説の一部です。
「脳科学(神経科学)」を含む「自由意志」の記事については、「自由意志」の概要を参照ください。


脳科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 11:17 UTC 版)

ルービックキューブ」の記事における「脳科学」の解説

ルービックキューブ使用することで脳が活性化されたり脳トレになると研究結果もあるが参考事例非常に少ない

※この「脳科学」の解説は、「ルービックキューブ」の解説の一部です。
「脳科学」を含む「ルービックキューブ」の記事については、「ルービックキューブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脳科学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「脳科学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



脳科学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脳科学」の関連用語

脳科学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脳科学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脳科学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自由意志 (改訂履歴)、ルービックキューブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS