電子工学とは? わかりやすく解説

でんし‐こうがく【電子工学】

読み方:でんしこうがく

電子伝導、およびその現象応用する装置技術についての学問エレクトロニクス


電子工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 08:28 UTC 版)

電子工学(でんしこうがく、: electronics[1])は、電気工学の一部ないし隣接分野である。


  1. ^ a b Horowitz, P., & Hill, W. (1989). The art of electronics. Cambridge Univ. Press.
  2. ^ Cogdell, J. R., & Cogdell, J. R. (1996). Foundations of electrical engineering. Prentice Hall.
  3. ^ 牛田明夫, & 田中衛. (2002). 電子回路シミュレーション, コロナ社.
  4. ^ 堀川宗之. (2016). 医・生物学系のための電気・電子回路. コロナ社.
  5. ^ 電子回路の基礎, 村田正著, 共立出版刊,(1989 年 4 月 10 日発行),
  6. ^ 「世界中で普及したテレビアンテナの生みの親・八木秀次【後編】」EMIRA
  7. ^ De Forest, L. (1906). The audion: a new receiver for wireless telegraphy. Proceedings of the American Institute of Electrical Engineers, 25(10), 719-747.
  8. ^ Bardeen, J., & Brattain, W. H. (1948). The transistor, a semi-conductor triode. Physical Review, 74(2), 230.
  9. ^ Riordan, M., Hoddeson, L., & Herring, C. (1999). The invention of the transistor. In More Things in Heaven and Earth (pp. 563-578). Springer, New York, NY.
  10. ^ Brinkman, W. F., Haggan, D. E., & Troutman, W. W. (1997). A history of the invention of the transistor and where it will lead us. IEEE Journal of Solid-State Circuits, 32(12), 1858-1865.
  11. ^ [プレナー型トランジスタ誕生から50年--シリコンバレーで記念式典(2009年5月) https://japan.zdnet.com/article/20392843/8/]
  12. ^ Erickson, R. W., & Maksimovic, D. (2007). Fundamentals of power electronics. Springer Science & Business Media.
  13. ^ Arsov, G. L., & Mirčevski, S. (2010). The sixth decade of the thyristor. FACULTY OF ELECTRICAL ENGINEERING UNIVERSITY OF BANJA LUKA, 3.
  14. ^ B. D. Josephson: Phys. Lett., 1 (1962) 251.
  15. ^ 中村彬. (1974). ジョゼフソン素子の応用. 応用物理, 43(11), 1151-1156.
  16. ^ 堀浩雄. (1999). 液晶ディスプレイの歴史. 応用物理, 68(4), 435-441.
  17. ^ 内池平樹. (1998). プラズマディスプレイパネル カラープラズマディスプレイの動作原理. 真空, 41(7), 595-602.
  18. ^ 篠田傳, & 粟本健司. (2006). プラズマディスプレイパネルの歴史と発展. 応用物理, 75(1), 5-15.
  19. ^ 君塚 雅憲「テープレコーダーの技術系統化調査」国立科学博物館技術の系統化調査報告 第17集(2012年)
  20. ^ 中村慶久. (2009). 磁気記録―直近 40 年の進歩と将来―. 電子情報通信学会論文誌 C, 92(8), 412-427.
  21. ^ 岩崎俊一. (1982). 磁気記録の動向. 応用物理, 51(10), 1167-1172.
  22. ^ 原武生. (2003). ハードディスク概説. 電気学会誌, 123(9), 606-609.
  23. ^ 岩崎俊一. (1985). 垂直磁気記録. 日本物理学会誌, 40(6), 411-419.
  24. ^ 岩崎俊一. (1983). 垂直磁気記録. テレビジョン学会誌, 37(8), 618-625.
  25. ^ Aritome, S. (2015). NAND flash memory technologies. John Wiley & Sons.
  26. ^ 久米均. (1996). フラッシュメモリー技術. 応用物理, 65(11), 1114-1124.
  27. ^ 舛岡富士雄. (1994). フラッシュメモリーの動向. テレビジョン学会誌, 48(1), 50-56.
  28. ^ 渡辺俊夫. (2004). ブルーレイディスク (< 特集> 光る・輝く・伝える). 日本機械学会誌, 107(1030), 714-715.
  29. ^ 宮田武雄. (2004). 速解 電子回路-アナログ回路の基礎と設計, コロナ社.
  30. ^ Tse, C. K. (1998). Linear circuit analysis. Addison-Wesley.
  31. ^ 角田秀夫. (1983). 実用オペアンプ回路. 東京電機大学出版局.
  32. ^ 堀桂太郎. (2006). オペアンプの基礎マスター. 電気書院.
  33. ^ 谷本茂. (1980). オペアンプ実戦技術. 誠 文堂新光社, 東京, 115.
  34. ^ Gregg, J. (1998). Ones and zeros: Understanding Boolean algebra, digital circuits, and the logic of sets. Wiley-IEEE press.
  35. ^ Reis, R. A., & Webb John, W. (1998). Programmable logic controllers: principles and applications (Vol. 4). Prentice Hall.
  36. ^ 天野文雄, & 小林登. (1997). DSP: ディジタルシグナルプロセッサとは. 電気学会誌, 118(1), 30-33.
  37. ^ 持田侑宏, 石井六哉, & 小野定康. (1990). ディジタル・シグナル・プロセッサの現状. 電気学会論文誌 D (産業応用部門誌), 110(2), 92-98.
  38. ^ 西原明法. (1990). ディジタルシグナルプロセッサ (DSP). サーキットテクノロジ, 5(5), 292-297.
  39. ^ www.mentorg.co.jp/products/mechanical/flotherm/
  40. ^ IEEE Dictionary of Electrical and Electronics Terms ISBN 978-0-471-42806-0
  41. ^ www.freepcb.com
  42. ^ Darringer, J., Davidson, E., Hathaway, D. J., Koenemann, B., Lavin, M., Morrell, J. K., ... & Trevillyan, L. (2000). EDA in IBM: past, present, and future. IEEE Transactions on Computer-Aided Design of Integrated Circuits and Systems, 19(12), 1476-1497.
  43. ^ Gulati, K., & Khatri, S. P. (2010). Hardware acceleration of EDA algorithms. Springer.
  44. ^ Chien, M. K., & Shih, L. H. (2007). Relationship between management practice and organisation performance under European Union directives such as RoHS: A case-study of the electrical and electronic industry in Taiwan. African Journal of Environmental Science and Technology, 1(3), 37-48.
  45. ^ Gottberg, A., Morris, J., Pollard, S., Mark-Herbert, C., & Cook, M. (2006). Producer responsibility, waste minimisation and the WEEE Directive: Case studies in eco-design from the European lighting sector. Science of the total environment, 359(1-3), 38-56.
  46. ^ Yu, J., Welford, R., & Hills, P. (2006). Industry responses to EU WEEE and ROHS Directives: Perspectives from China. Corporate Social Responsibility and Environmental Management, 13(5), 286-299.
  47. ^ Wright, R., & Elcock, K. (2006). The RoHS and WEEE directives: environmental challenges for the electrical and electronic products sector. Environmental Quality Management, 15(4), 9-24.
  48. ^ 『製品中の有害物質に起因する環境負荷の低減方策に関する調査検討報告書』環境省/日本環境衛生センター、2005年7月https://www.env.go.jp/recycle/report/h17-02/index.html 


「電子工学」の続きの解説一覧

電子工学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:10 UTC 版)

名詞

電子 工学 (でんしこうがく)

  1. 電子研究する工学

翻訳


「電子工学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電子工学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電子工学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電子工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS